関寺小町 (地歌)

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

思ひ出づればなつかしや、人の恨みの積り来て、いつの頃より浮れ出で、頼む物には竹の杖、泣いつ笑ひつ物狂ひと、人は仇し夢なれや。問ふは恨し昔はこまち、今は姿も恥しや。誰はめねど関寺の、いほり淋しき折り折りは、都の町にうかれ出でて、ゆききの袖にすがりつつ、憂きことの数々を見給へや人々。春はこずゑの袖に花にのみ、心を寄せてみじかよの、ほととぎす雪見草。あさざはかきつばたあやめもの葉も枯れ枯れに、螢も薄く、残るあしたの、名も広沢のつきかげ。かこち顔なる我が涙。落葉、時雨に濡れ初めて、我ながらはづかし。ももよ忍ぶの通ひ路は、雨の降る夜も降らぬ夜も、ましてゆきしもいとひなく。心尽しに身をくだく、ひとよを待たで死したりし、ふかくさの少将の、其おんねんの付き添ひて、かやうに物を思ふぞや。かなたへ走り、こなたへ走り。ざらり、ざらり、ざらざらざらつと、恋ひ得ぬ時は。悪心又狂乱の心付きて声かはり、しからず見ゆれば、すごすごと関寺のいほりに帰る有様は、山田のあぜかかしよの、呆果てたりやわが姿。


  • 底本: 今井通郎『生田山田両流 箏唄全解』中、武蔵野書院、1975年。

この作品は1927年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。