雪 (地歌)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

花も雪も払えば清き袂かな、ほんに昔の事よ、我待つ人も吾を待ちけん。鴛鴦をし雄鳥をとりに物思ひ羽の、凍るふすまに鳴く音はぞな。さなきだに、心も遠き夜半よはの鐘、聞くも淋しき独り寝の、枕に響く霞の音も、しやいつそ堰きかねて、落つる涙のつららより、辛き生命いのちは惜しからねども、恋しき人は罪深く、思はんことの悲しさに、捨てた憂き、捨てた浮世の山かづら。


Wikipedia
ウィキペディアのページがあります。
  • 底本: 今井通郎『生田山田両流 箏唄全解』下、武蔵野書院、1975年。

この著作物は1924年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているので、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。