Page:EAPoe-Ms.Found in a Bottle (translated by Watanabe On)-2019-Chūkō.djvu/10

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです

 少し前に私はスタツギンセイルの結びつけられたことを述べて置いた。船はその時から風をうしろから受けるやうになつて、トラツクからスタツギンセイルブームにいたるまで、そうはんを張りつくして、まつしぐらに南に向つてその恐るべき航行をつゞけてゐた。そしてトツプガラントセイルカードアムをば絶えず、人間の心が想像しるかぎりの最もすさまじい波の地獄の中にまろばしてゐるのであつた。私は急いで甲板を降りた。船員たちは少しも不便を感じないらしかつたが、私にはとても立つてゐることが出来なかつたのである。波のためにこの尨大な船体がひとたまりもなく呑み込まれずにゐることが、まことに私には奇蹟中の奇蹟とも思はれた。我々はまさしく深淵の中に最後の突入をすることもなく。常にえいごうきわをさまよひつづけるべく運命づけられたのであらう。我々は、私が曽て見たいかなる波よりも千倍も巨大なとうから、矢の如く飛ぶかもめよりもかるがるしくすべり落ちたかと思ふと、水は深海の悪魔の如く、破壊を禁じられて単におびやかすことのみにとどまる悪魔の如くに、その頭を我々の上にもたげかゝるのであつた。私は、幾度となく繰り返されるなん脱出を、実にさうした結果をもたらる自然の法則に帰因するやうになつた。この船が或る強い潮流か、しくは猛烈な海底の逆流の作用を受けてゐるものと思ふのほかなかつた。

 私は船長を、その船室で、まともに見た――しかはたして彼は私に何の注意も払わなかつた。ふと見た目にも、彼が人間以上の何者にもうつりはしなかつたが、彼の様子には不思議な感情をまぢへて、包みきれぬいげんおそれとがただよつてゐた。たけほぼ私と似て、約五フイートインチくらいである。そしてよくひきしまつた均勢のとれた体格をしてゐたが、たくましいと言ふ程でもなくまた他にいちじるしく目立つたところもなかつた。しかし彼のおもてみなぎつてゐる表情は異様なものであつた――それははげしい、不思議な、しようぜんたる老年のちようで、そして私の心のうちにある説明し難い感情をおこすのに充分なものがあつた。彼の額には皺こそ少なかつたが、恐るべきながせいそうの姿が刻まれてゐた。その灰色の頭髪は過去の記録であり、さらに灰色の眼は未来を占ふみこであつた。船室の床には、奇体なてつびようでとめたひとおりばんの本や、かびだらけの科学器具や、すたれて長い間忘れられてゐた海図などが散らばつてゐた。彼は両手の上に頭をかがめて、一枚の紙を落着かない燃えるやうなまなざしでみつめてゐた。それは見たところ委任状らしく、かく、君主の署名がしてあつた。彼は――ちよう私が最初船艙で見かけた船員のやうに――彼自身に向つて、低く何か不平らしい語調で異国の言葉をつぶやいてゐたが、その声は一マイルもの遠方から私の耳に響いて来るやうに思はれた。


 船及び船中のすべての物が、古い昔の気分で仕立てられてあつた。船員たちは幾世紀もの昔の幽霊の如くにあちらこちらと跳び歩いてゐた。彼等の眼には熱心なしかもおだやかならぬはいが溢れてゐた。そしてせんとう用のとうのぎらぎらした耀きの中に私のゆくてさえぎつて彼