題杜律巻後奉呈妹氏蘭雪軒

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

白文・書き下し文[編集]

 杜律一冊、邵文端公寶所鈔、比虞註尤簡明可讀。萬曆甲戌、余奉命賀節、旅泊通川。遇陝西擧人王君之符、接話盡日、臨分、贈余是書。余寶藏巾箱有年。今輟奉玉、汝一覽 其無負余勤厚之意、俾少陵希聲復發於班氏之手可矣。

 萬曆壬午春 荷谷子識。

 『杜律[1]』一冊、しょう 文端公 ほうしょうする所、ぐちゅうに比しもっとも簡明にしてむべし。ばんれきこうじゅつ[2] めいがせつ[3]ほうじ、旅してつうせんはくす。せんせいきょじん おうしふい、はなしに接して日をくし、分かるるに臨んで、余にの書を贈る。余 きんそうほうぞうして年有り。今 玉を奉ずるをやめめ、汝 一たびて、れ余がきんこうの意をう無くして、しょうりょう[4]をして聲をうすめしむるも、た班氏の手よりはっせしむればならん。

 ばんれきじんご[5]の春 かこくし しるす。

訳文[編集]

 この『杜律』1冊は、文端公 しょうほうが抜き写ししたもので、元のぐしゅうしっちゅうした『杜律』に比べて、ずっと簡明で読みやすい。ばんれききのえいぬの年、私は慶賀使[6]としての命を承け、中国に旅して通川[7]に滞在した。陝西省の挙人王之符君に出会い、話し込んで丸一日が過ぎ、分かれる際、この一書を贈ってくれた。私は、布貼りの箱に入れて宝のように保管して何年か経った。いまこの宝物を推し頂いておくのはやめて、あなたが一度見てみて、それで私の勤めて大切にする気持ちを尊重することなく、杜甫がその声を薄められても、再びヤンバン[8]の手から発せられれば良いのだ。

 ばんれきみずのえうまの年の春、私、ホボン 号はかこく しるす。

注釈[編集]

  1. 杜甫の律詩を精選して抄出した本。
  2. 明の万暦2年(西暦1574年)。
  3. 慶賀節。特に明の皇帝の誕生祝いのこと。
  4. 杜甫の通称。由来は、漢の宣帝と許皇后の陵墓「杜陵」、特に、小さい方の許皇后の陵墓「少陵」のそばに住んでいたことから、自ら「少陵野老」と称したことにちなむ。
  5. 万暦10年(西暦1582年)。
  6. 明の皇帝の誕生祝いに送られる使節。
  7. かつて陝西省に存在した。
  8. 朝鮮王朝時代の世襲の士大夫(文臣)階級の事。本来は武官の家系であるムバンと文官の家系であるムンバンの二つ(両班)に分かれるが、朝鮮王朝では武官は一等下に扱われており、文班だけを両班と呼ぶ場合もある。今日では紳士の代名詞。


この著作物は1925年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。