青木繁書簡 明治38年2月14日付 蒲原隼雄宛

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

   二月十四日 本鄕駒込󠄁明町

   蒲原隼雄樣

 謹啓陳過󠄁日は御世話に預り拜謝仕候。以御蔭同行野氏も非常に喜び居候。是非又󠄂々伺ひ度

と申居候。近󠄁日御出奉待候。

「プレラファエライト」の始より今日までの簡單なる歷史󠄁書小生所󠄁持の物只今不明に候故、貴

兄御所󠄁持のを恩借仕度存居候。

 野氏より宜敷申上呉れとの事に候。

この著作物は1924年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。