飛行船に乗って火星へ/第9章

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


第9章
上昇 - 街の様子
[編集]

友人たちは1ヶ月以上も前から火星を訪れていた。船の速度が速いので、夜に飛び立てばいいのだが、全速力にすると、昼間の下降や科学調査の時間を簡単に取り戻せる。

これらの調査で得られた結果は、多くの議論を呼んだ。ストーン氏は魂のこもった男で、徐々にコレクションを充実させ、興味深いものを大量に集め、科学にとって重要な様々な記録を残していたので、本来ならばほとんど愛嬌のある男だった。

一方、ディリングヘイムは、自分の努力にもかかわらず、相変わらず奇妙な動物を無駄に探していたので、ストーン氏が以前のようにイライラするようになり、ほとんどいつも彼が喧嘩の原因になっていた。

ハイド氏が塔から階段を降りてきて、ストーン氏の書類を風に乗せて客間の反対側に運んだ。

「これほどの嵐は見たことがない」と、ハイド氏はドアを閉めた後で言った。

"航路から外れる危険性は?」 とバード氏に聞いてみた。

「いや、先生、その心配はありません。スクリューは大丈夫だが、舵が曲がってしまうかもしれない」とハイド氏は座って答えたが、「でも大丈夫だろう。」

しばらくすると嵐はおさまり、ハイド氏が「一緒に上がって舵を見よう」と言ってくれた。

幸いなことに被害はなかったので、ストーン氏の提案で下に降りて、ライトグラスで地面を調べた。

彼らは、眼下に広がる森の梢から半ダースの距離を置いて歩いていた。

「照明だ!」ハイド氏が命令すると、白い筋が宇宙に放たれ、半円を描いて回り、そして下に向かって落ちていった。

ライトアップされた森の中には、到着時に見たのと同じ種類の木質シダが生えていた。大きな三角形の葉は、細い茎で光に向かって持ち上げられ、森の床の上に覆いかぶさるように閉じられている。

その光は、まるで銀の海が広がっているかのように、優美な葉に素晴らしい光沢を与えていた。

しかし、すぐに場面は変わった。シダ植物の代わりにヤシの木があり、その細い幹は5つの宮殿の柱のようにそびえ立ち、光の届かない暗い背景に鋭く照らし出されています。

光はあちこちに放たれ、木や葉の一枚一枚が明るい日のようにはっきりと映し出されている。

ある時は小動物が頭を上げて明るい光に目を伏せ、ある時は爬虫類が体を曲げて葉の陰に突進し、またある時は巨大な毛蜘蛛が枝から空中に飛び出し、その巣が光を受けてキラキラと輝いているのを見て、森の生命が蠢き始めた。

船が進んでいくと、森は低い茂みに変わり、最後には長くて硬い草の湿地帯に変わっていった。

すると突然、下から轟音がして、小川の近くの茂みできしみと衝突音がした。そして、巨大な褐色の人物が明らかに困難を伴って立ち上がり、不器用ながらもかなり速い小走りで姿を消した。

「ちがう、見ろ、見ろ!」ディリングヘイムは「また出た!」と叫んだ。

「何を意味するのかい?」 とバード氏が尋ねた。

「ここに来た日に見た怪物だ、獣!」

「本当に同じなのか?」 ハンダーソンが尋ねた。

「私が間違っていると思うのですか?獣を知るために教えてくれますか?」

ハンダーソンはもちろん、それが同じ標本であることを確信しているかどうかを意味していた。

「私が何を述べたいのかは、先生もハンダーソンもよくご存知でしょうが、私はすぐに降りなければなりません」と、ディリングヘイムは不機嫌になった。

「降下」とハイド氏は繰り返し、「飛び降りるのか?」と言った。

「飛ぶんだ、あなたは私がおかしいと思うのか?」

「梢にぶつからずにここに着陸できると思っているなら、君は頭がおかしいんじゃないか」と、ハイド氏は冷静に答えた。

そしてディリングヘイムは、待ちたくないのに待たされた。

翌日、下山に適した場所を見つけることができ、ディリングヘイムは狩りに行きたいという気持ちを抑えたが、魅力的な動物を見つけるための無駄な努力に疲れてしまっただけで、実際には何の成果も得られなかった。

夕方、彼は埃と暑さにまみれて船に戻ってきたが、気分は晴れやかではなく、ストーン氏が動物をどこに置いたのかと親切に尋ねてきたが、問題は改善されなかった。

彼は動物の居場所を突き止めるまでその場に留まろうとしていたが、同行者の説得により、動物はとっくに丘を越えている可能性が高く、長居すると探検隊全体に悪影響を及ぼすことを理解したのである。彼は必要に迫られて降参し、その日の夕方には係留物が外され、船は再び上昇した。

その夜から翌日にかけて、巨大な森の上を一定の速度で通過していった。一日中、素晴らしい天気だったが、夕方になると風が吹き始め、深夜にはハリケーンのような強風が吹き荒れ、ホームでの滞在は決して快適なものではなかった。

最初にストーン氏が消え、次にミス・グレイが消え、最後にはディリングヘイムとハイド氏の二人だけになってしまった。しかし、他のスポーツマンと同様、彼にも記録を出すことへの弱さがあり、ハイド氏が立っている限り、彼も降りることはなかった。

嵐は彼らの周りで吠え、雲は彼らの頭上に猛烈なスピードで押し寄せた。

露が降り始めた。すべてを濡らし、細かい霧雨のような濃厚な露である。

「霧の中から脱出しなければならない」とハイド氏が叫んだ。

彼はドアを引き裂き、機関室に向かって命令を叫んだ。船は急速に上昇し、すぐに霧や雲の上に出た。

「出力全開!」の音がハイド氏から聞こえてきた。

鉄の中を突っ切るような音がして、スクリューが猛烈な勢いで回転し、その音が嵐の遠吠えに混じって、船体全体が震えながら進んでいった。ディリングヘイムはレールにしがみついていた。嵐の音で何も聞こえなかったが、たまたまハイド氏を見ると、彼が何かを言っているのが口元でわかった。

塔から突き出た銃身に、ハイド氏がしがみついていた。

「ひどい天気だ!」 ハイド氏は泣いた。

「ええ、私もそれに気付きました。」 ディリングヘイムは唸った。「私は今にも雲に吹き飛ばされそうです。」

「でも、いったいどうして降りないの?」

「私はあなたを待っています。あなたはここで他に何をする必要がありますか?」

ハイド氏は笑った。「我々は、お互いに向き合おうとしない小学生のように、ここに立っていたわけではありません。」

二人は笑いながらドアに近づき、力を合わせてドアを開けて降りることに成功した。階段を転がり落ちてきたディリングヘイムは、客間のドアにぶつかり、奇妙な格好で登場したので、バード氏は「スライドを弾いているのか?」

嵐は一晩中続き、朝になっても収まりなかった。

「嵐の中で航路を守りましたか?」 というのがストーン氏の最初の質問だった。

「そうですね、しっかりした機械ですから。かなり安定しています。」

その結果、船体には何の損傷もないことがわかった。

しかし、「地上」では、嵐は穏やかではなかった。特に森の中では、大きな被害が出ていた。

「多くの人が傷ついたかもしれない」とエセルは言った。

「負傷した! 人!」ストーン氏は、「甘えるな、ミス・グレイ、我々はあそこにいる少年を気の毒に思う理由はない」と言った。

「あの化け物が数百匹成仏してくれれば嬉しいのだが。」と、ディリングヘイムは血の気の多いことを言った。時には彼らの何人かをあの世に送るのもいいかもしれない、と付け加えようとしたが、エセルの非難の視線を受けて、賢明にも自分の意見を封印した。

その夜、彼らが客間に座っていると、遠くから轟音が聞こえてきた。

ディリングヘイムは叫んだ「さて、また嵐が来るのか?」

「ちがいます、それは海です。」ストーン氏は短く答えた。

この「海」という言葉は、彼らにある種の影響を与えた。

興味深い経験をしたにもかかわらず、それぞれが住んでいる場所だけでなく、ロンドン、イギリス、ヨーロッパ、つまり地球全体に対して、強い故郷意識を持っていたことは否定できないのだ。

ディリングヘイムは立ち上がって、思わずため息をついた。

「地上の海で、波を切り裂く船の甲板に立っていた人は誰でも」と言い、「エセルを傍らに置いていた人は誰でも」と考えを加え、若い女性に言葉と同じくらい明確な視線を送った。

「あなたには家があるかもしれない。」とストーン氏は乾いた笑いを浮かべていたが、「我々は甲板に乗ろう。」と言っていた。

全員が上がった。

その下には壮大な円形の絵画が広がっていた。月が昇り、大海原に白い光を投げかけていた。航行したばかりの陸地は、すでにはるか後方にあった。

先ほどの微かな轟音は、岸辺に打ち寄せる穏やかな波のうねりだった。森は広く平らな前浜に広がっていて、浅瀬には背の高い沼の木が生えている場所もある。

「なんて美しいのでしょう!」エセルはディリングヘイムに向かって叫んだ。

「すばらしい」と答えながら、彼女の顔に目を奪われていた。「地上の夜を思い出す。私はインド洋で船上時計を担当していた。月が昇り、その光が巡洋艦が停泊している椰子の木の生えた珊瑚礁の島々の波に当たっている。橋の上に立っていたのは、... 続きを」

ここで、ハンダーソンに遮られてしまった。これもまた、地球上の雰囲気ある夜を思い出させてくれます。魂が入っていたわけではありませんが、その時に二人の男を見た。

全員が天空を見上げていた。ハンダーソンの言うとおり、本当に月が2つあった。

話すと、瞬時に恐怖と恐れを指揮した。

「暴力団のバケツの中で、彼自身が自分の輝く鎧を斧で削った。」

引用元:バード氏.

「Iliad, isn't it?」 エセルが言った。

ストーン氏は「その通りです。それらはフォボスとダイモスと呼ばれ、テロとホラーを意味します。」と答えた。

「海岸まで森が生えているのだから、あの海はさぞかし塩辛いだろう」とバード氏は言った。

「反対側の海岸が見えないのか?」 ハイド氏はすぐに尋ねた。「イリアスには興味がなかったし、博士の発言によってストーン氏が塩が植物に与える影響についての長い講義をするのではないかと恐れていたのだ。」

「そこを見ろ!」バード氏は一斉に叫んだ。「彼らは我々の名誉のために、かがり火か焚き火をしているのではないか!」と言って、海を指差した。

はるか彼方、はるか彼方に、明るい光が扇状に上に向かって広がっていた。

「オーロラ!」ディリングヘイムは、咄嗟に言った。

「ありえない!オーロラはそんな形にはならない。オーロラは放電の... 」とストーン氏は答えた。

「いいえ、教授。我々は景色を楽しむために来たのであって、学者の講義を聞くために来たのではありません。」と、バード氏は遮った。

「偉大な都市の光のように見える。」とハイド氏は言った。

「そうすると、今まで見てきたものとは別の存在がここにいるのではないか」とバード氏は答えた。

「誰がそんなことを言ったんだ。私はずっと人に会うのを待っていた。」とストーン氏は言った。

「そこへ行きましょうか?」 ハイド氏が尋ねた。

「もちろん」とストーン氏は答えたが、「でも気をつけないと、彼らが我々を傷つけるかどうかわからないからね。」

ハイド氏が塔の中に消えたかと思うと、すぐに機関車が全速力で走り出した。

前方の光がだんだんと近づいてきて、ようやくそれが先ほどまでいた岸の反対側から来ていることがわかりた。-

今ではかなり近くまで来ている。皆、レールから身を乗り出して下を見つめている。


彼らは本当に町に来ていた。

中央の大きな広場を中心に、地上最大級のビルに匹敵する大きさの白い正方形が、放射状に長く並んでいる。遠くから見ると、何千本もの腕を持つ巨大な星のように見えた。その中には、長いリボンのように国中に伸びているものもあり、それらは見えなくなってしまった。

各正方形の上部には、大きなアークランプのような大きな発光球があったが、それは自分で発光しているようで、まるで大きな発光ガラスの球のようだった。

船は町の上をまっすぐに進み、小刻みに揺れながら周回していた。月は、いや、月は、その下に広がる地球のすべての部分にその刃を投げた。

細くて高い塔を持ち、その上にバルコニーがついているような、独特の美しい建物を見ることができた。建物の全体的な外観は、住民の建築技術の高さを物語っていた。

建物には白と淡紅色の石が使われ、最も大きな家には豪華な装飾が施されていたが、その色は非常に多岐にわたっていた。

街は徐々に活気づいてきた。平穏から一転、喧騒に包まれた。

上空にそびえ立つ巨大な鳥のような船は、住民を怖がらせ、あるいは好奇心をかきたてているようだった。住民は、平らな屋根や、細い塔の上にある小さなバルコニーに集まってきた。

暗い人影の群れが、狭い通りや中央の大きな丸い広場に群がっていた。暗い流れの中から、色とりどりの衣装や輝くメガネがいくつも現れた。

生き物の塊全体が揺れ動き、かすかな音が船に近づいてきた。

エンジンの手入れをしていたビルとクラドック以外の全員が甲板に集合した。

「蟻の家には生命がある。」とハイド氏は言った。「飛行船はここでは特異な光景のようだ。」

「まあ、あの人たちの前に何かあるのは幸運だよね。」と、ディリングヘイムは我を忘れていた。彼はストーン氏に背を向け、教授が「男」という言葉に送った視線を見ないようにした。

「近い距離で見ることができても、楽しいことばかりではないかもしれませんね。」

箱の中からトロールのようにストーン氏が飛び出してきた。

「接近だと! そもそもそんなことは一切しない。」と叫んでいた。

「どうして?なぜダメなのか、聞いてもいいですか?」 ディリングヘイムは叫んだ。

「どうしてなんだ!」ストーン氏は、肩をすくめながら、軽蔑するようにこう繰り返した。「あなたに何を説明しても無駄でしょう?」

「ええ、お願いします。すぐにでも降りてきてくれたら、とても面白いのに。」 ハイド氏は言った。

「おもしろい!」ストーン氏は、他の人が言ったことを繰り返して、自分の軽蔑をより強く表現する癖があった。

「実に興味深い! そう、新しいおもちゃを手に入れた子供たちと勘違いしてしまうほどだ。」

「説明してくれないのか」と、ハイド氏は鋭く言った。

一瞬、教授の優越感が消えたが、すぐに元に戻り、椅子に身を乗り出して講義を始めた。

「私にはいくつかの理由があります。我々が相手の性質をまったく知らない限り、降下することを強くためらい、阻止しなければなりません。彼らは、山の洞窟にいる我々の「友人」とは確かに文化のレベルが違いますが、このことから、我々が名誉ある賓客として迎えられると推測することはできません。これが私の最初の証明ですが、よく考えていただければ納得していただけると思います。」

「それに対してバード氏は、「あなた自身が認めているように、そこにいる人たちと我々が最初に会った火星人との間には、かなりの、そして明らかな違いがある」と言っただけだ。例えば、今から100年ほど前に、世界では全く知られていない輸送手段である飛行船を発明することができ、世界一周の航海をしていたとしましょう。途上で火の国に来たとき、下に降りて人を食う怪物と交わることを強く恐れるが、例えばローマに行って、その場で撃ち殺されることがほとんどないような場所に行くことを恐れることにはならない。」

「でも、魔術師のように焼かれるのはどうなんだろう?前世紀に魔女として火あぶりにされた人が少なからずいたことを覚えているかもしれませんし、精神異常者や社会的に危険な存在として投獄された人がいたことを覚えているかどうかは問いませんが、偉大な科学者が恩知らずな同時代人からそのような扱いを受けたこともあった。その上、比較は失敗したが、それだけではなく、私にはもう一つ、同じくらい重要な理由があります。我々が地上で認められ、信じられるようになるためには、多くの証拠が必要であり、私は多くの資料を集めた。親切に迎えてくれたとしても、二度と行かせてくれなかったり、飛行船が破壊されたりしたとしたら、そう、あらゆるケースを考えなければならない。」皆さん、残りの日々を火星で過ごすことをどう思いますか?」

ここでディリングヘイムは、ある状況下ではそう思うかもしれないという表情でミス・グレイを見た。

「もちろん、この町や住人の生活ややり方を少しでも理解するために、手間をかけてはいけないとは思いませんが、それには十分な注意が必要です。ですから、できるだけ早くここから離れ、静かで人けのない場所を見つけて船を係留し、それから相談して計画を立てることをお勧めします。一晩休めば、明日からは自分たちが立てた計画に基づいて、いつでも探検を始めることができるのだ。

「ストーン氏の言う通りだと思う」とハイド氏が立ち上がった。

その時、ドアが開け放たれ、クラドックが飛び込んできた。

「エンジンの1つにクラッチが切れた。」 「機械が止まった!」と叫んだ。

軽くて柔らかい衝撃が、彼の言葉の真意を証明した。

「運命はあなたに味方したようですね、教授」とバード氏は言った。

ハイド氏が機関室に飛び込み、クラドックがそれに続いた。

スクリューの鋭い音は次第に小さくなり、低い音になり、船は静かにゆっくりと下降して、平らな屋根の上に横たわった。

そして、エンジンは完全に停止した。

訳注[編集]