2013年2月12日の北朝鮮の核実験に対するバラク・オバマの大統領声明

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


声明[編集]

ホワイト・ハウス報道官室

緊急発表            2013年2月12日

大統領声明

北朝鮮は本日、3度目の核実験を実施したと発表した。これは、(2012年)12月12日の弾道ミサイル発射に続く極めて挑発的な行為であり、地域の安定を損ない、数々の国連安保理決議に基づく北朝鮮の義務に違反し、2005年(平成17年)9月19日六者会合の共同声明に基づく約束に違背し、核拡散の危険性を増大させるものである。北朝鮮の核兵器及び弾道ミサイル(開発)計画は、合衆国の国家安全保障や国際的な平和と安全に対する脅威となる。合衆国は、北朝鮮の挑発に対する警戒を続け、地域の同盟諸国を防衛するとの約束を断固として守る。

北朝鮮の安全は、かかる挑発行為によって強化されなどしない。北朝鮮は自らが掲げる、強盛大国になるとの目標を達成するどころか、浅はかにも大量破壊兵器及びその運搬手段を追求して、ますます孤立を深め、人々を疲弊させている。

北朝鮮の威嚇行為によってもたらされる危険は、国際社会による更なる迅速かつ信頼性ある行動を必要とする。合衆国はまた、自国と同盟諸国の防衛に必要な措置を引き続き講じる。我々は同盟国や協力国との緊密な連携を強化すると共に、六者会合の参加諸国、国連安保理、その他の国連加盟国と協力して、断固たる行動を取る所存である。

底本・訳者[編集]

外部リンク[編集]

この文書は、アメリカ合衆国においては、同国の著作権法に基づき、同国の連邦政府と雇用関係にある公務員がその職務上作成したアメリカ合衆国政府の著作物17 U. S. C. §105参考和訳))に該当するため、パブリックドメインの状態にあります。また、日本国においては、同国の著作権法13条に規定するもの(憲法その他の法令、通達、判決など)に該当するアメリカ合衆国政府の著作物のみに限り、パブリックドメインの状態にあると解されます。それ以外の国では、当該国の著作権法に基づいて、著作権の対象であるか否かが判断されます。


注意: これは、アメリカ合衆国政府の著作物についてのみ効力を有します。アメリカ合衆国の各、その他の地方自治体が作成した著作物に対しては適用できません。また、日本国著作権法13条に規定するものに該当しないアメリカ合衆国政府の著作物の場合、日本国内において著作権が発生しているものとして扱われることになると解されるため、この著作権タグのみでは著作権ポリシーの要件を満たすことができません。その場合は、日本国の著作権上パブリックドメインの状態にある著作物、またはCC BY-SA 3.0及びGDFLに適合しているライセンスのもとに公表している著作物のいずれかであることを提示するテンプレートを追加してください。

原文の著作権・ライセンスは別添タグの通りですが、訳文はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスのもとで利用できます。追加の条件が適用される場合があります。詳細については利用規約を参照してください。