論語 (漢文叢書)/先進第十一

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


卷之六

せんしん第十一


十一之一

子曰:「先進於禮樂,野人也;後進於禮樂,君子也。如用之,則吾從先進。」

〈子曰く、せんしんれいがくけるはやじんなり。こうしんれいがくけるはくんしなり。これもちひば、すなはわれせんしんしたがはん。〉


十一之二

子曰:「從我於陳蔡者,皆不及門也。」德行:顏淵、閔子騫、冉伯牛、仲弓。言語:宰我、子貢。政事:冉有、季路。文學:子游、子夏。

〈子曰く、われちんさいしたがものみなもんおよばざるなり。とくかうにはがんゑんびんしけんぜんはくぎうちうきうげんごにはさいがしこうせいじにはぜんいうきろぶんがくにはしいうしか。〉


十一之三

子曰:「回也,非助我者也!於吾言,無所不說。」

〈子曰く、くわいわれたすくるものあらざるなり。げんおいよろこばざるところなし。〉


十一之四

子曰:「孝哉閔子騫!人不間於其父母昆弟之言。」

〈子曰く、かうなるかなびんしけんひとそのふぼこんていげんかんせず。〉


十一之五

南容三復白圭,孔子以其兄之子妻之。

なんようはくけいさんぷくす、こうしそのあにもつこれめあはす。〉


十一之六

季康子問:「弟子孰爲好學?」孔子對曰:「有顏回者好學,不幸短命死矣!今也則亡。」

きかうしふ、ていしいづれかがくこのむとす。こうしこたへて曰く、がんくわいといふものり、がくこのむ、ふかうたんめいにしてせり、いますなはし。〉


十一之七

顏淵死,顏路請子之車以爲之槨。子曰:「才不才,亦各言其子也。鯉也死,有棺而無槨。吾不徒行以爲之槨,以吾從大夫之後,不可徒行也。」

がんゑんす。がんろくるまもつこれくわくつくらんとへり。子曰く、さいふさいも、またおのそのこふ。せしとき、くわんりてくわくかりき。とかうしてもつこれくわくつくらざりしは、たいふしりへしたがひて、とかうからざるをもつてなり。〉


十一之八

顏淵死,子曰:「噫!天喪予!天喪予!」

がんゑんす。子曰く、あゝてんわれほろぼせり、てんわれほろぼせり。〉


十一之九

顏淵死,子哭之慟。從者曰:「子慟矣!」曰:「有慟乎?非夫人之爲慟而誰爲!」

〈顏淵す。これこくしてどうす。じゆうしやいはく、どうせり。いはどうするるか、ひとめにどうするにあらずして、しかしてたれためにせん。〉


十一之十

顏淵死,門人欲厚葬之,子曰:「不可。」門人厚葬之。子曰:「回也,視予猶父也,予不得視猶子也,非我也,夫二三子也。」

がんゑんす。もんじんあつこれほうむらんとほつす。子曰く、ふかなり。もんじんあつこれほうむる。子曰く、くわいることちゝのごとくせり、ることのごとくするをざるや、われあらざるなり、にさんしなり。〉


十一之十一

季路問事鬼神,子曰:「未能事人,焉能事鬼!」「敢問死?」曰:「未知生,焉知死?」

きろきしんつかふるをふ、子曰く、いまひとつかふることあたはず、いづくんつかへん。いはく、あへふ。曰く、いませいらず、いづくんらん。〉


十一之十二

閔子侍側,誾誾如也;子路,行行如也;冉有、子貢,侃侃如也。子樂。「若由也,不得其死然!」

びんしかたはらす。ぎんぎんじよたり。しろかうじよたり。ぜんいうしこうかんじよたり。たのしむ。曰く、いうごときはしぜんざらん。〉


十一之十三

魯人爲長府。閔子騫曰:「仍舊貫,如之何?何必改作!」子曰:「夫人不言,言必有中。」

ろじんちやうふつくる。びんしけんいはく、きうくわんらばこれいかんなんかならずしもあらたつくらん。子曰く、ひとはず、へばかならあたる有り。〉


十一之十四

子曰:「由之鼓瑟,奚爲於丘之門?」門人不敬子路。子曰:「由也升堂矣,未入於室也!」

〈子曰く、いうしつするは、なんすれきうもんおいてせん。もんじんしろけいせず。子曰く、いうだうのぼれり。いましつらざるなり。〉


十一之十五

子貢問:「師與商也孰賢?」子曰:「師也過,商也不及。」曰:「然則師愈與?」子曰:「過猶不及。」

しこうふ、しやういづれかまされる。子曰く、ぎたり、しやうおよばず。しからばすなはまされるか。子曰く、ぎたるはおよばざるがごとし。〉


十一之十六

季氏富於周公,而求也爲之聚斂而附益之。子曰:「非吾徒也!小子鳴鼓而攻之,可也。」

きししうこうよりむ。きうこれためしうれんしてこれふえきす。子曰く、あらざるなり。せうしつゞみならしてこれめてなり。〉


十一之十七

柴也愚,參也魯,師也辟,由也喭。

さいしんへきいうがん。〉


十一之十八

子曰:「回也其庶乎,屢空。賜不受命,而貨殖焉;億則屢中。」

〈子曰く、くわいちかきか。しばしばむなし、めいけずして、くわしよくす、はかればすなはしばしばあたる。〉


十一之十九

子張問「善人」之道。子曰:「不踐跡,亦不入於室。」

しちやうぜんにんみちふ。子曰く、あとまざれども、またしつらず。〉


十一之二十

子曰:「論篤是與,君子者乎?色莊者乎?」

〈子曰く、ろんあつきにのみくみせば、くんししやか、しきさうしやか。〉


十一之二一

子路問:「聞斯行諸?」子曰:「有父兄在,如之何其聞斯行之!」冉有問:「聞斯行諸?」子曰:「聞斯行之。」公西華曰:「由也問:『聞斯行諸?』子曰:『有父兄在。』求也問:『聞斯行諸?』子曰:『聞斯行之。』赤也惑,敢問。」子曰:「求也退,故進之;由也兼人,故退之。」

しろ問ふ、くまゝにこれおこなはんか。子曰く、ふけいいまり、これいかんぞくまゝにこれおこなはんや。ぜんいうふ、きくまゝにこれおこなはんか。子曰く、くまゝにこれおこなへ。こうせいくわいはく、いうふ、きくまゝにこれおこなはんかと。子曰く、ふけいいまりと。きうきくまゝにこれおこなはんかと。子曰く、聞くまゝに斯れ之を行へと。せきまどふ、あへふ。子曰く、きうしりぞく。ゆゑこれすゝむ。いうひとぬ、ゆゑこれしりぞく。〉


十一之二二

子畏於匡,顏淵後。子曰:「吾以女爲死矣!」曰:「子在,回何敢死!」

きやうす。がんゑんおくれたり。子曰く、なんぢもつせりとせり。いはく、いませり。くわいなんあへせん。〉


十一之二三

季子然問:「仲由冉求可謂大臣與?」子曰:「吾以子爲異之問,曾由與求之問?所謂大臣者,以道事君,不可則止。今由與求也,可謂具臣矣。」曰:「然則從之者與?」子曰:「弒父與君,亦不從也。」

きしぜんふ。ちういうぜんきうだいじんふべきか。子曰く、もつことなるのとひす。すなはいうきうとのひか。いはゆるだいじんとは、みちもつきみつかふ、ふかなればすなはむ。いまいうきうとは、ぐしんきなり。いはく、しからばすなはこれしたがもの。子曰く、ちゝきみとをしいせば、またしたがはざるなり。〉


十一之二四

子路使子羔爲費宰。子曰:「賊夫人之子。」子路曰:「有民人焉,有社稷焉,何必讀書,然後爲學?」子曰:「是故惡夫佞者。」

しろしかうをしてさいたらしむ。子曰く、ひとそこなふ。しろいはく、みんじん有り。しやしよくり、なんかならずしもしよみて、しかのちまなびたりとさん。子曰く、ゆゑねいしやにくむ。〉


十一之二五

子路、曾皙、冉有、公西華侍坐。子曰:「以吾一日長乎爾,毋吾以也。居則曰:『不吾知也。』如或知爾,則何以哉?」子路率爾而對,曰:「千乘之國,攝乎大國之閒,加之以師旅,因之以饑饉,由也爲之,比及三年,可使有勇,且知方也。」夫子哂之。「求,爾何如?」對曰:「方六七十,如五六十,求也爲之,比及三年,可使足民;如其禮樂,以俟君子。」「赤,爾何如?」對曰:「非曰能之,願學焉!宗廟之事,如會同,端章甫,願爲小相焉。」「點,爾何如?」鼓瑟希,鏗爾,舍瑟而作;對曰:「異乎三子者之撰。」子曰:「何傷乎!亦各言其志也。」曰:「莫春者,春服既成;冠者五六人,童子六七人。浴乎沂,風乎舞雩,詠而歸。」夫子喟然歎曰:「吾與點也!」三子者出,曾皙後。曾皙曰:「夫三子者之言何如?」子曰:「亦各言其志也已矣。」曰:「夫子何哂由也?」曰:「爲國以禮,其言不讓,是故哂之。」「唯求則非邦也與?」「安見方六七十,如五六十,而非邦也者!」「唯赤則非邦也與?」「宗廟會同,非諸侯而何?赤也爲之小,孰能爲之大!」

しろそうせきぜんいうこうせいくわじざす。子曰く、いちじつなんぢよりちやうぜるをもつて、われもつてするなかれ。ればすなはふ、われらざるなりと、あるひなんぢらば、すなはなにもつてせんや。しろそつじとしてこたふ。いはく、せんじようくにたいこくあひだせつし、これくはふるに師旅をもつてし、これるにききんもつてす。いうこれをさめば、さんねんおよころほひ、ゆうはうらしむべきなり。ふうしこれわらふ。きうなんぢいかんこたへていはく、はう六七十、しくは五六十。きうこれをさめば、さんねんおよころほひ、たみらしむし。れいがくごときは、もつくんしまたん。せきなんぢいかんこたへていはく、これくすとふにあらざれども、ねがはくはまなばん、そうべうことしくはくわいどうには、たんしやうほして、ねがはくはせうしやうたらん。てんなんぢいかんしつすることみて、かうじとしてしつきてつ。こたへていはく、さんししやせんことなり。子曰く、なんいたまん、またおのこゝろざしふ。いはく、ぼしゆんにはしゆんぷくすでり、くわんじや五六人、どうし六七人、よくし、ぶうふうし、えいじてかへらん。ふうしきぜんとしてたんじて曰く、われてんくみせん。さんししやづ。そうせきおくる。そうせきいはく、さんししやげんいかん。子曰く、またおのこゝろざしふのみ。いはく、ふうしなんいうわらふや。曰く、くにをさむるにはれいもつてす。そのげんゆづらず。ゆゑこれわらふ。たゞきうすなはくにあらざるいづくんぞはう六七十しくは五六十にしてくにあらざるものん。たゞせきすなはくにあらざるか。そうべうくわいどうしよこうあらずしてなんぞ。せきれがせうたらば、れかれがだいたらん。〉