Page:Gunshoruiju18.djvu/360

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです

みなへの濱にしりたる人のみやまより歸るにあひぬ。同じうはもろともにまて給へかしといへば。かへる人。忍びて申給ふこともこそあれといへば。いほぬし。なにごとにかあらん。ものうたがひはつみうなりとて。ひろひたる貝を手まさぐりになげやりたれば。ものあらがひぞまさるなる。かうなあらがひ給そとて。かうなのからをなげをこせたり。また浪にもうかびてうちよせらるゝを。かれ見給へ入ぬるいそのといへば。かへる人。こふる日はと心ありがほにいへば。いほぬし。くまのおのづからといへば。浦のはまゆふといらふるいほぬし。かさねてだになしとこそといへばかへる人。中々にとて。

もしほ草浪はうつむとうつめともいや現れに現れぬかり

いほぬし返し。

みくまのゝ浦にきよする濡衣のなき名をすゝく程と知なむ

などいひてたちぬ。さらば京にてといへば。いほぬし。おさふる袖のといらふれば。あなゆゝしや。後瀨の山になどいひてたちぬ。その夜むろのみなとにとまりぬ。きのもとに柞のもみぢして。いほりつくりて入ふしぬるに。夜のふくるまゝに時雨いそがしうふるに。

いとゝしくなけかしきよを神無月旅の空にもふる時雨哉

御山につくほどに。木のもとごとに手向の神おほかれば。水のみにとまる夜。

萬代の神てふかみにたむけしつ思ひと思ふことはなりなん

それより三日といふ日御山につきぬ。こゝかしこめぐりて見れば。庵室ども二三百ばかりをのがおもひにしたるさまもいとおかし。したしうしりたる人のもとにいきたれば。みのをこしにふすまのやうにひきかけて。ほだくひといふものを枕にし