論語 (漢文叢書)/泰伯第八

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


泰伯たいはく第八


八之一

子曰:「泰伯,其可謂至德也已矣!三以天下讓,民無得而稱焉。」

〈子曰く、泰伯たいはく至德しとくきのみ。たび天下てんかもつゆづり、たみしようすることなし。〉


八之二

子曰:「恭而無禮則勞,愼而無禮則葸,勇而無禮則亂,直而無禮則絞。君子篤於親,則民興於仁。故舊不遺,則民不偷。」

〈子曰く、きようにしてれいなければ、すなはらうす。しんにしてれいなければ、すなはす、ゆうにして禮なければ、則ちらんす。ちよくにして禮なければ、則ちかうす。君子くんししんあつければ、則ちたみじんおこる。故舊こきうわすれざれば、則ちたみうすからず。〉


八之三

曾子有疾,召門弟子曰:「啟予足!啟予手!詩云:『戰戰兢兢,如臨深淵,如履薄冰。』而今而後,吾知免夫!小子!」

曾子そうしやまひり、門弟もんていして、曰く、あしひらけ、ひらけ。に云ふ、戰戰せんせん兢兢きようきよう深淵しんゑんのぞむがごとく、薄冰はくひようむがごとしと。而今じこん而後じごまぬかるゝを知るかな小子せうし。〉


八之四

曾子有疾,孟敬子問之。曾子言曰:「鳥之將死,其鳴也哀,人之將死,其言也善。君子所貴乎道者三:動容貌,斯遠暴慢矣;正顏色,斯近信矣;出辭氣,斯遠鄙倍矣;籩豆之事,則有司存。」

曾子そうしやまひり、孟敬子まうけいし之をふ。曾子そうしふ、曰くとりまさなんとするとき、其のくやかなし、人のまさなんとするとき、其のげんしと。君子くんしみちたふとところものみつ容貌ようぼううごかして、こゝ暴慢ばうまんとほざかり、顏色がんしよくただしくして、こゝしんちかづき、辭氣じきいだしてこゝ鄙倍ひばいとほざかる。籩豆へんとうの事は、すなは有司いうしそんせり。〉


八之五

曾子曰:「以能問於不能,以多問於寡,有若無,實若虛,犯而不校。昔者吾友,嘗從事於斯矣。」

曾子そうし曰く、のうを以て不能ふのうひ、おほきを以てすくなきにひ、れどもきがごとくし、つれどもむなしきがごとくし、おかさるゝもからず。昔者むかしともかつこゝ從事じゆうじせり。〉


八之六

曾子曰:「可以託六尺之孤,可以寄百里之命,臨大節而不可奪也。君子人與?君子人也!」

曾子そうしいはく、以て六しやくたくく、もつて百めいし、大節たいせつのぞんで、うばからざるなり、君子人くんしじんか、君子人くんしじんなり。〉


八之七

曾子曰:「士不可以不弘毅,任重而道遠。仁以爲己任,不亦重乎;死而後已,不亦遠乎。」

曾子そうし曰く、以て弘毅こうきならざるからず、にんおもくしてみちとほし、じんもつおのにんとなす、またおもからずや、してのちむ、またとほからずや。〉


八之八

子曰:「興於詩,立於禮,成於樂。」

〈子曰く、おこり、れいち、がくる。〉


八之九

子曰:「民可使由之,不可使知之。」

〈子曰く、たみこれ使し、之を使からず。〉


八之十

子曰:「好勇疾貧,亂也。人而不仁,疾之已甚,亂也。」

〈子曰く、ゆうこのみてひんにくむはらんなり、人として不仁ふじんなる、これにく已甚はなはだしきはらんなり。〉


八之十一

子曰:「如有周公之才之美,使驕且吝,其餘不足觀也已!」

〈子曰く、周公しうこうさいるも、けうりんならしめば、其るにらざるのみ。〉


八之十二

子曰:「三年學,不至於穀,不易得也。」

〈子曰く、三年まなびて、こくいたらざるは、やすからざるのみ。〉


八之十三

子曰:「篤信好學,守死善道。危邦不入,亂邦不居。天下有道則見,無道則隱。邦有道,貧且賤焉,恥也;邦無道,富且貴焉,恥也。」

〈子曰く、あつしんじてがくこのみ、まもりてみちくし、危邦きはうに入らず、亂邦らんはうにはらず。天下てんかみち有ればすなはあらはし、みち無ければすなはかくす。くにみちりて、ひんせんなるははぢなり。くにみちくして、たふときははぢなり。〉


八之十四

子曰:「不在其位,不謀其政。」

〈子曰く、其位そのくらゐらざれば、其政そのまつりごとはからず。〉


八之十五

子曰:「師摯之始,關雎之亂,洋洋乎,盈耳哉!」

〈子曰く、師摯ししはじめは、關雎くわんしよらん洋洋乎やうやうことしてみみてるかな。〉


八之十六

子曰:「狂而不直,侗而不愿,悾悾而不信,吾不知之矣!」

〈子曰く、きやうにしてちよくならず、とうにしてげんならず、悾悾こうこうにしてしんならずんば、れをらず。〉


八之十七

子曰:「學如不及,猶恐失之。」

〈子曰く、がくは及ばざるが如くするも、これうしなはんことをおそる。〉


八之十八

子曰:「巍巍乎,舜、禹之有天下也,而不與焉。」

〈子曰く、巍巍乎ぎぎこたり、舜禹しゆんう天下てんかたもつや。しかしてあづからず。〉


八之十九

子曰:「大哉,堯之爲君也!巍巍乎,唯天爲大,唯堯則之!蕩蕩乎,民無能名焉!巍巍乎,其有成功也!煥乎,其有文章!」

〈子曰く、だいなるかなげうきみたるや、巍巍乎ぎぎことして、ただてんだいす。ただげうこれのつとる。蕩蕩乎たうたうことしてたみづくるし。巍巍乎ぎぎことして其の成功せいこうるや、煥乎くわんことして文章ぶんしやうあり。〉


八之二十

舜有臣五人,而天下治。武王曰:「予有亂臣十人。」孔子曰:「『才難』,不其然乎?唐虞之際,於斯爲盛,有婦人焉,九人而已。三分天下有其二,以服事殷、周之德,其可謂至德也已矣!」

しゆんしんにんり、しかして天下てんかをさまる。武王ぶわう曰く、亂臣らんしん十人り、こう子曰く、さいかたしと。しからざらんや。唐虞たうぐさいこゝおいさかんなりとせど、婦人ふじんり、九にんのみ。天下てんかを三ぶんして、其二をたもち、以ていん服事ふくじす。しうとくは、至德しとくきのみ。〉


八之二一

子曰:「禹,吾無間然矣!菲飮食,而致孝乎鬼神;惡衣服,而致美乎黻冕;卑宮室,而盡力乎溝洫。禹,吾無間然矣!」

〈子曰く、間然かんぜんすることし、飮食いんしよくうすくして、しかしてかう鬼神きしんいたす、衣服いふくしくして、黻冕ふつべんいたし、宮室きうしつひくうして、しかしてちから溝洫こうきよくつくす、間然かんぜんすることし。〉