Page:Gunshoruiju18.djvu/365

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです

みたらし川のつらに侍しに。もみぢのかたへはきくにあをばなみはへしを。人々みたまへてかへり侍てみえず侍しに。ちり侍しかば。

御手洗のもみちの色は川のせに淺きも深くなりはてにけり

京よりまうできたりける人の侍らざりけるほどにまうできて。かういひをきてまかりにける。しものみやしろなりしほどに。

みたらしのかさりならては色のみえ[マヽ]

とてまかりにければ。こと人をかくなんといひていざなひて。はし殿にもろともに侍しに。日のくれ侍しかば。

ひとの落る御手洗川の紅葉はをよにいるまても折てみる哉

夜ねられ侍ぬまゝにきゝ侍れば。まことに夜中うちすぐるほどに。ちどりのなき侍しかば。

曉やちかくなるらんもろともにかならすもなく川千鳥かな

神のおまへによゐあかつきとさぶらひて佛の御事をいのり申に。

いひいつれは淚さし出る人の上を神もあはれや思すくらし

しものをきて侍しつとめて。もみぢはいかにと人のいひて侍しに。

をく霜のあさふす程やあらはあらん今一日たにみぬはもみち葉

紅葉のちりはてがたに風のいたうふき侍しかば。

後拾ちつもる庭をたにとてみるものをうたて嵐のはきにはくかな

十月一日庚申に人々うたよみしに。

もみち葉のこのもとゝしにみもわかす心をのみも廻らかす哉

つきを。

山のはを出かてにする有明の月は光そほのかなりける

しぐれを。

ことそとて思ふともなき衣手に時雨のいたく降にけるかな

あるそうのみやしろに一夜さぶらひてまかでけるに。しものみやしろにまうでて侍しほどに。かくかきてすだれにさしはさみて