青木繁書簡 明治38年6月12日付 蒲原隼雄宛

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


   六月十二日 相模野比圓通󠄁寺

   蒲原隼雄樣

 暑氣漸く相催候。山本君に御面會の由、さては種々御聞取被成下候事と存候。少し訂正いたし

たき點有之、左樣申置候が、定めて校正相すみ候事と存候。右は地紙に淡褐色の地色を畫面全󠄁體

にー樣にかけて、其上に黑脂インキにて印刷致度ものと存候。是は伊上凡骨君の方へ御懸合相成

らば早速󠄁出來する事と存候。印刷紙は可成剛質の物を撰び度、厚く光澤尠きもの、且つ頑丈󠄁のも

のを尊󠄁び候。

 ……當地方の風光はルーソーの畫の如くとの感を起す事多く、海の國の平󠄁和、到處麥實りて一

面の夏景色に候。是より三崎地方より伊豆に入って見たく、茅ヶ崎の方へ出づる覺悟に候。郵便︀

は矢張房󠄁州宛にて下され度、當地は不便︀にて信書紛失屢々の由なれば、房󠄁州より一纏め小包󠄁にて

送り來るやう致居候。

この著作物は1924年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。