青木繁書簡 明治38年3月22日付 蒲原隼雄宛

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

   三月二十二日 本鄕駒込󠄁明町

   蒲原隼雄樣

 前略、委細承知仕候。木版一、ゼラチン版二と揷畫(春烏集)の方はきめ申候。

『畫稿集』の方は製版の結果によりて多少の變改を來し申候、貴兄の分は前󠄁の通󠄁りに候。何卒御

盡カ被下度、發行は來月初旬になる。(伊上凡骨氏の方は如何相成候哉。)

この著作物は1924年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。