酔花間 (独立階前星又月)

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
白文 書き下し文 訳文
獨立階前星又月 独りかいぜんに立つ 星た月 星月夜の中、孤独にきざはし[1]の下に立つと
簾櫳偏皎潔 れんろう[2] あまね[3]きょうとしてきよ 簾櫳窓[2]は遍くキラキラと澄み切って光り
霜樹盡空枝 そうじゅ ことごとくうし 霜が降りた樹々は葉のない枝ばかり
腸斷丁香結 腸はたん ていこうけつ[4] 胸張り裂けそうな思い、こころちょうじの花がつぼめるようにふさいでいる
夜深寒不寐 ふこうして寒くしてねず 夜も更け、その寒さに眠りもできず
凝恨何曾歇 ぎょうこん[5] 何ぞかつまんや 胸にわだかまる恨み[5]は、かつてんだことがあっただろうか
憑闌干欲折 らんかんって折らんと (思いの余り)欄干にり掛かりすぎて折れそうなほど
兩條玉筯爲君垂 両条のぎょくちょ[6] 君が為に垂る 二筋の玉なす涙は君のために流した
此宵情 よいじょう この夜の思い
誰共說[7] 誰が共にかわん 誰に話せば良いのだろう

注釈[編集]

  1. 宮殿やそれなりの規模のある中華式建築物で庭先に降りるために軒下の縁側に設けられた石段。
  2. 2.0 2.1 藤堂明保加納喜光 編 『学研 新漢和大辞典(普及版)』 学習研究社2005年、1337頁。ISBN 9784053000828。「すだれのかかった、細い格子のあるまど。」
  3. 普通は「ひたすら」の意味で「ひとえに」と訓むが、ここでは文脈上、音通である「徧」と解して、「あまねく」と訓むほうがいいようだ。赵海菱 撰稿 「冯延巳」『全唐五代词释注孔范今 主编,责任编辑 吴秉辉、郭继明陕西人民出版社w:西安1998年、717頁(w:中国語)。ISBN 7224046949。「①偏:通“徧”,普通、到处。
  4. 同上、藤堂明保・加納喜光 編 『学研 新漢和大辞典』 学習研究社、2005年、9頁。「「丁字」のつぼみ。▽気持ちがふさがって、晴れ晴れしないことにたとえる。」つまり、憂鬱感を良い香りの花のつぼむ様にたとえた美称である。
  5. 5.0 5.1 「恨」は、心に残る辛い悔しさ、残念さ、無念さ。「凝」は、凝り固まる、淀むの意で、ここでは「(胸に)わだかまる」という意味。
  6. 「筯」は「箸」の意味。つまり2本一組=二筋。玉は美称。あえて「筯」の字を使ったのは、「箸」という字が、「着・著(着る、く=く=くっつく=とどまるの意味がある。同上、藤堂明保・加納喜光 編 『学研 新漢和大辞典』 学習研究社、2005年、1330頁。)」の意味を連想させるためだろうか?
  7. 誰に話せばいいのだろう。「与誰説」と同じ意味。「誰と」「誰に対して」の意味を、漢文で「与誰」と書くだけでなく、「誰与」と書く場合があるのと同様。

この作品は1926年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。

 

原文の著作権・ライセンスは別添タグの通りですが、訳文はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスのもとで利用できます。追加の条件が適用される場合があります。詳細については利用規約を参照してください。