Page:EAPoe-Ms.Found in a Bottle (translated by Watanabe On)-2019-Chūkō.djvu/7

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです

ててゐることも忘れて、たゞこうしようの折れ残つた根におたがいの体を固く結びつけたまゝ、悲しく海の世界をながめるばかりであつた。我々は時をはかすべもなかつたし、位置の推測すら不可能だつた。しかし、我々が、どんな航海者もかつて来たことのない遠い南方にゐることだけはわかつてゐたので、普通にある氷のしようがいに出遭はぬことにおどろいた。だが、我々は絶えず破滅におびやかされてゐた――すべての山の如ききよろうが我々をてんぷくさせようとあせつた。それらのおおなみは我々の想像しいかなるものよりもはるかぼうだいで、我々がたちまちそれに呑み込まれてしまはないのはまことに奇蹟であつた。友は私にふなの軽いことを語つて、この船のすぐれた出来をおもひ出させてくれたが、しかし望みそれ自身全く望みないものであることを感ぜずにはゐられなかつた。ひたすら、何者の力をもつてしても一時間とばすことは不可能であらうところの死を陰鬱に待ち受けるよりほかなかつた。黒いぼうばくたる海はいよいよせいそうとして来た。ある時にはあほうどりの飛び上がるのに息をまらせた――またある時には、めまいのする程の速さで水地獄へ落ち込んで行つたが、その底の空気はよどみ全くしずまり返つてクレインねむりさまたげるものはすこしもなかつたのである。

 我々がこの深淵の一つの底にあつた時である。突然友のけたたましい叫び声がすさまじくよるを引き裂いた。「見ろ! 見ろ!」私のみみもとで彼はわめいた。全能の神よ! 見ろ! 見ろ!」彼の言ふが如く、私は一つのものうい陰気な赤いともしひらめきが、我々の落込んでゐた宏大な裂け目の面を流れちて来て、我々の甲板に気まぐれな光を投げかけてゐるのに気がついた。ふと眼を上げて眺めると、私の血はこおりついてしまつた。我々の真上のゾッとする程の高さのところに、恐らく四千トンもあらうかと思はれる巨大な船が、まさまつしぐらに落ちかゝつて来やうとしてゐたではないか。それは、彼自身の高さの百倍にも超ゆる波のいただきに押し上げられてゐるのであつたが、なほその姿は世にあるいかなる軍艦も、また如何なるひがしインド貿易船も及ぶべくもなかつた。ぽうだいな船体はすすけた黒色で、しかもありふれた彫刻などはほどこされてゐなかつた。ほうもんから一列のしんちゆうの大砲が突き出て、さくにゆらめく無数の戦闘用の燈火はみがき上げられたほうしんがやいてゐた。しかし、我々に何よりも深い驚きと恐怖とを覚えさせたものは、その船がこのめつぽうな海のただなかを、しかもこのさからひ難いふういて、総帆を張り切つて進んでゐることであつた。最初に我々がその船をいだした時には、彼女がそのさきの暗い恐るべき深淵からゆるやかにあがりかけたところであつたため、我々は船首だけを見ることが出来たのである。りつぜんたる一瞬間、彼女はくらむばかりの頂上であたかもその壮大なる船体でちんするかのやうに立ちどまつたが、さてはげしくぶるひし、よろめいたかと思ふと――落下して来た。

 このとつのひまに、如何なる突然のちんちやくが私の心を支配したのか。私は出来るだけ後方へ身をたじろがせながら、まつこうから襲ひかゝつて来る破滅を、恐れることなく待つた。我々の船は遂にもだえをやめると、頭から沈みはじめた。それで、落下したきよかいは殆ど水中に没した部分と激突したのだが、その結果として、私は抵抗しがたい猛烈さをもつて、そ