越後獅子 (地歌)

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

こしぢがた、御国名物さま〴〵なれど、ゐなかなまりのかたことまじり、しらうさぎなる言の葉に。面白がられしそうな事を、なおえうらあまの子が、七つか八つ目うなぎまで、うむやあみそのつなでとは、恋の心もこめやまの、とほきうはきわうれんも、なにいといがはいとうをの、もつもつつるるくさうらの、あぶらうるしまじはりて、すゑまつやましらぬのの、ちぢみは肌のどこやらが、見え透く国の風流を、うつし大鼓や笛の音も、いて唄ふや獅子の曲。むかひ小山のしちく竹、えだふし揃えて、切りをこまかに十七が、むろこぐちひるねして、花のさかりを夢に見てそろ。夢のうらかた越後の獅子は、牡丹は持たねどふうきは、おのが姿に咲かせ舞ひ納む、姿に咲せて舞ひ納む。


Wikipedia
ウィキペディア越後獅子のページがあります。
  • 底本: 今井通郎『生田山田両流 箏唄全解』上、武蔵野書院、1975年。

この作品は1927年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。