Page:EAPoe-The Masque of the Red Death (translated by WatanabeOn)-Chūkō-2019.djvu/7

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです

 やがてまもなく、例のビロードの部屋にあるこくたんの時計が鳴り出すのである。すると総てが、ほんの一瞬間であるが、しんしずまへる。時計を除いてすべてがひそめ、夢の影はその位置にそのまゝ堅くこおりついてしまふ。しかし時をげる音はすぐ消えてゆく。それはほんの一瞬しか続かない。そのとたんかろやかな、なかば押殺したやうな一つの笑声が、消えて行つた時計の音を追ひかけるかのやうに、聞えて来るのである。すると音楽は忽ちいきおいもりかへして来て夢も再びよみがえる。さうして彼らは三脚架のほのおが色とりどりの窓ガラスとおしてなげこむ光りを身にひらめかせながら、今までよりも、もつと陽気に前後左右に身をくねらしもつれ合ふのである。しかし七つの部屋の一番西はずれの居間にはたれひとり今では這入らうとくわだてる者はなかつた。なぜならば、夜もようやけて来たしそれにかのちいろの窓ガラスを透してながれこむ光の赤さがいよいよえて来たからである。かけもうせんの一層深みく黒さは人のたましいびくつかせた。ここの真黒なじゆうたんに足を落した者には、遠くのほかの部屋部屋で陽気なそうえんおぼれたれんじゆうきこえてくるいかなる物音よりも、一層しんげんな、いよ調子のこもつた時計のひびきが身近に聞えて来るのであつた。

 しかし他の部屋は、どれもこれも群衆に満ちあふれてゐた。それらの部屋にはあつくるしいまでにさかんにせいの心臓が波打つてゐた。かうして宴楽は狂ほしくせんてんして行つた。が、やがて、とうとう、真夜中を知らせる時刻がやつて来た。音楽はんだ。ワルツの踊り手たちはぴつたりであしを止められた。再び不安な静止がばんぶつの上に押しひろがつた。時計のベルいよいよ十二時を打ち出した。さうしてはしやぎ抜いた人たちの間にも多少思慮ぶかい者たちは時計の響がいつもより一層長い為、それだけ深く考へ込むやうな結果になつた。さうして最後の響の最後のよいんがまだ全く沈黙のうちに消え切つてしまはないうちに、いまたれ一人としてその存在に気がつかなかつた仮面者が一人彼らの間にまじつてゐるのを発見したのである。たちまちこの新 しいちんにゆうしやいてのささやきが風のやうに伝はつた。さうして、非難やきようがくを、いやついには恐怖や嫌悪をあらはすつぶやきやたんそくが全群にき始めた。

 かうした風変りな遊宴では、考へるまでもなく、並大抵のふうていでは到底これほどのきようがいひきおこはずはないのである。実際このよの仮装はどんなにほういついぎようなものでもほとんど制限がなかつた。それにもかかわらずこの問題の人間の風体は全然頭角を抜きん出て、すつかり他の者のはなあかしてゐた。当のプロスペロ公自身の無際限な奇装すら遥かに顔負けがしてゐた。どんな不敵な者の心にも触れると必ず感動をき起すきんせんがある。生も死も同じやうに、ほんの冗談としか考へないやうな無感情の男にも、決して冗談ではすまない事があるのである。人々は、このちんにゆうしやの服装にも態度にも、何ら明るい機転もなく、また礼法にかなつた所もないのに深く胸をつかれた。

 このものがひよろ高くれてゐて全身くまなく墓場の衣裳をまとうてゐた。顔をかくした仮面は、いかに丹念に調べても容易にそのいつわりである事がわからぬ程、こわばつたしかばねかおこくじしてゐた。だがこれらは総て、その辺をはしやぎ廻つてゐる連中から、たとへ