Page:Gunshoruiju18.djvu/16

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです


まもともかくも思はぬを。よの人は樣々いふへかめれと。身のあらはこそとのみ思ひてすくす。宮より。雨のつれはいかゝとて。

 おほかたにさみたるゝとや思ふらん君戀渡るけふの詠めを

とあれは。おりすくい給はぬをおかしと見る。あはれなるおりしもとおもひて。

 忍ふらん物ともしらてをのかたゝみをしる雨と思ひける哉

とかきて。かみのひとへをひき返して。

 ふれはよのいとゝ憂身のしらるゝを今日の詠めに水增ら南

待遠にやと書すさひたるを御覽して。立返り。

 何せんにみをさへ捨てんと思らん天か下には君のみやふる

たれもうきよをとあり。五月六日になりぬ。雨猶やます。ひとひの御返の。つねよりも物おもひたりしさまなりしをあはれとおほし出て。いたくふりあかしゝつとめて。こよひの雨のをとは。いとおとろしかりつるをなと。まめやかにの給はせたるを。

 よもすから何事をかはおもひつる窓うつ雨の音をきゝつゝ

かけ[にイ]居なからあやしきまてなむときこえさせたれは。なをいふかひなくはあらすかしとおほして。御かへし。

 我もさそ思やりつる雨の音をさせるつまなき宿はいかにと

ひるつかた。水まさりたりときゝて。人々見るに。宮も御覽して。いまのほといかゝ。水みになんいてはへりつる。

 大水のきしつきたるにくらふれと深き心はなをそまされる

さはしり給へりやとある。御返し。

 今はよもきしもせしかし大水の深きこゝろは川と見せつゝ

かひなしやと聞えさせたり。おはしまさむと思して。御火取なとめすほとに。侍從のめのとまうのほりて。出させおはしますはいつちそ。このこといみしう人々申すなるは。なにのやむことなき人にもあらす。めしつかはせおはしまさんとおほしめさ[むイ]かきりは。めしてこ