Page:Gunshoruiju18.djvu/352

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです


五日。けふからくして。いづみのなだよりをつのとまりをゝふ。松ばらめもはるなり。これかれくるしければよめるうた。

 ゆけとなをゆきやられぬは妹かうむをつの浦なる岸の松原

かくいひつゞくるほどに。ふねとくこげ。ひのよきにともよほせば。かぢとりふなこどもにいはく。みふねよりおほせたぶなり。あさきたのいでこぬさきにつなではやひけといふ。このこと葉のうたのやうなるは。かぢとりのをのづからのことばなり。かぢとりはうつたへにわれうたのやうなることいふとにもあらず。きく人のあやしくうためきてもいひつるかなとてかきいだせれば。げにみそもじあまりなりけり。けふなみなたちそと人々ひねもすにいのる。しるしありて風なみたゝず。いましかもめむれゐてあそぶところあり。京のちかづくよろこびのあまりに。あるわらはのよめる歌。

 祈りくるかさまともふをあやなくも鷗さへたに浪と見ゆ覽

といひてゆくあひだに。いし津といふ所の松原おもしろくて。はまベとをし。またすみよしのわたりをこぎ行。ある人のよめる歌。

 今見てそ身をはしりぬる住の江の松より先に我はへにけり

こゝにむかし[べイ]ひとのはゝ。ひとひかた時もわすれねばよめる。

 すみの江に舟さしよせよ忘草しるしありやとつみて行へく

となん。うつたへにわすれなんとにはあらで。戀しきこゝちしばしやすめて。またもこふるちからにせんとなるべし。かくいひてながめつゞくるあひだに。ゆくりなくかぜふきて。こげどもしりへしぞきにしぞきて。ほとほとしくうちはめつべし。かぢとりのいはく。この住吉の明神はれいのかみぞかし。ほしきものぞおはすらん。今[とはイ]いまめくものか。さて