論語 (漢文叢書)/述而第七

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


卷之四

じゆつじ第七


七之一

子曰:「述而不作,信而好古,竊比於我老彭。」

〈子曰く、べてつくらず、しんじていにしへこのむ。ひそからうはうす。〉


七之二

子曰:「默而識之,學而不厭,誨人不倦,何有於我哉?」

〈子曰く、もくして之れをるし、まなんでいとはず、人ををしへてまず。なにわれらん。〉


七之三

子曰:「德之不修,學之不講,聞義不能徙,不善不能改,是吾憂也。」

〈子曰く、とくをさまらざる、がくかうぜざる、きてうつあたはざる、ふぜんあらたむるあたはざる、うれひなり。〉


七之四

子之燕居,申申如也,夭夭如也。

えんきよしんじよたり、えうようじよたり。〉


七之五

子曰:「甚矣吾衰也!久矣,吾不復夢見周公!」

〈子曰く、はなはだしきかなおとろへたるや、ひさしきかなゆめしうこうず。〉


七之六

子曰:「志於道,據於德,依於仁,游於藝。」

〈子曰く、みちこゝろざし、とくり、じんり、げいあそぶ。〉


七之七

子曰:「自行束脩以上,吾未嘗無誨焉!」

〈子曰く、そくしうおこなふよりいじやうは、いまかつをしくんばあらず。〉


七之八

子曰:「不憤不啟;不悱不發;擧一隅不以三隅反,則不復也。」

〈子曰く、ふんせざればけいせず、せざればはつせず、一ぐうげて三ぐうを以てはんせざれば、すなはたせざるなり。〉


七之九

子食於有喪者之側,未嘗飽也。子於是日哭,則不歌。

〈子あるものかたはらしよくすれば、いまかつかざるなり。子の日においこくすれば、すなはうたはず。〉


七之十

子謂顏淵曰:「用之則行,舍之則藏。惟我與爾有是夫!」子路曰:「子行三軍,則誰與?」子曰:「暴虎馮河,死而無悔者,吾不與也。必也臨事而懼,好謀而成者也。」

がんゑんひて曰く、之れをもちふればすなはおこなひ、之れをけばすなはかくる。たゞわれなんぢるか。しろ曰く、ぐんらば、すなはたれともにせん。子曰く、ばうこひようかし、してゆることなきものは、ともにせざるなり。かならずやことのぞんでおそれ、はかりごとこのんでものなり。〉


七之十一

子曰:「富而可求也,雖執鞭之士,吾亦爲之;如不可求,從吾所好。」

〈子曰く、とみにしてもとむ可くんば、しつべんいへども、また之れをさん、し求む可からずんば吾がこのむ所にしたがはん。〉


七之十二

子之所愼:齊,戰,疾。

つゝしところさいせんしつ。〉


七之十三

子在齊聞韶,三月不知肉味,曰:「不圖爲樂之至於斯也!」

せいり、せうくこと三ぐわつにくあぢはひらず。曰く、がくすのこゝいたるをはからざるなり。〉


七之十四

冉有曰:「夫子爲衞君乎?」子貢曰:「諾,吾將問之」。入曰:「伯夷叔齊,何人也?」曰:「古之賢人也。」曰:「怨乎?」曰:「求仁而得仁,又何怨?」出,曰:「夫子不爲也。」

ぜんいう曰く、ふうしゑいくんたすけんか。しこう曰く、だくまさに之れをはんとす。入りて曰く、はくいしゆくせいなにびとぞ。曰くいにしへけんじんなり。曰くうらみたるか。曰くじんもとめてじんたり、またなんうらみんや。でて曰く、夫子はたすけざるなり。〉


七之十五

子曰:「飯疏食,飮水,曲肱而枕之,樂亦在其中矣。不義而富且貴,於我如浮雲。」

〈子曰く、そしくらひ、みづみ、ひぢげて之れをまくらとす。たのしまたうちり。ふぎにしてたふときは、われおいふうんの如し。〉


七之十六

子曰:「加我數年,五十以學易,可以無大過矣。」

〈子曰く、われすうねんし、つひに以てえきまなばしめば、以てたいくわかるし。〉


七之十七

子所雅言:「詩、書、執禮,皆雅言也。」

がげんするところししよしつれいみながげんなり。〉


七之十八

葉公問孔子於子路,子路不對。子曰:「女奚不曰:『其爲人也,發憤忘食,樂以忘憂,不知老之將至云爾。』」

せふこうこうししろふ。子路こたへず。子曰く、なんぢなんぞ、其の人とりやいきどほりはつしてしよくわすれ、たのしんで以てうれへわすれ、おいまさいたらんとするを知らず、しかりと曰はざるや。〉


七之十九

子曰:「我非生而知之者,好古,敏以求之者也。」

〈子曰く、うまれながらにして之れをものあらず。いにしへこのみてもつて之れをもとめたる者なり。〉


七之二十

子不語:怪、力、亂、神。

くわいりよくらんしんかたらず。〉


七之二一

子曰:「三人行,必有我師焉。擇其善者而從之;其不善者而改之。」

〈子曰く、三人行けば、かなら。其のぜんなる者をえらんで之れにしたがひ、其のぜんならざるものをば之れをあらたむ。〉


七之二二

子曰:「天生德於予,桓魋其如予何!」

〈子曰く、てんとくわれせり。くわんたい其れわれいかにせん。〉


七之二三

子曰:「二三子,以我爲隱乎?吾無隱乎爾!吾無行而不與二三子者,是丘也。」

〈子曰く、二三われもつかくすとすか。われかくすこときのみ。おこなふとして二三子とともにせざるものし。きうなり。〉


七之二四

子以四敎:文、行、忠、信。

よつを以てをしふ、ぶんかうちうしん。〉


七之二五

子曰:「聖人,吾不得而見之矣!得見君子者,斯可矣。」子曰:「善人,吾不得而見之矣!得見有恆者,斯可矣。亡而爲有,虛而爲盈,約而爲泰,難乎有恆矣!」

〈子曰く、せいじんて之をず、くんししやるをこゝなり。子曰く、ぜんにんをばて之をず、つねある者をるをこゝなり、くしてりとし、むなしうしてみてりとし、やくにしておごれりとさば、つねあることかたし。〉


七之二六

子釣而不綱,弋而不射宿。

つりしてかうせず。よくしてやどれるをず。〉


七之二七

子曰:「蓋有不知而作之者,我無是也。多聞,擇其善者而從之,多見而識之,知之次也。」

〈子曰く、けだらずしてこれものらん、われきなり。おほき、其のぜんしやえらんで之にしたがひ、おほて之をるす。るのつぎなり。〉


七之二八

互鄕難與言。童子見,門人惑。子曰:「與其進也,不與其退也。唯何甚?人潔己以進,與其潔也,不保其往也!」

ごきやうともがたし、どうじまみゆ、もんじんまどふ、子曰く、其のすすむをゆるす、其のしりぞくをゆるさざるなり。たゞなんはなはだしきや、ひとおのれいさぎよくしてもつすゝむ、其いさぎよきをゆるす、其のわうせざるなり。〉


七之二九

子曰:「仁遠乎哉?我欲仁,斯仁至矣。」

〈子曰く、じんとほからんや。じんほつせば、こゝじんいたる。〉


七之三十

陳司敗問:「昭公知禮乎?」孔子對曰:「知禮。」孔子退,揖巫馬期而進之,曰:「吾聞君子不黨,君子亦黨乎?君取於吳爲同姓,謂之吳孟子。君而知禮,孰不知禮?」巫馬期以吿。子曰:「丘也幸,苟有過,人必知之。」

ちんしはいふ、せうこうれいれるか。こうしこたへて曰く、れいを知れりと。孔子しりぞく。ふばきいふして之をすゝめて、曰く、く、くんしたうせずと。君子もまたたうするか、きみめとり、どうせいたり、之をごまうしふ。きみにしてれいらば、いづれれいらざらん。ふばきもつぐ、子曰く、きうさいはひなり。いやしくあやまちれば、ひとかならず之をる。〉


七之三一

子與人歌而善,必使反之,而後和之。

ひとともうたひてければ、かならず之れをかへさしめて、しかのちれにす。〉


七之三二

子曰:「文,莫吾猶人也;躬行君子,則吾未之有得!」

〈子曰く、ぶんばくひとのごときなり。くんしきうかうす、すなはいまれをらざるなり。〉


七之三三

子曰:「若聖與仁,則吾豈敢?抑爲之不厭,誨人不倦,則可謂云爾已矣!」公西華曰:「正唯弟子不能學也!」

〈子曰く、せいじんとのごときは、すなはあへてせんや。そもそこれしていとはず、ひとをしへてまざるは、すなはしかりときのみ。こうせいくわ曰く、まさしかりていしまなあたはざるなり。〉


七之三四

子疾病,子路請禱。子曰:「有諸?」子路對曰:「有之。誄曰:『禱爾于上下神祇。』子曰:「丘之禱久矣!」

みてへいす。しろいのらんとふ。子曰く、これりや。しろこたへて曰く、り。るゐに曰く、じやうかしんぎとうじす。子曰く、きういのることひさし。〉


七之三五

子曰:「奢則不孫,儉則固;與其不孫也,甯固。」

曰く、しやなればすなはふそんけんなればすなは。其のふそんならんりは、むしなれ。〉


七之三六

子曰:「君子坦蕩蕩,小人長戚戚。」

〈子曰く、くんしたんにしてたうたうせうじんながせきせき。〉


七之三七

子溫而厲,威而不猛,恭而安。

をんにしてれいにしてたけからず、きようにしてやすし。〉