静夜思

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


白文 書き下し文 訳文
牀前看月光 牀前月光を看る 寝床に差し込む月の光を見て
疑是地上霜 疑ふらくは是れ地上の霜かと (あまりにも明るいので)地上にできた霜かと疑うほどだ
挙頭望山月 頭を挙げて山月を望み 頭を挙げて山に出た月をながめていると
低頭思故郷 頭を低れて故郷を思ふ 頭が次第に下がってきて、気付くと故郷のことを思っている

出典[編集]

静夜思(静夜の思ひ)の現代語訳と解説‐マナペディア

この著作物は1924年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているので、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。