Page:EAPoe-Ms.Found in a Bottle (translated by Watanabe On)-2019-Chūkō.djvu/9

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです

敗しないであらう。最後の時が来たならば、私はこの手記をびんに封じ込んで海中へ投ずるのだ。


 思ひがけない出来事が私に熟考の余地を与へた。そんなことがはかべからざる機会を生むのであらうか? 私は誰にもとがめられずに甲板に出て、ヤールの底にまれただんさくや古いぬのの中に身をよこたへてゐた。そして不思議な自分の運命についてかんがへ沈みながら、私は知らず知らずタールはけで、そばたるの上にきちんとたたんで置かれてあつたスタツギンセイルふちよごしてしまつた。その帆は今船の上に張られてゐる。そしてなにごころなく触れた筆の痕は「ディスカヴアリイ」と言ふ言葉になつて広がつてゐた。

 私は最近、この船の構造について多くの観察をとげた。よく武装はされてゐるが、思ふにこれは軍艦ではないらしい。索具の造りなり、全体のそうなりに依つて軍艦でないと言ふことは容易に認め得たが、さてそれでは何であるかと言ふのに、恐らくそれは私にもはかがたい。しかし、その不思議な船体の型、奇妙な形の円材、覆ひかぶさつてゐる巨大な帆布、単純な船首、古びた船尾、それらのすべてに、私の心をかすめてなぜとも知らないなつかしい感情がひらめく。それは常にぼんやりとしたおもいの影と説明し難い古い異国の年代記とはるかなる昔の記憶とをまぢへてゐた。

 私は船骨を眺めてゐた。船は私の見も知らぬ材料で造られてあつた。その木は船材としてははなはだ不適当な特殊な質のものであるのに私はおどろかされた。と言ふのは、非常にあなだらけなもので、それはたゞ歳月に伴ふしよくばかりではなく、航海中に虫に喰はれたものと考へられるのだつた。多少せんさくき過ぎるかも知れないが、スペインがしか何かが不自然な作用に依つて膨張されるものとしたならば、これはまさしくスペインがしのすべての特長をそなえてゐた。

 上の一節をしるしてゐるうちに、老練なオランダの老航海者の奇妙な格言が思ひ出された。彼の誠実に誰かうたがいをはさむ者がある時に、彼は口癖のやうにかう言つた。「真実だとも。船の体が、まるで生きた水夫の体のやうに大きくふくれて行く海のあることが真実のやうに。」


 一時間ばかり前に、私は大胆にも乗組員の群れのあいだに自分の身を割りこませた。彼等は私に少しも注意を払はぬばかりではなく、私がかれの真中に立つてゐるにもかかわらず、彼等は全然私の出現に気づかないかのやうに見えた。彼等はことごとく、初め私がせんそうで見かけた一人のやうに、はくはつの老人達であつた。彼等のひざはよわしくふるへ、肩は老いくちてじゆうにまがり、皺だらけの皮膚は風にカサカサと鳴り、声はしわがれて低くふるへ、眼には老いほうけたなみだがかゞやき、そして灰色の髪は嵐の中になびいてゐた。彼等の周囲には、甲板の到るところに、ぎような古めかしい構造の数理学の器械がとりちらされてあつた。