青木繁書簡 明治38年4月28日付 蒲原隼雄宛

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


   四月二十八日  本鄕駒込󠄁千駄木林町百四十六

   蒲原隼雄樣

 拜復、實は不安の事重り候ため缺禮仕候次第御諒察被下度候。

 『畫稿集』の儀は書店との交渉上ひまどり只今に延引候へども、追󠄁て上版發行の運びに參り可

申候。

 貴詩集揷畫の儀は本日坂本氏外出の序に立寄り督促候處、未だ彫版出來不致趣、今一週間猶豫

を要し候との事に候。表紙の方は其以前に出來可致候。・・・・・・・・・

 一昨日表記の所󠄁へ轉宅、又󠄂々近󠄁き中に坂本町へ移轉の合に致居候。製作に恰適󠄁なる場所を本

日發見、談判󠄁致置候故、來月初旬には移住致す考に候。

この著作物は1926年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。