青木繁書簡 明治38年5月19日付 蒲原隼雄宛

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


   五月十九日 本鄕駒込󠄁千駄木林町

   蒲原隼雄樣

 再昨夜十日許の行より立歸り申候。貴詩集の件、山本氏に依囑候彫版は一昨晚尋ね候處、凡

そ全󠄁版面の三分一成就、最も困難の部分丈󠄁は殆ど相すみ居り候。一見候處非常に精緻を盡したる

ものにて、微細なる極めて密刻の出來、定めての苦心なるベく、今更︀我等輕佻なる匇作の體たら

く、慚愧汗顏の思ひを起し候有樣に候。

……折角十餘日の行の閑懷も二日ばかりの歸京に全󠄁く磨󠄁碎せられ候樣の心地せられ候。

この著作物は1924年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。