Page:EkiToJinsei.djvu/48

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです

或は戰爭にしても、豫と何れの点に於てか聯想される。斯くして六十四卦の各一が宇宙萬般の意味を表はすといふ廣汎無限なる解釋は只だ聯想の一道に由るのである

ロ 六爻の位

 六爻は下より順次に數へて上に至る。之を社會的位置に當てはめて

 ⎧
天⎨
 ⎩
 無位(上)
 天子(五)
 ⎧
人⎨
 ⎩
 公卿(四)
 大夫(三)
 ⎧
地⎨
 ⎩
  士(二)
 庶人(初)

として居る。庶人は未だ仕へざる人である。士大夫以上は今日に應 用して略其れに該當するものを得る。卽ち高等官六七等から、知事、大