論語 (漢文叢書)/子路第十三

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


卷之七

子路しろ第十三


十三之一

子路問「政」。子曰:「先之,勞之。」請益,曰:「無倦。」

子路しろまつりごとふ。子曰く、これさきんじこれらうす、えきふ。曰く、なかれ。〉


十三之二

仲弓爲季氏宰,問「政」。子曰:「先有司。赦小過。舉賢才。」曰:「焉知賢才而舉之?」曰:「舉爾所知。爾所不知,人其舍諸?」

仲弓ちうきう季氏きしさいまつりごとふ。子曰く、有司いうしさきにす、小過せうくわゆるして、賢才けんさいげよ。いはく、いづくん賢才けんさいつてれをげん。いはく、なんぢところげよ。なんぢらざるところは、ひとこれてんや。〉


十三之三

子路曰:「衞君待子而爲政,子將奚先?」子曰:「必也正名乎!」子路曰:「有是哉?子之迂也!奚其正?」子曰:「野哉,由也!君子於其所不知,蓋闕如也。名不正,則言不順;言不順,則事不成;事不成,則禮樂不興;禮樂不興,則刑罰不中;刑罰不中,則民無所措手足。故君子名之必可言也,言之必可行也。君子於其言,無所苟而已矣。」

子路しろいはく、衞君ゑいくんつてまつりごとす。まさなにをかさきにせんとす。子曰く、かならずやたださんか。子路しろいはく、るかななる、なんたださん。曰く、なるかないうや。君子くんしらざるところおいて、けだ闕如けつじよするなり。たゞしからざれば、すなはげんじゆんならず。言順ならざれば、すなはことらず。事成らざれば、すなはち禮樂おこらず。禮樂興らざれば、すなは刑罰けいばつあたらず。刑罰中らざれば、すなはたみ手足しゆそくところし。ゆゑ君子くんしこれづくればかならくす。これへばかならおこなくす。君子くんしそのげんおいて、いやしくもするところきのみ。〉


十三之四

樊遲請學稼,子曰:「吾不如老農。」請學爲圃,曰:「吾不如老圃。」樊遲出,子曰:「小人哉,樊須也!上好禮,則民莫敢不敬;上好義,則民莫敢不服;上好信,則民莫敢不用情,夫如是,則四方之民,襁負其子而至矣,焉用稼?」

樊遲はんちまなばんとふ。子曰く、われ老農らうのうかず。くるをまなばんとふ。曰く、老圃らうほかず。樊遲はんちづ。曰く、小人せうじんなるかな樊須はんすや。かみれいこのめば、すなはたみあへけいせざるし。かみこのめば、すなはたみあへふくせざるなし。かみしんこのめば、すなはたみあへじやうもちひざるなし。かくごとくば、すなは四方しはうたみ其子そのこ襁負きやうふしてしかしていたらん。いづくんもちひん。〉


十三之五

子曰:「誦詩三百,授之以政,不達。使於四方,不能專對;雖多,亦奚以爲?」

〈子曰く、三百をしようすれども、これさづくるにまつりごともつてしてたつせず、四方しはう使つかひして、專對せんたいするあたはずんば、おほしといへどまたなにもつん。〉


十三之六

子曰:「其身正,不令而行;其身不正,雖令不從。」

〈子曰く、そのたゞしければ、れいせずしておこなはれ、たゞしからずんば、れいすといへどしたがはず。〉


十三之七

子曰:「魯衞之政,兄弟也。」

〈子曰く、魯衞ろゑいまつりごと兄弟けいていなり。〉


十三之八

子謂衞公子荊,「善居室:始有,曰:『苟合矣;』少有,曰:『苟完矣。』富有,曰:『苟美矣。』」

ゑい公子こうしけいふ、しつると。はじるに、いはく、まことへり。すこしくるにいはく、まことまつたし。さかんるにいはく、まことなりと。〉


十三之九

子適衞,冉有僕。子曰:「庶矣哉!」冉有曰:「既庶矣,又何加焉?」曰:「富之。」曰:「既富矣,又何加焉?」曰:「敎之。」

ゑいく、冉有ぜんいうぼくたり。子曰く、しよなるかな。冉有曰く、すでしよなり、またなにをかくはへん。曰く、これとまさん。曰く、すでめり。またなにをかくはへん。曰く、これをしへん。〉


十三之十

子曰:「苟有用我者,期月而已可也,三年有成。」

〈子曰く、いやしくわれもちふるものらば、期月きげつにしてすでなり。三年さんねんらん。〉


十三之十一

子曰:「『善人爲邦百年,亦可以勝殘去殺矣。』誠哉是言也。」

〈子曰く、善人ぜんにんくにをさむること百年ひやくねんならば、またもつざんさつしと。まことなるかなげんや。〉


十三之十二

子曰:「如有王者,必世而後仁。」

〈子曰く、王者わうじやりとも、かならせいにしてのちじんならん。〉


十三之十三

子曰:「苟正其身矣,於從政乎何有?不能正其身,如正人何?」

〈子曰く、いやしくただしくせば、まつりごとしたがふにおいなにらん、ただしくするあたはずんば、ひとたゞすことを如何いかにせん。〉


十三之十四

冉子退朝,子曰:「何晏也?」對曰:「有政。」子曰:「其事也!如有政,雖不吾以,吾其與聞之!」

冉子ぜんしてう退しりぞく。子曰く、なんおそきや。こたへていはく、まつりごとり。子曰く、ことならん。まつりごとらば、われもちひずといへども、われこれあづかかん。〉


十三之十五

定公問:「一言而可以興邦,有諸?」孔子對曰:「言不可以若是其幾也!人之言曰:『爲君難,爲臣不易』。如知爲君之難也,不幾乎一言而興邦乎?」曰:「一言而喪邦,有諸?」孔子對曰:「言不可以若是其幾也!人之言曰:『予無樂乎爲君,唯其言而莫予違也。』如其善而莫之違也,不亦善乎?如不善而莫之違也,不幾乎一言而喪邦乎?」

定公ていこうふ。一言いちげんにしてもつくにおこきことるか。孔子こうしこたへて曰く、げんもつかくごとすべからざるなり。ひとげんいはく、きみるはかたし、しんるはやすからずと。きみるのかたきをらば、一言いちげんにしてしかしてくにおこすにせざらんや。いはく、一言いちげんにしてしかしてもつくにうしなふこと、るか。孔子こうしこたへて曰く、げんもつかくごとく其れすべからざるなり。ひとげんいはく、われきみるをたのしし、たゞうてわれたがきなりと。ぜんにして、しかしてこれたがきや、またからずや。不善ふぜんにしてしかしてこれたがきや、一言いちげんにしてしかしてくにうしなふにせざらんや。〉


十三之十六

葉公問「政」。子曰:「近者說,遠者來。」

葉公せふこうまつりごとふ。子曰く、ちかものよころべば、とほものきたる。〉


十三之十七

子夏爲莒父宰,問「政」。子曰:「無欲速,無見小利。欲速,則不達;見小利,則大事不成。」

子夏しか莒父きよほさいり、まつりごとふ。子曰く、すみやかならんことをほつするかれ。小利せうりかれ。すみやかならんことをほつせば、すなはたつせず。小利せうりば、すなは大事だいじらず。〉


十三之十八

葉公語孔子曰:「吾黨有直躬者,其父攘羊,而子證之。」孔子曰:「吾黨之直者異於是,父爲子隱,子爲父隱,直在其中矣。」

葉公せふこう孔子こうしかたりていはく、たう直躬ちよくきうといふものり。そのちゝひつじぬすみて、しかしてこれしようす。孔子こうし曰く、たうなほものは、れにことなり。ちゝめにかくし、ちゝめにかくす。なおきことそのうちり。〉


十三之十九

樊遲問「仁」。子曰:「居處恭,執事敬,與人忠。雖之夷狄,不可棄也。」

樊遲はんちじんふ。子曰く、居處きよしよきように、ことりてけいに、ひとちうなるは、夷狄いてきくといへども、からざるなり。〉


十三之二十

子貢問曰:「何如斯可謂之『士』矣?」子曰:「行己有恥,使於四方,不辱君命;可謂『士』矣。」曰:「敢問其次。」曰:「宗族稱孝焉,鄕黨稱弟焉。」曰:「敢問其次。」曰:「言必信,行必果,硜硜然,小人哉,抑亦可以爲次矣。」曰:「今之從政者何如?」子曰:「噫!斗筲之人,何足算也!」

子貢しこうふ。いはく、如何いかなるこれき。子曰く、おのれおこなふにはぢあり、四方しほう使つかひして、君命くんめいはづかしめざる、し。いはく、あへそのつぎふ。曰く、宗族そうぞくかうしようし、鄕黨きやうたうていしようす。いはく、あへそのつぎふ。曰く、へばかならしんおこなへばかならくわ硜硜然こうぜんとして小人せうじんなるかな、抑〻そもまたもつつぎきか。いはく、いままつりごとしたがもの如何いかに。子曰く、あゝ斗筲とさうひとなんかぞふるにらんや。〉


十三之二一

子曰:「不得中行而與之,必也狂狷乎:狂者進取,狷者有所不爲也。」

〈子曰く、中行ちうかうこれくみせずんば、かならずや狂狷きやうけんか。狂者きやうしやすゝんでり、狷者けんしやさざるところるなり。〉


十三之二二

子曰:「南人有言曰:『人而無恆,不可以作巫醫』。「善夫!『不恆其德,或承之羞』」子曰:「不占而已矣。」

〈子曰く、南人なんじんへるり。いはく、ひとにしてつねくんばもつ巫醫ふいからずと。いかな。そのとくつねにせずんば、あるひこれはぢすゝむと。子曰く、うらなはざるのみ。〉


十三之二三

子曰:「君子和而不同,小人同而不和。」

〈子曰く、君子くんししてどうぜず。小人せうじんどうしてせず。〉


十三之二四

子貢問曰:「鄕人皆好之,何如?」子曰:「未可也。」「鄕人皆惡之,何如?」子曰:「未可也。不如鄕人之善者好之,其不善者惡之。」

子貢しこうふ。いはく、鄕人きやうじんみなこれよみせば、如何いかん。子曰く、いまならざるなり。鄕人きやうじんみなこれにくまば、如何いかん。子曰く、いまならざるなり。鄕人きやうじん善者ぜんしやこれよみし、その不善者ふぜんしやこれにくむにかず。〉


十三之二五

子曰:「君子易事而難說也;說之不以道,不說也;及其使人也,器之。小人難事而易說也。說之雖不以道,說也;及其使人也,求備焉。」

〈子曰く、君子くんしつかやすくしてよろこばせがたし。これよろこばするにみちもつてせざれば、よろこばざるなり。ひと使つかふにおよびてや、これにす。小人せうじんつかがたくしてよろこばせやすし。これよろこばするにみちもつてせずといへどよろこぶなり。ひと使つかふにおよびてや、そなはらんことをもとむ。〉


十三之二六

子曰:「君子泰而不驕;小人驕而不泰。」

〈子曰く、君子くんしたいにしてけうならず、小人せうじんけうにしてたいならず。〉


十三之二七

子曰:「剛毅木訥,近仁。」

〈子曰く、剛毅木訥がうきぼくとつじんちかし。〉


十三之二八

子路問曰:「何如斯可謂之『士』矣?」子曰:「切切偲偲、怡怡如也,可謂『士』矣。朋友切切偲偲,兄弟怡怡。」

子路しろふ。いはく、如何いかなるこれきか。子曰く、切切偲偲怡怡如せつししいいじよたり、し。朋友ほういうには切切偲偲せつししたり、兄弟きやうだいには怡怡いいたり。〉


十三之二九

子曰:「善人敎民七年,亦可以卽戎矣。」

〈子曰く、善人ぜんにんたみをしふる七年ならば、またもつじゆうかしむし。〉


十三之三十

子曰:「以不敎民戰,是謂棄之。」

〈子曰く、をしへざるたみもつたゝかふは、これつと謂ふ。〉