青木繁書簡 明治35年12月15日付 坂本繁二郎宛

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

   十二月十五日 信濃、小諸︀町鶴屋

   上野北甘樂郡小坂村中ノ岳社︀務所󠄁 坂本繁ニ郞兄

 中ノ岳宿料高價には驚入申候。其他萬事の齟齬候事は甚殘念にて却て可笑味を感じ申候事に

候。

 東京下宿所の營業引渡の件は餘り信用ならぬかと存候。乍併申越の程なれば何とも分ち難く候

へば、誰か一人歸京して、それぞれ荷物の始末をつくる事必要と存候。いよ歸京するとなら

ば、貴兄一足先きに御出發被成方宜しきかと存候。さすれば無論中の岳の根據を捨る事と相成候

へば、殘留の諸︀品、カンバス、天狗の假面(床の間の上の額面の裏にあり)、書物、笛等、東京へ

御持ちかへり願上候。なほ又着京なされ候上は小生の荷物等は貴兄へ保管一任申上匿候。・・・・・・來

年一月四五日には間違󠄂なく歸京處理致すべく候。

 歸京の上、所󠄁得製作の展覽を行うて、自然に對する我輩の信仰と態度とに就きて、共に俱に火

鉢をかこみて談りあかす時を待ち申候。

この著作物は1925年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。