作者:許蘭雪軒

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
作者索引: き 許蘭雪軒
(1563年 - 1589年)
許 蘭雪軒(きょ らんせつけん)は、朝鮮中期の女性詩人。本名は楚姬であり、よく知られた蘭雪軒は号である。兄は許篈であり、弟は許筠である。不幸な結婚生活を詩作で紛らせたが、多くの作品を死亡する前に焼き捨てた。死後、弟の許筠が『蘭雪軒集』を出版した。
許蘭雪軒
許蘭雪軒の生家

著作[編集]

歌辞[編集]

注釈[編集]

  1. 巫玉が作ったという説もある。
  2. 貞一堂金氏が作ったという説もある。

ライセンス[編集]

この作者の作品は、1926年1月1日より前に公表され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。後に出版された翻訳や版にも著作権が発生する場合があります。死後の作品は、特定の国や地域で出版された期間に応じて著作権が発生する場合があります。