コンテンツにスキップ

限りなく小さいもの

提供:Wikisource


限りなく小さいもの

自然は、驚くほど豊富な下等動物の種を至る所に与えている。- 海や川や池の水には、無数の小さな生き物が生息している。もし顕微鏡がなかったら、人間には永遠に分からないだろう。針の先から垂れた水滴の中に、数百万個もの動物が含まれているのである。エレンベルグによれば、ガンジス川は1年間に膨大な量の水を運ぶので、これらの動物体を合わせると、エジプトの大ピラミッドよりも大きな体積を形成することになるという。ある著名な博物学者は、「インフソリアは自然界で最も小さく、最も多い動物である」と言った。この微小な生物は、人類と同様に、この地球上の車輪の中で最も複雑な歯車の一つを構成しています。彼らは、それぞれの場所、それぞれのレベルに属しているのである!この微細な生き物を取り除けば、世界は不完全なものになる!大昔に言われたように、考えてみれば、偉大にならないほど小さなものはないのである!

インフゾリアの研究は、優れた顕微鏡があれば、誰でもできるのが大きな魅力である。池の水一滴から、その奇妙さと豊かさに驚かされる新世界が見えてくる。水の入った受け皿に、植物の葉っぱや草の葉っぱなどを入れておく。1~2日経つと、水は膜に覆われ、透明度を失っている。この水を一滴、顕微鏡の下に置くと、様々なインフゾーリアが充満しているように見えるだろう。顕微鏡で見る星雲は望遠鏡で見る星雲のようなもので、本物の点からなるモナド(図1)が見える。これらの小さなものは、いわば攪拌された分子であり、動く原子であるように見える。その体の大きさは、1000分の3ミリメートルほどである。

モナドの次に、前述のように調製された輸液の中に最もよく見られるのは、コルポデス(図2)である。豆のような形をしており、体は透明で、さまざまな丸い球が見えるが、顕微鏡で見ると、これは腸か卵と思われる。コルポデス同様、透明で、その内部には腸の塊が見える。コルポデスのように透明で、その中に腸が見える。また、水中では俊敏に動き、瞬時に体を縮めて丸くなる能力もある。乾燥しても復活する不思議な生物である。

図4は、自然界から忠実に抽出した数種類の個体である。図4は、自然界から忠実に抽出した数種類の個体である。これらの無限小動物の存在と伝播の様式は、観察者にとって最も興味深い事実であり、予期せぬ不思議な発見に満ちている。

脚注[編集]

この作品は1929年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。

 

原文の著作権・ライセンスは別添タグの通りですが、訳文はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスのもとで利用できます。追加の条件が適用される場合があります。詳細については利用規約を参照してください。