Page:EAPoe-The Masque of the Red Death (translated by WatanabeOn)-Chūkō-2019.djvu/8

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです

られないにしても、我慢してやらうと思はれたかも知らない。ところがこれは「赤き死」の姿をまねたものだと言ふ噂が拡がるまでになつた。彼の衣裳は血でれてゐた。――さうしてひたいには点々とまつかの恐怖が一面にきちらされてゐるのだ。

 この亡霊めいた者――彼はその役割をさらに心ゆくまでやつてけようとするかのやうに、じやくぜんたるおごそかな態度でワルツを踊る者達の間をあちらこちらとうて歩くのであつた――その姿に目を止めたプロスペロ公は恐怖と嫌悪の激情にけいれんしてゐる様子であつた。だが、次の瞬問、公のひたいふんぬの為にせきしよくていして来た。

 プロスペロ公は、しわがれた声で身近に居たじしんに命じた。

「何者だ! 何者が、へてかくもぼうとくふるまいで、ぶじよくするのだ。ひつとらへて仮面をはぎとれ! 余は朝になつたら城壁からつるしくびにしてやる奴の顔を見て置きたいのだ!」

 プロスペロ公がかう叫んだのは、東側の、すなわち青色の居間に於いてであつた。これらの言葉は――公はどきようぼねの太い、がんじようづくりのかたであつたから――七つの部屋全部をつらぬいてすみずみまで、はつきりと高らかに鳴り響いた。さうして楽のも公の手のひとふりでぴたりと静粛に立ち返つた。

 公は蒼ざめた侍臣の一群にとりまかれて青色の部屋に立つてゐた。初め公が言葉を発した時、この一団は闖入者の方に思はず二三歩進みかけた。と言ふのは、その時でもかなり手近にゐたかのあやしい者が今や発言者の方へ、あくまでも落着いた堂々たるほちようで一層身近に迫つて来たからである。しかし、この仮面ぶようしやに就いての狂ほしい推測に依つて深められた何ともめいじようしがたい一種の恐怖から、たれひとり進んでこれをとらへようとする者は無かつた。したがつて怪物は何らさまたげられること無しに、すでにプロスペロ公の身辺一ヤードの処へ迫つて来た、しかし全会衆は殆んどただ一つの衝動に押されたかのやうに室の中央から壁際までちぢさがつた。彼は依然としてさまたげられずに、最初から彼の特徴であつた例のしんげんな、整然たるあしなみで、青の部屋から紫へ――紫から緑へ――緑からオレンジへ、――オレンジから白へ、――白からとうとうすみれいろまで、なんぴとも彼をとらへんとする決然たる行動をしないうちゆうぜんと通り抜けて来てしまつたのである。ちようどこのとき、プロスペロ公は、激怒と、たとへいちじにもしろあとずさりをしたみずからのおくびようかぜに対するしゆうちしんから気狂ひのやうにたけりたつて、まつしぐらにむつつの部屋を突き抜けて行つた。しかし、今や全群を支配したりつぜんたる恐怖感の為、なんぴともこれに続く者は無かつた。

 公はぬきみの短剣をかしらだかに振つて、息をもかず、性急に、あとずさりするかいえいの三四フイートそばまで押し迫つた。このいぎようの者はビロードの部屋の最端までおしつめられると突然むきを変へて公に対抗した。たちまち鋭い叫びがきこえた。すると短剣がきらめきながらくろてんの敷物に舞ひ落ちて来たかと思ふと引続いてしかばねになつたプロスペロ公の五体もうつぶせに倒れ落ちた。

 かうなるときようえんしやたちも死物狂ひの勇気をふりおこして、一気に、真黒な部屋へ駈け込まねばならなかつた。さうしてこくたんの時計のかげに、まつすぐみじろぎもせずに立つてゐた