論語 (漢文叢書)/子罕第九

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


卷之五

しかん第九


九之一

子罕言利,與命與仁。

まれふ。めいともにしじんともにす。〉


九之二

達巷黨人曰:「大哉孔子!博學而無所成名。」子聞之,謂門弟子曰:「吾何執?執御乎?執射乎?吾執御矣!」

たつかうとうじん曰く、だいなるかなこうしはくがくにしてところなし。これもんていしひて曰く、なにをからん。ぎよらんか、しやらんか、れはぎよらん。〉


九之三

子曰:「麻冕,禮也;今也純,儉,吾從衆。拜下,禮也;今拜乎上,泰也。雖違衆,吾從下。」

〈子曰く、まべんれいなり、いまじゆんけんわれしうしたがはん。しもはいするはれいなり、いまかみはいするはたいなり。しうたがふといへども、われしもしたがはん。〉


九之四

子絕四:「毋意,毋必,毋固,毋我。」

〈子四を絕つ。く、ひつく、く、し。〉


九之五

子畏於匡。曰:「文王既沒,文不在茲乎?天之將喪斯文也,後死者,不得與於斯文也。天之未喪斯文也,匡人其如予何?」

きやうす。曰く、ぶんわうすでぼつしたれども、ぶんここらざるか。てんまさこのぶんほろぼさんとするや、こうししやこのぶんあづかるをざるなり、てんいまこのぶんほろぼささるや、きやうひとわれいかにせん。〉


九之六

大宰問於子貢曰:「夫子聖者與?何其多能也?」子貢曰:「固天縱之將聖,又多能也。」子聞之曰:「大宰知我乎!吾少也賤,故多能鄙事。君子多乎哉?不多也!」

だいさいしこうふ、いはく、ふうしせいじやか、なんたのうなる。しこういはく、もとよりてんこれゆるまさせいならんとして、またたのうなり。これいて、曰く、だいさいわれるか。わかくしてせんゆゑひじたのうなり。くんしならんや、ならざるなり。〉


九之七

牢曰:「子云:『吾不試,故藝。』」

らういはく、云ふ、もちひられず、ゆゑげいあり。〉


九之八

子曰:「吾有知乎哉?無知也。有鄙夫問於我,空空如也,我扣其兩端而竭焉。」

〈子曰く、らんや、きなり。ひふり、われふ、くうくうじよたり、われそのりやうたんひらきてくせり。〉


九之九

子曰:「鳳鳥不至,河不出圖,吾已矣夫!」

〈子曰く、ほうてういたらず、ださず、やんぬるかな。〉


九之十

子見齊衰者,冕衣裳者,與瞽者,見之,雖少必作,過之必趨。

しさいしやべんいしやうしやこしやとは、これれば、わかしといへどかならつ、これすぐればかならはしる。〉


九之十一

顏淵喟然歎曰:「仰之彌高,鑽之彌堅,瞻之在前,忽焉在後!夫子循循然善誘人:博我以文,約我以禮。欲罷不能,既竭吾才,如有所立卓爾,雖欲從之,末由也已!」

がんゑんきぜんとしてたんじて曰く、これあふげばいよたかく、これればいよかたし、これればまへり、こつえんとしてしりへり、ふうしじゆんじゆんぜんとしてひといざなひ、われひろむるにぶんもつてし、我をやくするにれいもつてす、めんとほつすれどもあたはず、すでさいつくせり、ところつてたくじたるがごとし、これしたがはんとほつすといへども、きのみ。〉


九之十二

子疾病,子路使門人爲臣。病間,曰:「久矣哉,由之行詐也!無臣而爲有臣,吾誰欺?欺天乎?且予與其死於臣之手也,無寧死於二三子之手乎!且予縱不得大葬,予死於道路乎?」

みてへいす、しろもんじんをしてしんたらしむ。びやうかんいはく、ひさしいかな、いうおこなふや、しんくして、しかしてしんりとす。たれをかあざむかん、てんあざむかんや。しんなんりは、むしろにさんしなん、たとたいさうざるもれはだうろなんや。〉


九之十三

子貢曰:「有美玉於斯,韞櫝而藏諸?求善賈而沽諸?」子曰:「沽之哉!沽之哉!我待賈者也!」

しこういはく、こゝびぎよくらば、ひつつゝみてざうせんか、ぜんこもとめてらんか。子曰く、これらんかな、これらんかな、われものなり。〉


九之十四

子欲居九夷。或曰:「陋,如之何?」子曰:「君子居之,何陋之有?」

きういらんとほつす。あるひといはく、ろうなり、これいかにせん。子曰く、くんしこれらば、なんろうか之れらん。〉


九之十五

子曰:「吾自衞反魯,然後樂正,雅頌各得其所。」

〈子曰く、ゑいよりへり、しかのちがくただしく、がしようおのおのそのところたり。〉


九之十六

子曰:「出則事公卿,入則事父兄,喪事不敢不勉,不爲酒困,何有於我哉?」

〈子曰く、でてはすなはこうけいつかへ、りてはすなはふけいつかへ、ことへてつとめずんばあらず、さけくるしみさず。いづくんかわれらんや。〉


九之十七

子在川上曰:「逝者如斯夫!不舍晝夜。」

〈子川の上に在りて、曰く、く者はかくの如きか。晝夜をかず。〉


九之十八

子曰:「吾未見好德如好色者也。」

〈子曰く、いまとくこのむこといろこのむがごとくなるものざるなり。〉


九之十九

子曰:「譬如爲山,未成一簣,止,吾止也!譬如平地,雖覆一簣,進,吾往也!」

〈子曰く、たとへばやまつくるがごとし。いまいつきさずして、むはむなり。たとへばたひらかにするがごとし。いつきくつがへすといへども、すゝむはくなり。〉


九之二十

子曰:「語之而不惰者,其回也與!」

〈子曰く、これげて、しかうしておこたらざるものは、かいなるか。〉


九之二一

子謂顏淵,曰:「惜乎!吾見其進也,未見其止也!」

がんゑんつて曰く、しいかなすゝむをるなり。いまむをざるなり。〉


九之二二

子曰:「苗而不秀者,有矣夫!秀而不實者,有矣夫!」

〈子曰く、なへにしてひいでざるものるかな、ひいでてみのらざるものるかな。〉


九之二三

子曰:「後生可畏,焉知來者之不如今也?四十五十而無聞焉,斯亦不足畏也已!」

〈子曰く、こうせいおそし、いづくんらいしやいまごとくならざるをらん。四十五十、しかうしてきこゆるくば、またおそるゝにらざるのみ。〉


九之二四

子曰:「法語之言,能無從乎!改之爲貴。巽與之言,能無說乎?繹之爲貴。說而不繹,從而不改,吾末如之何也已矣!」

〈子曰く、はふごげんは、したがからんや。これあらたむるをたふとしとす。そんよげんは、よろこからんや。これたづぬるをたふとしとす。よろこんでたづねず、したがつてあらためず。これいかんともするきのみ。〉


九之二五

子曰:「主忠信,毋友不如己者,過則勿憚改。」

〈子曰く、ちうしんしゆとせよ、おのれかざるものともとするなかれ、あやまつてはすなはあらたむるにはゞかなかれ。〉


九之二六

子曰:「三軍可奪帥也,匹夫不可奪志也。」

〈子曰く、さんぐんすゐうばきなり。ひつぷこゝろざしうばからざるなり。〉


九之二七

子曰:「衣敝縕袍,與衣狐貉者立,而不恥者,其由也與!『不忮不求,何用不臧?』子路終身誦之。子曰:「是道也,何足以臧?」

〈子曰く、やぶれたるうんぱうこかくものちて、ぢざるものは、いうなるか。そこなはずもとめず、なにつてよからざらん。しろしゆうしんこれしようす。子曰く、みちや、なんもつよしとするにらん。〉


九之二八

子曰:「歲寒,然後知松柏之後彫也。」

〈子曰く、としさむくして、しかのちしようはくのちしぼむをるなり。〉


九之二九

子曰:「智者不惑,仁者不憂,勇者不懼。」

〈子曰く、ちしやまどはず、じんしやうれへず、ゆうしやおそれず。〉


九之三十

子曰:「可與共學,未可與適道;可與適道,未可與立;可與立,未可與權。」

〈子曰く、ともまなきも、いまともみちからず。ともみちきも、いまともからず。ともきも、いまともけんからず。〉


九之三一

「唐棣之華,偏其反而;豈不爾思?室是遠而」。子曰:「未之思也,夫何遠之有?」

たうていはなは、へんとしてはんせり、なんぢおもはざらんや、しつとほし。子曰く、いまこれおもはざるなるか、なんとほきからん。〉