鎌倉丸の艶聞 (一)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

本文[編集]

昨年さくねん九月八日郵船會社いうせんかいしや米國航路べいこくこうろ滊船きせん鎌倉丸かまくらまる米國べいこくシヤートルへむかひて橫濵よこはま解纜かいらんしたり航中かうちうには數多あまた乘客じやうかくありしなかに一等船室とうせんしつめしは十數名ずめいの紳士なりしが波路なみぢすえあわくなり島影しまかげともに一せんを一とするうみうへしたしみやす心々こゝろ話相手はなしあひてもとめて船中せんちう誰彼たれかれはやくも其名そのなたがひに船室せんしつはるゝほどなかとなりしがこゝに一だんにぎやかなる團樂だんらんある船室せんしつひらかれぬこの團樂だんらんれる人々ひとしばらくしてのちゆずりこのしつにはつねに五六にん人々ひとびとつどひてわらひさゞめくこゑ洋杯こつぷあひるゝおとまざりてひるとなくよるとなく談笑だんせうこえ船扉せんぴ冷々れいたる船中せんちう秋雨しうゝもこのしつうちにはきこえず室內しつない春風しゆんぷう陽氣ようき加減かげん團樂まとゐには一人ひとり女性によしよう中心ちうしんとしていづれも交際かうさい上手じやうず當世たうせい紳士しんし船客せんかくもあり船員せんゐんもあり骨牌かるためばさけとなり酒興しゆきやうじようじては甚句じんく都々逸どどいつ戲歌ざれうたにさんざめかすことありておなじ一等船客とうせんきやくのこの團樂まとゐれたる人々ひとこゝろからまゆひそめてその卑俗ひぞくなる動作どうさいとものありまた艷福えんぷくうらやこゝろ紳士しんし行爲かうゐにあらずと批謗ひぼうするもあり船中せんちうなおまぬかれぬ世間せけんくち流石さすがしつ人々ひとうしろめたくや定時ていじ食事しよくじにも儀式ぎしきたつたる食堂しよくだうでゝ衆客しうかくしよくおなじふするをきら時刻じこく前後ぜんごしてこれともにせぬやうにくればつひにはしつ人々ひと乘客じようかくとは別物べつもののやうに疎々うとしくなるに至れりさてしつ女性によしやうとはいかなるものぞその素性すじやうしばらくきその容貌ようぼう風采ふうさいはといへばせい小造こづくりの品好ひんよ淺黑あさぐろかほ目口めくちしまりたるは令孃れいぢやうとよりは粹者それしや相應ふさはしき意氣肌いきはだにて折々おり細帶ほそおび一つしだらなき身嗜みだしなみにてうみかぜびん後毛おくれげみだしてたたずむ外見よそめいよい品下しなくだれる姿すがたなれどさる賤業いやしものにあらざるは英語えいごなどにて紳士等しんしらものいひかはすにてもらるべく下卑はしたなき振舞ふるまひはあれどその言語振ものいひぶりおほくのをとこたいしてもさらゆづるけしきもなくかたべんずる相手あひて上手じやうずひと引付ひきつくる魔力まりょくあるもむべなるさてもあやしきこの女性によしやうつぎしることとしてたゞはゝ有名いうめいなる女子敎育家ぢよしけういくかこの船中せんちう許婚いゝなづけひと米國べいこくると遥々はるたずねるみちにしてこの航途こうと風浪ふうらう却々なかひとうへおこきたなが物語ものがたり追々おひしるすべし

この著作物は1924年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。