飛行船に乗って火星へ/第7章

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


第7章
そのうちに
[編集]

「あなたは何か見ましたか、レスリー?」

「残念ながら、痕跡はありません。技師です。リスカスターをもう一度やってみよう。」

白くまばゆいばかりの光が野原に放たれ、森の大木の枝葉の一本一本を鋭く照らし出していたが、行方不明者の姿は見当たらなかった。

少なく見積もっても20回は一帯を照らしており、飛行船の男たちは森の中を何度も探し、呼んでは探し、呼んでは探しを繰り返したが、結果は出なかった。

彼らはリボルバーや銃を撃ったが、すべて無駄だった。

バード氏とビルは、ちょうどそのような遠征から帰ってきたところだった。

「森の中をくまなく探したが、何もなかった。」と寂しそうに報告してくれた。「我々は何も見つけられず、神に感謝しつつも、散った人々の遺体も見つけられなかったが、それはほとんど慰めになりません。」

「キャノン砲を撃ってみよう!その大きな音は遠くまで聞こえ、もし迷子になったとしても正しい道に導いてくれるだろう。」とレスリーは叫んだ。

それと同時に、外で足音がした。

「こんにちは! ハイド氏! ブルド!" 狭い木の橋の上にストーン氏の声がした。

「やあ!」ハンダーソンは叫んで、彼を引き合わせた。「他の人たちはどこにいるの?」と、ストーン氏が一人でいるのを見て付け加えた。

「いったいどこにいたの?」 ハイド氏はハンダーソンの口の中に問いかけた。

「その間! 囚われの身となってしまった!」

「捕われの身で! ここに人がいるのか?」

「そうですね、人間と言ってもいいかもしれません。とにかく、人間に似た怪物の一種です。彼らはとても興味深い。彼らは近くで研究する価値があります。いずれにしても我々は彼らに戻らなければなりません。」とストーン氏は合理的に付け加えた。

「どうやって逃げたの?」 ハイド氏が尋ねた。

自分と私を脅して助けを求めたのはディリングヘイムだった。洞窟に戻ってグレイ嬢のそばに行こうと決意した。彼は一度に全員を殺すと話していたが、これは非常識な考えである。

「時間を無駄にせず、彼らを救うために出発しよう!」ハイド氏は熱心に叫んだ。

レスリーはすでに弾薬庫を開けて、他のメンバーに武器を渡していた。

「何人いたか?」 とバード氏が尋ねた。

と聞くと、「数十人でしょうか」とストーン氏は答えた。

「ハイド氏は「さて、出発しようか」と言った。塔の扉を出たら、みんなで船を出すかもしれない。彼らはそれを持って走る必要はありません。」

全員が甲板から降りてきて、最後にハイド氏がドアを開けたまま、暗い森の中へと入っていった。

その場所に到着したのは1時間以上も前のことだった。途中、ストーン氏は彼らに詳細な説明をしたが、今回ばかりは科学的な説明は全くなかった。

ストーン氏は「ここが洞窟への下り坂だ」と言いながら、二人は目の前に広がる暗い淵を前にした。

みんなで低い通路を慎重に歩いていく。

洞窟はすぐに広がり、彼らは直立して歩くことができた。

「ランプに火をつけてくれ」とストーン氏が言った。

ハイド氏は懐中電灯に火をつけて、その光を洞窟内に投げ込んだ。

天井と床は滴り落ちる石で形成されていた。壁にはあらゆる色や形のクリスタルが散りばめられていた。そこに光が差し込み、無数の色が投げ出されて、まるで1001夜の妖精の宮殿のようだった。

しかし、彼らはこの素晴らしい光景に思いを馳せることなく、この洞窟からは少なくとも100通りの道があるので、正しい道を探すために熱心に周囲を見回した。

「静かに!」ストーン氏は、「じっとして耳を傾けよう。何かの音が我々を導いてくれるかもしれない」と言った。

洞窟の天井から滴り落ちる水滴の単調な水しぶきだけが聞こえてくる。

最後にハイド氏は悲しげな表情で、「それぞれの事例を個別に検討する以外にない」と言った。

それと同時に、かすかなガラガラという音がして、その後、コックが力を入れているときに鋭い音が何度もした。

引き金に指をかけたまま、音のした方に向かって飛び出した。

滑りやすい床に転がっているものにつまずき、思いっきり転んでしまったのだ。他のメンバーも加わり、レスリーは目の前の床に横たわった体にお尻を当てて打ちた。

それは頭を潰されたマローの生物だった。

ストーン氏は、「ディリングヘイムが我々の行く手を阻もうとして、彼を床に叩きつけた」と言っている。そして、急いで助けを呼ぶべきか、それともすぐに洞窟の奥へと入っていくべきかを議論した。ディリングヘイムは後者を主張し、自分の提案の無意味さや愚かさについての私の提案には耳を貸さなかった。最後には私に背を向けて、向こうの丸い開口部から姿を消した。

「じゃあ、そっちに行こう!」暗い通路の奥に進むと、そこは大きな丸い洞窟になっていて、天井からは白くて半透明の鍾乳石が、さまざまな形に歪んで垂れ下がっています。ハイド氏がランタンで洞窟内を照らすと、壁に背を向けて立ち、両手にリボルバーを持っている人物を発見したのだ。

ディリングヘイムだった。

突然の眩しさに目がくらみ、誰が近づいてきているのかわからなくなった。

「ミス・グレイはどこだ?」 と、バード氏は語った。

彼はリボルバーを下げて、低い声で「彼女を見つけることができなかった」と言った。

突然、下から聞こえてくるような悲痛な叫び声が聞こえてきた。

「この下に洞窟があるはずだ!」ストーン氏が叫んだ。

彼らは一斉にホモの木で床を削り始めたが、脆い石灰は一撃ごとに折れてしまった。

ストーン氏とディリングヘイムが逃げ出し、ストーン氏が助けを求め、ディリングヘイムがエセルを探していた時のことを思い出してみましょう。

抵抗の少なかったエセルは、他の2人よりも深く洞窟の中に引きずり込まれていた。

最初は真っ暗だったが、下るにつれて明るくなってきた。

床も壁も鏡のように滑らかで、天井からは巨大な鍾乳石が大量に垂れ下がっている。洞窟の背景には大規模な滝があり、その滝は天井から上がってきて、床の大きな裂け目に消えていった。

そこから光が差し込んできたのだ。

洞窟の中には不気味な火星の生き物がたくさんいて、みんな無表情で冷たい目で彼女を見つめていた。

彼女は1時間近くも同じ場所に押し付けられたかのように、まるで蛇の視線に捕らえられた鳥のように、こうして立っていた。

水の音だけが聞こえてくる。

突然、背後から物音が聞こえてきて、一斉に視線がそちらに向いた。

大きな岩が投げ出されていて、人が直立できるほどの凹みができていた。この凹みの内側には、茶色の小さなツマミがちりばめられていた。この窪みの上をかすかな水が流れ始め、エセルは小さな芽が展開し始めるのを見た。それぞれが開くと、鋭い爪を持った小さな甲殻類が入っているように見えた。

それと同時に、彼女の周りの輪が狭まってきた。火星の生物はどんどん近づいてきて、彼女を岩の凹みに押し込もうとしているようだ。

深い恐怖が彼女を襲った。

彼女は、この怪物たちが、彼女を中空に押し込め、そしておそらく石を転覆させようとしているのだと気づいた。甲殻類は間違いなく、その鋭い爪で彼女の体から肉を剥がしていくだろう。

彼女は絶望的な叫び声を上げながら、徐々に狭まっていく輪を突破しようとしたが、無駄だった。妖怪たちはその卑劣な手を伸ばして彼女を捕らえようとし、彼女はこの恐ろしい、恐ろしい死が避けられないと感じた。

突き刺さるような悲鳴を上げて、彼女は身を沈めた。

それと同時に、洞窟の反対側から大きなガラガラという音と轟音が聞こえてきた。

助けは来るのか?彼女はじっと見つめていた。

チームメイトは、音がした方向に顔を向けて立ち止まっていた。

彼女が見たのは超自然的な光景ではなく、炎の剣を持って彼女を解放するために現れた精霊でもなく、ただ洞窟の天井から降りてきた男の足の上に座っていた、チェック柄のスポーツウェアだった。

大きな音がして、ディリングヘイムは土砂と石の塊の中で、真っ逆さまに洞窟に落ちた。

驚くほどの速さで立ち上がると、他の人たちもライフルやリボルバーを手にして、次々と後に続いた。

洞窟の中は一瞬静寂に包まれたが、その後、大広間にはまさに地獄の音が鳴り響いた。

銃の音が相手の野蛮な吠え声と混ざり合い、洞窟内の激しい反響で倍増した。

空気中には火薬の煙が充満しており、その中には不吉な生物の吠える群れや友人の暗い姿がぼんやりと見えていた。

最初の恐怖を乗り越えて猛然と敵に向かって突進してきたものは、安全な射撃によってうまく抑えられ、加害者の命を奪うことはなかったのである。

後者は、ハイド氏とディリングヘイムに備わっている冷徹さで、一歩一歩前進していった。他のメンバーは、間違ったショットをすると自分たちが損をすることをよく知っているので、それを真似ようとした。

クラドックは他のメンバーとはぐれてしまい、突き出た岩に背を向けて立ち、周囲を敵に囲まれていた。

ライフルやリボルバーはとっくに発射されていて役に立たないので、最も練習した武器である拳を使うことにした。

彼の大きな顔が闘争心で輝いていて、それは最高に楽しい光景だった。彼はそれを見て、東端の宿屋で牛の世話をしていた若い頃を思い出した。当時、彼が恐れられていたあらゆるトリックと打撃を駆使していた。

4分の1以上の時間をかけて、激しい戦いが繰り広げられた。

すぐに旅人は火星人に追い返され、すぐにリボルバーが彼らに部屋を与えた。

混乱の中にあっても、教授は銃を捨てて身をかがめて死体をよく見てみたいという気持ちが強くなっていた。

そして、ディリングヘイムは他のメンバーと一緒ではなかった。彼はどこにいた?彼は戦場にいなかったのか?

そう、彼が戦ってきた誰よりもね。エセルが倒れていた場所に向かって戦った。閃光! バン!と。そして、自分と彼女の間にある最後の生きた障害を取り除いたのである。

彼は箱を置いて、床に意識を失っている彼女に身をかがめた。ハンカチを濡らして彼女の額に当て、足を床から持ち上げて血液を脳に戻すように気をつけた。

しばらくして彼女が目を開けたときには、他の人たちから勝利の声が上がり、敵はひとまず退却したことが告げられた。


彼はすぐに銃を手に取り、敵を洞窟から追い出すのに貢献した。

今や、迅速な撤退が求められていた。

屋根の穴の下には、ゆるい岩の塊と、倒れた敵が何体も積まれていた。ハイド氏は体を起こしてエセルに向かったが、エセルはディリングヘイムの強い腕に持ち上げられていた。

後者が起きてきたところで、洞窟の下から遠吠えの声が再び聞こえてきた。敵が戻ってきた。ストーン氏は穴から洞窟の中を覗いてみたが、そこには再び火星人が集まってきていた。

それと同時に、後ろの廊下の一つから遠吠えが聞こえてきた。

「あちらだ!」ハイド氏が叫ぶと、耳をつんざくような遠吠えをしながら、荒々しく飛び去っていった。

壁からの遠吠えの反動で、敵がどこから来るのか確実には判断できない。ここまではうまく逃れられたが、すでに前方にかすかな光が見えていたので、洞窟の入り口付近にいるのだろうと思っていたら、すぐに目の前に赤いシートが現れた。

敵は複数の側面から接近していた。

「石の後ろに伏せろ!」と、ストーン氏に命令すると、1秒後には全員が岩の陰に隠れてしまった。

その前の通路に、松明を手にした怪物の一人が現れ、周囲を見回していた。

ハイド氏はディリングヘイムの腕を掴むと、頭で松明を持った男が立っている通路の反対側にある別の通路に向かって合図した。

ディリングヘイムは彼を理解し、無言の命令を続行させた。

二人は、自分の手から犠牲者を奪った敵をどこに探せばいいのかわからず、周囲を見回した。

いくつかの鋭い衝撃は、彼らの疑問と同時に、彼らの存在そのものに突然終止符を打った。湿った床に落ちたトーチの火が消えた。

そして、全員で洞窟内を横断し、ハイド氏が指摘した狭い通路へと向かった。彼らはその中を通って闇に消え、最後には斜面を滑り落ちた。ここには、巨大な岩がほとんど見えなくなるほどの入り口があった。

「走れ!」ハイド氏は他の人たちに「すぐに行くよ」と言った。

彼は身をかがめて大きな石の下に小さなものを置き、こてとマッチ箱を手にして、他の人たちの後を追いかけた。

その音は、彼が何をしたかを物語っていた。中から聞こえてくる落胆の声が、自分たちが安全であることを示していた。

すぐに森の中に入り、新鮮な空気を吸ってエセルは意識を取り戻した。

訳注[編集]