Page:EAPoe-Ms.Found in a Bottle (translated by Watanabe On)-2019-Chūkō.djvu/8

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです

の見知らぬ船のさくの上へ投げ出されたのであつた。

 その時、この船は船首をかざかみへ廻しかけてゐたので、そのどさくさまぎれに私は乗船員達にけどられずに済んだ。そして私は容易に彼等の眼をぬすんでぜんせんそうまで行きつくと、少し開かれてゐたそうこうからせんそうの中へ忍び込むことが出来た。どうしてそんなまねをしなければならなかつたのかは私にも殆ど解らない。恐らく最初この船の航海者などを見た時に、私の心をとらへたばくとしたおそれが、私にさうさせたものであらう。私はいちべつしたときにそんな不思議な不安を与へられた人々をにわかに信じねた。私はそこで、せんそうの中でかくれしよを見つけようと考へたのだつた。きりいたしよう部分を動かすと、大きな船骨の間にはなはだ適当な避難所が見出された。

 私の仕事がだ終らないうちに、あしおときこえて来たので、私はやむなくそのままそれをもちひなければならなかつた。一人の男が私の隠れてゐる前を、弱々しいおぼつかない足どりで通り過ぎた。顔は見えなかつたが、大体の様子を見ることは出来た。はなはだしい老齢とるいじやくしるしが現はれてゐた。彼の膝は老年の重荷のためによろめき、全身は苦難のためにおののいてゐた。彼は私には理解出来ない国語で、彼自身にやぶれた低い声でささやいて、さて船艙のいちぐうかさねられた単純らしい器械や朽ち果てた海図の間をさぐつた。その様子には、老いほうけた気むづかしさとおごそかな神の如き気品とを無造作にまぢへたやうなものが見られた。彼はやがて甲板に出て行つて、それつきり帰つて来なかつた。

 名づけやうのない一つの感じが私の心に行き渡つた――分析することも許されぬ感情、既得の知識ではあまりに不充分であり、また恐らくこの先も私にそれを解く鍵を与へられることはあるまいと思はれるところのものである。私自身の如き心を持ち合せた者にとつて、このあとの考へはがたいことであつた。私は決して――私は知つてゐる――決して、 自分の概念について納得することは出来ないであらう。しかしそれらの根源が全くかいせんばんな原因から出てゐる以上、うした概念が漠然としてゐることは不思議ではない。一つの新しい感覚――一つの新しい現実が私の心に加へられたのである。

 私がこのおそろしい船の甲板を初めて踏んでからすでに永い時がつた。そして私の運命の光は、次第にその焦点をあつめて行くやうに思はれる。不可解な人々! 私の見抜くことの出来ないもくそうに包まれながら、彼等は常に私の存在を気づかずにとほり過ぎるのであつた。いまや、身を隠すのなぞはまつたく無用なばかげたこととなつた。人々は決して私を見ようとしないのである。私が運転士の目の前をまともにとほりすぎたのはつい先刻のことである。私が現に記しつゝあるものを書くのに必要な品は、此頃ゆうして船長の私室から持つて来たものである。私はこの日記を絶やすことなくときどきかきしるして行くつもりだ。これを世に伝へる機会は真実得られないまでにも、それをこゝろみることだけには失