Page:Gunshoruiju18.djvu/386

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです


へと申は。ほとけもあはれときゝいれさせ給ひけむかし。ふゆになりて。日暮し雨ふりくらひたる夜。雲かへる風はげしう打吹て。そら晴て月いみじうあかう成て。軒ちかき荻のいみじう風にふかれて。くだけまどふるイいと哀にて。

 秋をいかに思ひいつらん冬深みあらしにまとふ荻の枯はは

東より人きたる。神拜といふわざして。國のうちありきしに。水おかしくながれたる野のはるばるとあるに。木むらのあるおかしき所かな。見せてとまづ思ひいでて。こゝはいづことかいふととへば。こしのびのもりとなん申とこたへたりしが。身によそへられて。いみじくかなしかりしかば。馬よりおりて。そこにふた時なんながめられし。

 とゝめをきて我こと物や思ひけんみるに悲しきこしのひのもり

となむおぼえしとあるを。みる心ちいへばさらなり。返ごとに。

 こしのひを聞につけても留をきしちゝふの山のつらき東路

かうてつれとながむるに。などか物まうでもせざりけん。はゝいみじかりしこだいの人にて。はつせにはあなおそろし。ならざかにて人にとられなばいかゞせん。いし山關山こえて。いとおそろし。くらまはさる山ゐていでん。いとおそろしや。おやのぼりてともかくもと。さしはなちたる人のやうにわづらはしがりて。わづかに淸水にゐてこもりたり。それにもれいのくせはまことしかべいこともおもひ申されす。ひがんのほどにていみじうさはがしうおそろしきまでおぼえて。うちまどろみいりたるに。み帳の方のいぬふせぎのうちに。あをきをりものの衣をきて。にしきをかしらにもかづき。あしにもはいたるそうの別當とおぼしきがよりきて。ゆくさきのあはれなら