青木繁書簡 明治37年12月16日付 梅野静雄宛

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

    十二月十六日 東京駒込󠄁

    東京小石川區水道󠄁端町十八 中澤方 野靜雄樣

拜啓 御申越しの趣委細承知仕候 來ニ十日午前󠄁に御出相成候はば、悉皆額緣取揃え成就致す可

く候。十八九日は用趣にて日光へ行のはずに候 畫像の方は殆んど旣成候事に候、

右用事のみ 不一                          駒込󠄁明 靑木

   十二月十六日 朝

この著作物は1925年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。