飛行船に乗って火星へ/第6章

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


第6章
教授は自分の理論を証明した
[編集]

「メテオ号」が火星に着陸してから3週間が経過し、その間、彼らは日帰りであちこちを移動していたが、その際に博士が彼らを遊牧民だと宣言した。しかし、その土地に特別な興味がある場合には、数日間の滞在をすることもあった。教授とバード氏は、この時間を利用して条件を精査し、ストーン氏は夜を徹して観測と計算を行った。

若い娘は、4人の紳士に少しでも楽しい船内生活を送ってもらおうと努力していたが、それでもディリングヘイムは退屈で仕方がなかった。最初の数日間、彼はすべての遠出に積極的に参加していた。エキサイティングな狩りができるような、新しくて面白い動物の種を発見できるのではないかと期待していたのだが、いまだにそのような方向性は見られず、彼は完全に退屈して諦めかけていた。彼は科学には全く興味がなく、2人の学識ある紳士は、他の人たちと一緒にその日の収穫物を調べたり議論したりして、短い時間を過ごしたが、決して楽しいものではなかった。動物に興味を持つのは狩りの時だけで、初日に見た奇妙な動物と「ダディール」を除いては、蝶や小さな爬虫類を追跡することに成功しただけで、刺激的な狩りの冒険には向いていないのだ。

全体としては、荒涼とした地域に降り立ったようだ。大きな森はあるが、先に述べた小動物を除いて、生き物は見当たらない。教授は、人間の痕跡を見つけたと思ったこともあったが、やはり人間は現れず、他の紳士たちにからかわれていた。特にディリングヘイムは、学友をからかったり挑発したりして、絶望感を慰めていた。

ストーン氏は船内の自分の部屋に、自分の説を裏付けると思われるものを集めた小さな博物館を持っていた。例えば、折れた枝は人間の手で元の場所から外されたに違いないと考えたり、石膏で作られた足跡は、実際には爪があるように見えるが、人間のような生き物が作ったものであると考えたりした。

到着してから3週間後、ストーン氏がちょっとした小旅行を企画してくれたので、箱を肩に担いで4人の仲間が出発した。前にはストーン氏とディリングヘイム、後ろには博士とハイド氏。

途中、昔の喧嘩が再燃したが、今回は例に漏れず、冷静で平和主義の技術者が言い出した。

「自然の力がすべてで、人の手が加わった痕跡はまったくない」と言った。

「教授は火星人の女の子と知り合うのを楽しみにしていたのに、残念だったね」と、博士がからかった。

「そうですね、親愛なる友人は飛行機で帰りたかったでしょうね」とディリングヘイムは笑った。

「私は自分の意見を貫く」と教授は言った。「ここには人がいる」と。

「実は、ここではまだ人間を見たことがないんだ」とディリングヘイムは答えた。

今度は教授が怒った。

「サハラ砂漠の真ん中に飛行船で着陸したら、ロンドンを探しに行っても無駄です。ロンドンは存在しますが、ここで最初の道路で人に会わないので、すぐにここには誰もいない、地球全体が無人だと叫ぶのです。

「それはそうかもしれないが...」

「ご覧の通り、我々は火星の大気に非常によく馴染んでおり、地球上で見られるものよりも高い植物や昆虫を目にしているので、人間がここで生活するための条件はすべて揃っています。ここには空気があり、食べ物があり、水があり、レースのための完全に適切な開発期間があります。」

「教えてください。」とハイド氏は冷静に尋ねた。「あなたはこれらの存在や人間について本当にどう思いますか?」

「考えましょう!手がかりのないことは考えたくないのです。もしそうしなければならないのであれば、肺と消化器官の構造は、それぞれ空気と栄養を考慮して推測することができますし、おそらく感覚器官も考慮することができるでしょうが、それ以外の部分については意見を述べることは全く不可能です。」

「それはそうと、私の愛する科学者よこの美しい日をあなたの素晴らしい理論で無駄にしないでくれ」ディリングヘイムは唸った。

「ゴミだ!」ストーン氏は興奮して叫んだ。「ああ、アニマル・ブルタム、走り回って動物を撃ち、ミス・グレイにあくびをする、それが君には一番合っているんだよ。しかし、この紳士たちは長い間私をからかっていたので、あなたは私に償いをする義務があります。今晩、私の信念の根拠を説明するので聞いてください。眠っているディリングヘイム、聞いていても「無駄」にはならないし、私の作品を評価してくれていることに感謝するだけだよ。」

これに対し、ディリングヘイムは無関心な笑みを返しただけで、議論は消滅してしまった。

夕方になって家に戻ると、博士が発見した新種のムカデ以外は何の成果もなく、彼らは(ディリングヘイムは深いため息をつきながら)座ってストーン氏の講義を聞いていた。

厳粛な雰囲気と深みのある声で立ち上がり、テーブルに手をついて講義を始めた。

「知っての通り、有機物の世界は全て、いわゆる原生生物の子孫である・・・!」

「我々は何を知るべきなのか?」 ハイド氏が口を挟んだ。

「知らないのであれば、私が最初の低生物について説明しても意味がないので、一番ポピュラーな方法で説明します。つまり、動物も人間もまだまだ進化していて、火星では地球上のそれよりもある意味で上位の植物や動物の形態に出会っています。さらに、地球上では原始人に直接先行する存在の骨の化石を発見しました。」

「私は、地球上の同じような組成の砂岩よりも比較的古い砂岩の中に、この存在の足跡を発見した。この2つのことは、この原始的な存在が、我々よりも長い時間をかけてここで進化してきたことの、反論の余地のない証拠です。同じ方向に進化しているとは言いませんが、確率的にはそうです。」

「そこで私は、ここには人間に似た生物がいて、その生物は発達の仕方は違えど、我々よりも高い文化水準にあるのではないかと推察しています。」

「そうですね!」ディリングヘイムは快く認めた。ストーン氏が自分をまばたきせずに見つめていたとき、エセルを一度も見る機会がなかったからだ。「しかし、アウストラルネグロや他の混血種も、状況によっては高い文化を持っているかもしれません。」

「気が狂っているのではないか!?」 ストーン氏は、「第一に、オーストラルネグロとアラブ人のハーフは何の関係もないし、第二に......!」と叫んだ。

「誓って言うが、ここではシャンパンや牡蠣を使ったパーティや舞踏会が開かれていて、我々は不運な場所に降り立ってしまったために欠席しただけなのだ。」

ディリングヘイムは笑った。「はい、証拠を持ってきてください。そうすれば、あなたを信じます。」

彼らは、その証拠がどれほど近くにあるかを知らなかった。-

翌朝、みんなは早起きした。科学的なエクスカーションはストーン氏の指揮の下で長い間行われていたが、今日はディリングヘイムの指揮の下で大規模な狩猟旅行が行われた。彼らは、ここに来た最初の日に見た奇妙な動物の1つを見つけようとしていた。ディリングヘイムは、ストーン氏が人間の痕跡を見たのと同じように、その動物の痕跡を見つけたと確信していた。

哺乳類や爬虫類の中にこのような動物がいるとは思えないストーン氏を尻目に、ディリングヘイムは貴重な獲物を仕留めようと燃えていた。

エセルはこの日、彼らと一緒に行くことを許可されており、4人の紳士たちの期待を裏切らないように上手に同行していた。

すでにかなりの距離を移動しており、森から岩場へと変わっていった。白灰色の多孔質の凝灰岩が隆起し、多くの温泉が湧き出ています。土壌は湿地で、柔らかい草が生い茂っていた。

とディリングヘイムは言ったが、彼は正しかったようだ。草は何箇所も踏み潰されていて、まるで大きな重い動物が岩の間に開いた溝に向かって通過したかのようだ。

「この足跡はとても新鮮だ。」と、ディリングヘイムはさらに詳しく調べてみた。「動物は岩の間から木に入ったのだろう。狩りを始める前に分かれた方がいい。」

彼は、自分とエセルを一緒に連れて行くように策を練った。渓谷を抜けると、すぐに雑木林に覆われた谷になり、背の高いヤシの木が点在していた。

男たちは、ブームを鳴らしながら雑木林の中を慎重に進み、周囲の多くのクリーパーの小さな動きを熱心に観察していた。

エセルとディリングヘイムは、背の高いヤシの木の間にある小さな岩の上に登った。

ディリングヘイムは銃を構えていたが、すぐそばの草むらで大きな音が聞こえたような気がした。

「あれが野獣なのですか?」 同じく音を聞いていたエセルが囁いた。

「そうは思わない。このラケットは、そのような巨体には弱すぎる。」とディリングヘイムは答えた。

その箱を頬に当てて、とにかく準備をしていたところ、不審なガラガラ音がした場所からストーン氏がすぐに現れた。

箱は紛失したのか、忘れてしまったのか、手には大きな椰子の皮が握られていて、虫眼鏡で熱心に観察していた。

ディリングヘイムは箱を下げた。

「あなたでなければ、もっとひどい捕食者だと思っていた」とディリングヘイムは叫んだ。

「私以外の誰でもない」とストーン氏は怒ったが、「私がここで何を持っているか知っているか?見てみてください。」

椰子の木をディリングヘイムの鼻先に突き刺した。

「あなたは私にそれが何か説明できますか?」

「何の変哲もない樹皮なのに。」

「それは確かにそうですが、あなたはその中にあるものを見ることができますか?深い爪の跡や、どこかで似たような跡を見たことがあると思いませんか?- アフリカの木の上で見たことがありますが、そこには猿のコロニーがあった。しかし、これは猿から生まれたものではありません。彼らは人間に違いない。」

「そうだ、君たちの仲間の一人に会わせてくれ。我々はその証拠を信じるだろう、我々はまだそれを待っているのだ、君たちの主張の決定的な証拠を。」とディリングヘイムは言った。

ストーン氏は、自分が話している間、ある方向をじっと見つめていて、その表情が驚きから喜びに変わっていることに気づかなかった。そして、長くて細い手を差し出し、興奮して震える声で「ほらほら、ディリングヘイム、これが君の証拠だよ、生きているんだよ。」と叫んだ。

岩場の上に現れたのは、汚い茶色で、かなり光沢のあるハゲのような嫌な頭だった。不釣り合いなほど大きくて丸い目が、低くて斜めになった額の下から、無表情でぼんやりと見つめている。鼻は平らで広く、口は長くて白い歯があり、長くて尖った耳のほぼ上まである。

次の瞬間には、全体が岩のギリギリのところに立っていた。体は長く、痩せていた。足や腕は棒のようになっていた。不釣り合いなほど長くて細い指と、広くて平らな爪は、まるで爬虫類のようだ。しかし、この恐ろしい生き物の最も嫌な特徴は、虚ろな目に悪意のある喜びの表情を浮かべ、口を歪めて不愉快な笑みを浮かべていることだった。

一瞬、3人は茫然自失となった。最初に感覚を取り戻したのはストーン氏だった。

「私は正しかった。私の理論が証明された!」と喜んだ。

次の瞬間、その怪物は彼に襲いかかり、彼を倒した。

ディリングヘイムは彼を助けることができなかった、彼は自分のことで精一杯だった。怪物たちは崖の上に群がってきて、周りのヤシの木から大きな音を立てて転がり降りてきた。

本当の意味での抵抗はなかった。エセルはすぐに引きずり出され、その後すぐに教授とディリングヘイムも同じ運命をたどることになった。

細くて長い手足を丸めて、まるで万力のように抱え込んだ相手に完全に圧倒されてしまった。

崖っぷちから真っ暗な大きな洞穴に引きずり込まれても我慢しなければならない。

訳注[編集]