論語 (漢文叢書)/顏淵第十二

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


がんゑん第十二


十二之一

顏淵問「仁」。子曰:「克己復禮爲仁。一日克己復禮,天下歸仁焉,爲仁由己,而由人乎哉?」顏淵曰:「請問其目。」子曰:「非禮勿視,非禮勿聽,非禮勿言,非禮勿動。」顏淵曰:「回雖不敏,請事斯語矣!」

がんゑんじんふ。子曰く、おのれちてれいむをじんす。いちじつおのれちてれいめば、てんかじんす。じんすはおのれる、ひとらんや。顏淵いはく、そのもくふ。子曰く、ひれいなかれ、ひれいなかれ、ひれいなかれ、ひれいうごなかれ。顏淵いはく、くわいふびんいへども、こととせん。〉


十二之二

仲弓問「仁」。子曰:「出門如見大賓,使民如承大祭,己所不欲,勿施於人。在邦無怨,在家無怨。」仲弓曰:「雍雖不敏,請事斯語矣!」

ちうきうじんふ。子曰く、もんでてはたいひんるがごとくし、たみつかふにはたいさいくるがごとくす、おのれほつせざるところをば、ひとほどこなかれ、くにりてもうらく、いへりてもうらし。ちうきういはく、ようふびんいへども、こととせん。〉


十二之三

司馬牛問「仁」。子曰:「仁者,其言也訒。」曰:「其言也訒,斯謂之『仁』已夫?」子曰:「爲之難,言之得無訒乎!」

しばぎうじんふ。子曰く、じんとはふやじんす、いはく、ふやじんす。こゝこれじんふか。子曰く、これすはかたし、これふにじんするきをんや。〉


十二之四

司馬牛問「君子」。子曰:「君子不憂不懼。」曰:「不憂不懼,斯謂之『君子』矣夫?」子曰:「內省不疚,夫何憂何懼!」

しばぎうくんしふ。子曰く、くんしうれへずおそれず。いはく、うれへずおそれざる、こゝこれくんしふか。子曰く、うちかへりみてやましからずんば、なんうれなんおそれん。〉


十二之五

司馬牛憂曰:「人皆有兄弟,我獨亡!」子夏曰:「商聞之矣:『死生有命,富貴在天』君子敬而無失,與人恭而有禮,四海之內,皆兄弟也,君子何患乎無兄弟也!」

しばぎううれふ。いはく、ひとみなけいていり、われひとし。しかいはく、せうこれく、しせいめいり、ふうきてんり、くんしけいしてうしなふことく、ひときようしてれいらば、しかいうちみなけいていたり。くんしなんけいていきをうれへん。〉


十二之六

子張問「明」。子曰:「浸潤之譖,膚受之愬,不行焉,可謂明也已矣。浸潤之譖,膚受之愬,不行焉,可謂遠也已矣。」

しちやうめいふ。子曰く、しんじゆんしんふじゆおこなはれざるは、めいきのみ。しんじゆんしんふじゆおこなはれざるは、とほきときのみ。 〉


十二之七

子貢問「政」。子曰:「足食,足兵,民信之矣。」子貢曰:「必不得已而去,於斯三者何先?」曰:「去兵。」子貢曰:「必不得已而去,於斯二者何先?」曰:「去食。自古皆有死,民無信不立。」

しこうまつりごとふ。子曰く、しよくへいし、たみこれしんにす。しこういはく、かならやむずしてらば、さんしやおいなにをかさきんぜん。いはく、へいらん。しこういはく、かならやむずしてらば、にしやおいなにをかさきんぜん。いはく、しよくらん。いにしへよりみなり、たみしんくんばたず。 〉


十二之八

棘子成曰:「君子質而已矣,何以文爲?」子貢曰:「惜乎,夫子之說,君子也,駟不及舌!文猶質也,質猶文也;虎豹之鞹,猶犬羊之鞹。」

きよくしせいいはく、くんししつのみ、なんぶんもつん。しこういはく、しいかなふうしくんしくや、したおよばず、ぶんしつごときなり、しつぶんごときなり。こへうくわくけんやうくわくのごとし。〉


十二之九

哀公問於有若曰:「年饑,用不足,如之何?」有若對曰:「盍徹乎?」曰:「二,吾猶不足,如之何其徹也?」對曰:「百姓足,君孰與不足?百姓不足,君孰與足!」

あいこういうじやくひて、いはく、としゑてようらず、これいかにせん。いうじやくこたへていはく、なんてつせざる。いはく、われらず、これいかんぞてつせんや。こたへていはく、ひやくせいらば、きみれとともらざらん。百姓らずんば、きみれとともらん。〉


十二之十

子張問「崇德,辨惑。」子曰:「主忠信,徙義:崇德也。愛之欲其生,惡之欲其死;既欲其生,又欲其死:是惑也。」(誠不以富,亦祇以異。)

しちやうとくたかうしまどひべんずるをふ。子曰く、ちうしんしゆとし、うつるは、とくたかうするなり。これあいしては、そのせいほつし、これにくみては、そのほつす。すでそのせいほつし、またそのほつするは、まどひなり。まこともつまず、またまさもつことなり。 〉


十二之十一

齊景公問「政」於孔子。孔子對曰:「君君,臣臣,父父,子子。」公曰:「善哉!信如君不君,臣不臣,父不父,子不子,雖有粟,吾得而食諸?」

せいけいこうまつりごとこうしふ。こうしこたへて曰く、きみきみたり、しんしんたり、ちゝちゝたり、たり。こういはく、きかな、まこときみきみたらず、しんしんたらず、ちゝちゝたらず、たらずんば、ぞくりといへども、われこれくらはんや。〉


十二之十二

子曰:「片言可以折獄者,其由也與!」子路無宿諾。

〈子曰く、へんげんもつうつたへさだものは、いうなるか。しろだくとゞむるなし。〉


十二之十三

子曰:「聽訟,吾猶人也;必也使無訟乎!」

〈子曰く、うつたへくはわれひとのごときなり。かならずやうつたへなからしめんか。〉


十二之十四

子張問「政」。子曰:「居之無倦,行之以忠。」

しちやうせいふ。子曰く、これりてむなく、これおこなふにちうもつてす。〉


十二之十五

子曰:「博學以文,約之以禮;亦可以弗畔矣夫!」

〈子曰く、ひろぶんまなび、これやくするにれいもつてせば、またもつそむかざるきか。〉


十二之十六

子曰:「君子成人之美,不成人之惡。小人反是。」

〈子曰く、くんしひとして、ひとあくさず。せうじんこれはんす。〉


十二之十七

季康子問「政」於孔子。孔子對曰:「『政』者,正也。子帥以正,孰敢不正?」

きかうしまつりごとこうしふ。こうしこたへて曰く、せいせいなり。ひきゐるにせいを以てせば、れかあへたゞしからざらん。〉


十二之十八

季康子患盜,問於孔子。孔子對曰:「苟子之不欲,雖賞之不竊。」

きかうしたううれへてこうしふ。こうしこたへて曰く、いやしくふよくならば、これしやうすといへどぬすまじ。〉


十二之十九

季康子問政於孔子曰:「如殺無道,以就有道,何如?」孔子對曰:「子爲政,焉用殺?子欲善,而民善矣。君子之德,風;小人之德,草;草上之風,必偃。」

きかうしまつりごとこうしうて、いはく、むだうころして、もついうだうさば、いかんこうしこたへて曰く、まつりごとす、いづくんぞころすもちひん。ぜんほつすれば、たみぜんなり。くんしとくかぜなり、せうじんとくくさなり。くさこれかぜくはふれば、かならす。〉


十二之二一

子張問:「士何如斯可謂之『達』矣?」子曰:「何哉,爾所謂『達』者?」子張對曰:「在邦必聞,在家必聞。」子曰:「是『聞』也,非『達』也。夫『達』也者,質直而好義,察言而觀色,慮以下人,在邦必達,在家必達。夫『聞』也者:色取仁而行違,居之不疑。在邦必聞,在家必聞。」

しちやうふ、いかなるこゝこれたつき。子曰く、なんぞやなんぢいはゆるたつとは。しちやうこたへていはく、くにりてかならきこえ、いへりてもかならきこゆ。子曰く、ぶんなり、たつあらざるなり。たつなるものは、しつちよくにしてこのみ、げんさつしていろおもんばかつてもつひとくだる。くにりてもかならたつし、いへりてもかならたつす。ぶんなるものは、いろじんり、おこなひはたがふ、これうたがはず。くにりてもかならきこえ、いへりてもかならきこゆ。〉


十二之二二

樊遲從遊於舞雩之下曰:「敢問崇德,修慝,辨惑?」子曰:「善哉問!先事後得,非『崇德』與?攻其惡,無攻人之惡,非『修慝』與?一朝之忿,忘其身以及其親,非『惑』與?」

はんちしたがひてぶうもとあそぶ。いはく、あへとくたかうしとくをさまどひべんずるをふ。子曰く、きかなとひや。ことさきにしてるをのちにするは、とくたかうるにあらずや。そのあくめて、ひとあくむるきは、とくをさむるにあらずや。いつてういかりに、そのわすれて、もつそのしんおよぼすは、まどひあらずや。〉


十二之二三

樊遲問「仁」。子曰:「愛人。」問「知」。子曰:「知人。」樊遲未達,子曰:「擧直錯諸枉,能使枉者直。」樊遲退,見子夏曰:「鄕也吾見於夫子而問『知』,子曰:『擧直錯諸枉,能使枉者直』,何謂也?」子夏曰:「富哉言乎!舜有天下,選於衆,擧皋陶,不仁者遠矣。湯有天下,選於衆,擧伊尹,不仁者遠矣。」

はんちじんふ。子曰く、ひとあいす。ふ。子曰く、ひとる。はんちいまたつせず。子曰く、なおきをげてこれまがれるにけば、まがれるものをしてなおからしむ。はんちしりぞしかて、いはく、きにわれふうしまみえてふ、子曰く、なおきをげてこれまがれるにけば、まがれるものをしてなおからしむと。なんひぞや。しかいはく、めるかなげんや、しゆんてんかたもつや、しうえらびてかうえうげ、ふじんしやとほざかる。たうてんかたもつや、しうえらびて、いいんげ、ふじんしやとほざかる。〉


十二之二四

子貢問「友」。子曰:「忠吿而善道之,不可則止,毋自辱焉。」

しこういうふ。子曰く、ちうこくしてこれぜんだうし、ふかなればめよ。みづかはづかしめらるゝなかれ。〉


十二之二五

曾子曰:「君子以文會友,以友輔仁。」

そうしいはく、くんしぶんもつともくわいす、とももつじんたすく。〉