論語 (Wikisource)/公冶長第五

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。
  • 註:底本にある原文は全て縦書きである。

五之一

子謂公冶長:「可ハス也。雖リト之中、非ザル也。」ハス

子 公冶長を謂ふ、「めあはすべきなり。るいせつの中に在りと雖も、其の罪に非ざるなり」と。其の子を以て之に妻はす。
五之二

子謂南容:「邦レバ道、不テラレ;邦ケレバ道、免レント刑戮。」以兄之子ハス

子 南容を謂ふ、「邦に道有れば、てられず;邦に道無ければ、刑戮に免れん」と。其の兄の子を以て之に妻はす。
五之三

子謂子賤:「君子ナル哉若人!魯カリセバ君子、斯クニカラントレヲ?」

子 子賎を謂ふ、「君子なるかなかくのごとき人!魯に君子無かりせば、斯れ焉くにか斯れを取らん?」と。
五之四

子貢問ヒテ:「賜也何如?」子曰:「女器也」。曰:「何也?」曰:「瑚璉也。」

子貢問ひて曰く、「賜やいかん?」子曰く、「なんぢは器なり。」曰く、「何の器ぞや?」曰く、「瑚璉なり。」
五之五

ルヒト:「雍也、仁ニシテナラ。」子曰:「焉ンゾヰン?禦ルニテスレバ口給、屢マル。不、焉ンゾヰン?」

或るひと曰く、「雍や、仁にしてねいならず。」子曰く、「焉んぞ佞を用ゐん?人にあたるに口給を以てすれば、屡々人に憎まる。其の仁を知らず、焉んぞ佞を用ゐん?」
五之六

子使漆雕開ヲシテ。對ヘテ:「吾斯レヲズルコト。」子説

しつてうかいをして仕へしむ。対へて曰く、「吾斯れを之れ未だ信ずること能はず。」子よろこぶ。
五之七

子曰:「道不ハレ、乘リテカバン。從、其ナル與?」子路聞キテ。子曰:「由也好ムコトギタリ。無カラン。」

子曰く、「道行はれず、いかだに乗りて海に浮かばん。我に従ふ者は、其れ由なるか?」子路 之を聞きて喜ぶ。子曰く、「由や勇を好むこと我に過ぎたり。材を取る所無からん。」
五之八

孟武伯問:「子路仁ナリ乎?」子曰:「不也。」又。子曰:「由也、千乘之國、可使也;不也。」「求也何如?」子曰:「求也、千室之邑、百乘之家、可使也;不也。」「赤也何如?」子曰:「赤也、束帶シテ、可使賓客也;不也。」

孟武伯問ふ、「子路仁なりや?」子曰く、「知らざるなり」と。又た問ふ。子曰く、「由や、千乗の国、其の賦を治めしむべきなり;其の仁を知らざるなり。」「求や何如?」子曰く、「求や、千室の邑、百乗の家、之が宰たらしむべきなり;其の仁を知らざるなり。」「赤や何如?」子曰く、「赤や、束帯して朝に立ち、賓客と言はしむべきなり;其の仁を知らざるなり。」
五之九

子謂ヒテ子貢:「女レカレル?」對ヘテ:「賜也何ヘテマン!回也聞キテ;賜也聞キテ。」子曰:「弗也。吾與、弗也。」

子 子貢に謂ひて曰く、「なんぢと回といづれかまされる?」対へて曰く、「賜や何ぞ敢へて回を望まん!回や一を聞きて以て十を知る;賜や一を聞きて以て二を知る。」子曰く、「如かざるなり。吾 女に与す、如かざるなり。」
五之十

宰予晝寢。子曰:「朽木カラ也、糞土之牆カラ也;於イテ與何メン!」子曰:「始吾於ケル也、聽キテ;今吾於ケル也、聽キテ;於イテ與改レヲ。」

さいよぬ。子曰く、「朽木は彫るべからざるなり;糞土のかきるべからざるなり。に於いてか何ぞめん!」子曰く、「始め吾 人に於けるや、其の言を聴きて其の行を信ず。今吾 人に於けるや、其の言を聴きて其の行を観る。予に於いてか是れを改む。」
五之十一

子曰:「吾未剛者。」或ルヒトヘテ:「申棖。」子曰:「棖也慾ナリ!焉ンゾナルコトヲ?」

子曰く、「吾未だ剛者を見ず。」或るひと対へて曰く、「しんたう。」子曰く、「棖や慾なり。焉んぞ剛なることを得ん?」
五之十二

子貢曰:「我不ルハ人之加ヘンコトヲレヲ、吾亦カラントフルコトレヲ。」子曰:「賜也、非ザル也。」

子貢曰く、「我 人のれを我に加へんことを欲せざるは、吾 亦た諸を人に加ふること無からんと欲す。」子曰く、「賜や、爾の及ぶ所に非ざるなり。」
五之十三

子貢曰:「夫子之文章、可也;夫子之言フハ天道、不カラ也。」

子貢曰く、「夫子の文章は、得て聞くべきなり。夫子の性と天道とを言ふは、得て聞くべからざるなり。」
五之十四

子路有クコト、未レバフコト、唯ランコトヲ

子路聞くこと有りて、未だ之を行ふこと能はざれば、唯だ聞く有らんことを恐る。
五之十五

子貢問ヒテ:「孔文子、何也?」子曰:「敏ニシテ、不下問、是レヲ也。」

子貢問ひて曰く、「孔文子、何を以てか之を文と謂ふや?」子曰く、「敏にして学を好み、下問を恥ぢず、是れを以て之を文と謂ふなり。」
五之十六

子謂子産:「有君子之道四:其也恭、其フル也敬、其也惠、其使也義。」

子 子産を謂ふ、「君子の道四つ有り:其の己を行ふや恭、其の上に事ふるや敬、其の民を養ふや恵、其の民を使ふや義」と。
五之十七

子曰:「晏平仲善人交ハル。久シクシテ。」

子曰く、「あんぺいちう 善く人と交はる。久しくして之を敬す。」
五之十八

子曰:「臧文仲居、山ニシニス。何如ナラン也?」

子曰く、「ざうぶんちう さいき、節を山にしせつを藻にす、いかんぞ其れ知ならんや?」
五之十九

子張問ヒテ:「令尹子文、三タビヘテレドモ令尹、無;三タビメラルトモ、無。舊令尹之政、必新令尹。何如?」子曰:「忠ナリ。」曰:「仁ナリ乎?」曰:「未ナラ、焉ンゾナルコトヲ?」「崔子弑、陳文子有馬十乘、棄テテ、至リテ他邦、則、『猶大夫崔子也!』キテ一邦、則、『猶大夫崔子也!』。何如?」子曰:「淸。」曰:「仁ナリ乎?」曰:「未ナラ、焉ンゾナルコトヲ?」

子張問ひて曰く、「れいいん子文、三たび仕へて令尹と為れども、喜ぶ色無し;三たび之を已めらるとも、いかる色無し。旧令尹の政、必ず以て新令尹に告ぐ。何如?」子曰く、「忠なり。」曰く、「仁なりや?」曰く、「未だならず、焉んぞ仁なることを得ん?」「崔子斉の君をしいす、陳文子 馬十乗有り、棄てて之をり、他邦に至りて、則ち曰く、『なほ吾が大夫崔子がごときなり!』と。之を違り、一邦にきて、則ち又た曰く、『猶吾が大夫崔子がごときなり!』と。之を違る。何如?」子曰く、「清し。」曰く、「仁なりや?」曰く、「未だ知ならず、焉んぞ仁なることを得ん?」
五之二十

季文子三タビヒテ。子聞キテ:「再ビセバ、斯可矣。」

季文子 三たび思ひて後に行ふ。子 之を聞きて曰く、「再びせば、斯れ可なり。」
五之二一

子曰:「甯武子、邦レバ道則知、邦ケレバ道則ナリ。其也、其カラ也。」

子曰く、「ねいぶし、邦に道有れば則ち知、邦に道無ければ則ち愚なり。其の知は及ぶべきなり、其の愚は及ぶべからざるなり。」
五之二二

子在リテ、曰:「歸ラン與!歸ラン與!吾黨之小子狂簡、斐然トシテ、不-以スル。」

子 陳に在りて、曰く、「帰らんか!帰らんか!吾が党の小子 狂簡、斐然として章を成す、之を裁する所以を知らず。」
五之二三

子曰:「伯夷・叔齊、不舊惡、怨ツテナリ。」

子曰く、「はくいしゆくせい、旧悪をおもはず、怨みここもつまれなり。」
五之二四

子曰:「孰微生高ナリト?或ルヒト。乞ヒテレヲ。」

子曰く、「たれか微生高を直なりと謂ふ?或るひとを乞ふ。諸れを其の隣に乞ひて之を与ふ。」
五之二五

子曰:「巧言・令色・足恭ナルハ、左丘明恥、丘。匿シテミヲトスルハ、左丘明恥、丘。」

子曰く、「巧言・令色・足恭なるは、左丘明 之を恥づ、丘も亦た之を恥づ。怨みをかくして其の人を友とするは、左丘明 之を恥づ、丘も亦之を恥づ。」
五之二六

顏淵・季路侍。子曰:「盍ハザル?」子路曰:「願ハクハ車馬衣裘、與朋友ニシ、敝ルトモケン。」顏淵曰:「願ハクハルコト、無ケンスコト。」子路曰:「願ハクハカン子之志。」子曰:「老者ンジ、朋友、少者ケン。」

顔淵・季路す。子曰く、「なんぞ各々爾の志を言はざる?」子路曰く、「願はくは車馬衣裘、朋友と共にし、之をやぶるともうらみ無けん。」顔淵曰く、「願はくは善にほこること無く、労を施すこと無けん。」子路曰く、「願はくは子の志を聞かん。」子曰く、「老者は之を安んじ、朋友は之を信じ、少者は之を懐けん。」
五之二七

子曰:「已ンヌル矣乎!吾未チヲムル也。」

子曰く、「已んぬるかな!吾未だ能く其の過ちを見て、内に自らむる者を見ざるなり。」
五之二八

子曰:「十室之邑、必ラン忠信如。不丘之好ムニ也。」

子曰く、「十室のいふ、必ず忠信 丘が如き者有らん。丘の学を好むに如かざるなり。」