青木繁書簡 明治37年9月14日付 梅野静雄宛

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

     九月十四曰 東京明町十四

     小石川區水道󠄁端町一ノ十八 中澤ケイ方 野靜雄樣

昨夜戶發電報有之候「十四日ヨル九時着ク、ミツオ」との事に候えば、本日午后九時新橋着の

(滿雄)                         

趣に相見え候。兎に角御繰合はせ今日午后御出下さい。 九月十四日

この著作物は1924年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。