論語 (漢文叢書)/憲問第十四

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


けんもん第十四


十四之一

憲問「恥」。子曰:「邦有道,穀;邦無道,穀,恥也。」

けんはぢふ。子曰く、くにみちあればこくす。くにみちくしてこくするははぢなり。〉


十四之二

「克、伐、怨、欲,不行焉,可以爲仁矣?」子曰:「可以爲難矣,仁則吾不知也。」

こくばつゑんよくおこなはれずんば、もつじんきか。子曰く、もつかたしとすべし。じんすなはわれらざるなり。〉


十四之三

子曰:「士而懷居,不足以爲士矣!」

〈子曰く、にしてきよおもへば、もつすにらず。〉


十四之四

子曰:「邦有道,危言危行;邦無道,危行言孫。」

〈子曰く、くにみちあれば、げんあやふうしおこなひあやふうす。くにみちなければ、おこなひあやふうしげんしたがふ。〉


十四之五

子曰:「有德者必有言,有言者不必有德。仁者必有勇,勇者不必有仁。」

〈子曰く、とくあるものは、かならげんあり。げんあるものは、かならずしもとくらず。じんしやかならゆうり。ゆうしやかならずしもじんらず。〉


十四之六

南宮适問於孔子曰:「羿善射,奡盪舟,俱不得其死然。禹稷躬稼而有天下。」夫子不答。南宮适出,子曰:「君子哉若人!尙德哉若人!」

なんきうかつこうしふ。いはく、げいしやくし、がうふねくつがへす、ともそのしぜんず、うしよくみづかして、てんかたもつと。ふうしこたへず。なんきうかつづ。子曰く、くんしなるかなかくのごとひととくたふとぶかなかくのごとひと。〉


十四之七

子曰:「君子而不仁者有矣夫!未有小人而仁者也!」

〈子曰く、くんしにしてふじんなるものらんか。いませうじんにしてじんなるものあらざるなり。〉


十四之八

子曰:「愛之,能勿勞乎?忠焉,能勿誨乎?」

〈子曰く、れをあいす、らうせしむるからんや。ちうす、をしふるからんや。〉


十四之九

子曰:「爲命,裨諶草創之,世叔討論之,行人子羽修飾之,東里子產潤色之。」

〈子曰く、めいつくる、ひじんこれさうさうし、せいしゆくこれたうろんし、かうじんしうこれしうしよくし、たうりしさんこれじゆんしよくす。〉


十四之十

或問子產,子曰:「惠人也。」問子西。曰:「彼哉彼哉!」問管仲。曰:「人也,奪伯氏騈邑三百,飯疏食,沒齒,無怨言。」

あるひとしさんふ、子曰く、けいじんなり。しせいふ、曰く、れをやれをや。くわんちうふ、曰く、ひとや、はくしべんいう三百をうばひ、そしくらひ、よはひぼつするまで、ゑんげん無し。〉


十四之十一

子曰:「貧而無怨,難;富而無驕,易。」

〈子曰く、ひんにしてうらむるなきはかたく、みておごるなきはやすし。〉


十四之十二

子曰:「孟公綽,爲趙、魏老則優,不可以爲滕、薛大夫。」

〈子曰く、まうこうしやくは、てうぎらうればすなはいうなり、もつとうせつたいふからざるなり。〉


十四之十三

子路問成人。子曰:「若臧武仲之知,公綽之不欲,卞莊子之勇,冉求之藝,文之以禮樂,亦可以爲成人矣!」曰:「今之成人者,何必然?見利思義,見危授命,久要不忘平生之言,亦可以爲成人矣!」

しろせいじんふ、子曰く、ざうぶちうこうしやくふよくべんさうしゆうぜんきうげいごとくして、これかざるにれいがくもつてせば、またもつせいじんし。曰く、いませいじんは、なんかならずしもしからん。おもひ、あやふきめいさづけ、きうえうへいぜいげんわすれずんば、またもつせいじんすべし。〉


十四之十四

子問公叔文子於公明賈,曰:「信乎?夫子不言不笑不取乎?」公明賈對曰:「以吿者過也!夫子時然後言,人不厭其言;樂然後笑,人不厭其笑;義然後取,人不厭其取。」子曰:「其然!豈其然乎?」

こうしゆくぶんしこうめいかふ、曰く、まことなるか、ふうしはずわらはずらざるか。こうめいかこたへていはく、もつぐるものあやまてるなり、ふうしときにしてしかのちふ、ひとの言ふをいとはず。たのしみてしかのちわらふ、ひとわらひいとはず。にしてしかのちる、ひとるをいとはず。子曰く、しかり、しからんや。〉


十四之十五

子曰:「臧武仲以防,求爲後於魯,雖曰不要君,吾不信也。」

〈子曰く、ざうぶちうばうもつて、のちすをもとむ、きみえうせずとふといへども、われしんぜざるなりと。〉


十四之十六

子曰:「晉文公譎而不正,齊桓公正而不譎。」

〈子曰く、しんぶんこういつはりてただしからず、せいくわんこうただしうしていつはらず。〉


十四之十七

子路曰:「桓公殺公子糾,召忽死之,管仲不死。」曰:「未仁乎?」子曰:「桓公九合諸侯,不以兵車,管仲之力也。如其仁!如其仁!」

しろいはく、くわんこうこうしきうころす、せうこつこれす、くわんちうせず、いはく、いまじんならざるか。子曰く、くわんこうしよこうきうがふするに、へいしやもつてせず、くわんちうちからなり、そのじんしかんや、そのじんしかんや。〉


十四之十八

子貢曰:「管仲非仁者與?桓公殺公子糾,不能死,又相之。」子曰:「管仲相桓公,霸諸侯,一匡天下,民到于今受其賜;微管仲,吾其被髮左衽矣!豈若匹夫匹婦之爲諒也,自經於溝瀆,而莫之知也!」

しこういはく、くわんちうじんしやあらざるか、くわんこうこうしきうころす、するあたはず、またこれたすく。子曰く、くわんちうくわんこうたすけて、しよこうたらしめ、てんかいつきようす。たみいまいたるまでたまものく。くわんちうなかりせば、われかみかうむじんひだりにせん。ひつぷひつぷまことす、みづかこうとくくびれて、これきがごとくならんや。〉


十四之十九

公叔文子之臣大夫僎,與文子同升諸公。子聞之曰:「可以爲文矣!」

こうしゆくぶんししんたいふせんぶんしおなじくこうのぼる。これき、曰く、もつぶんし。〉


十四之二十

子言衞靈公之無道也。康子曰:「夫如是,奚而不喪?」孔子曰:「仲叔圉治賓客,祝鮀治宗廟,王孫賈治軍旅。夫如是,奚其喪?」

ゑいれいこうむだうふ、かうしいはく、かくごとくんば、いづくんほろびざる。こうし曰く、ちうしゆくぎよひんかくをさめ、しゆくだそうべうをさめ、わうそんかぐんりよをさむ、かくごとし、いづくんほろびん。〉


十四之二一

子曰:「其言之不怍,則爲之也難!」

〈子曰く、これうてはぢず、すなはこれかたし。〉


十四之二二

陳成子弒簡公。孔子沐浴而朝,吿於哀公曰:「陳恆弒其君,請討之。」公曰:「吿夫三子。」孔子曰:「以吾從大夫之後,不敢不吿也!君曰:『吿夫三子』者!」之三子吿,不可。孔子曰:「以吾從大夫之後,不敢不吿也!」

ちんせいしかんこうしいす。こうしもくよくしててうし、あいこうげて、曰く、ちんこうそのきみしいす、これたん。こういはく、さんしげよ、こうし曰く、われたいふしりへしたがふをもつて、あへげずんばあらず。きみいはく、さんししやげよと。さんしきてぐ。かず。こうしのたまはく、われたいふしりへしたがふをもつて、あへげずんばあらざるなり。〉


十四之二三

子路問事君,子曰:「勿欺也,而犯之。」

しろきみつかふるをふ。子曰く、欺く勿れ、而して之をおかせ。〉


十四之二四

子曰:「君子上達,小人下達。」

〈子曰く、くんしじようたつし、せうじんかたつす。〉


十四之二五

子曰:「古之學者爲己,今之學者爲人。」

〈子曰く、いにしへがくしやおのれためにし、いまがくしやひとためにす。〉


十四之二六

蘧伯玉使人於孔子,孔子與之坐而問焉。曰:「夫子何爲?」對曰:「夫子欲寡其過而未能也。」使者出。子曰:「使乎!使乎!」

きよはくぎよくひとこうしつかひす。こうしこれしてふ、曰く、ふうしなにをかす。こたへていはく、ふうしそのあやまちすくなくせんとほつして、いまあたはざるなりと。ししやづ。子曰く、つかひなるかな、つかひなるかな。〉


十四之二七

子曰:「不在其位,不謀其政。」

〈子曰く、そのくらゐらざれば、そのまつりごとはからず。〉


十四之二八

曾子曰:「君子思不出其位。」

そうしいはく、くんしおもふことそのくらゐでず。〉


十四之二九

子曰:「君子恥其言而過其行。」

〈子曰く、くんしそのげんそのおこなひぐるをづるなり。〉


十四之三十

子曰:「君子道者三,我無能焉:仁者不憂,知者不惑,勇者不懼。」子貢曰:「夫子自道也!」

〈子曰く、くんしみちなるものさんわれくするし、じんしやうれへず、ちしやまどはず、ゆうしやおそれず。しこういはく、ふうしみづかふなり。〉


十四之三一

子貢方人。子曰:「賜也,賢乎哉?夫我則不暇!」

しこうひとたくらぶ。子曰く、けんなるかな、われすなはいとまあらず。〉


十四之三二

子曰:「不患人之不己知,患其不能也。」

〈子曰く、ひとおのれらざるをうれへず、其のあたはざるをうれふ。〉


十四之三三

子曰:「不逆詐,不億不信,抑亦先覺者,是賢乎!」

〈子曰く、いつはりむかへず、ふしんおもんばからず、そもまたせんかくするものけんか。〉


十四之三四

微生畝謂孔子曰:「丘,何爲是栖栖者與?無乃爲佞也乎?」孔子曰:「非敢爲佞也,疾固也。」

びせいほこうしひていはく、きうなんせいたるものす、すなはねいからんか。こうし曰く、あへねいすにあらざるなり、にくめばなり。〉


十四之三五

子曰:「驥不稱其力,稱其德也。」

〈子曰く、はそのちからしようせず、そのとくしようするなり。〉


十四之三六

或曰:「以德報怨,何如?」子曰:「何以報德?以直報怨,以德報德。」

あるひといはく、とくもつうらみむくいば、いかんと。子曰く、なにもつとくむくいん。ちよくもつうらみむくい、とくもつとくむくいん。〉


十四之三七

子曰:「莫我知也夫!」子貢曰:「何爲其莫知子也?」子曰:「不怨天,不尤人,下學而上達,知我者,其天乎!」

〈子曰く、われきか、しこういはく、なんしとす。子曰く、てんうらみず、ひととがめず、かがくしてじようたつす、われものてんか。〉


十四之三八

公伯寮愬子路於季孫,子服景伯以吿,曰:「夫子固有惑志於公伯寮,吾力猶能肆諸市朝。」子曰:「道之將行也與,命也;道之將廢也與,命也。公伯寮其如命何?」

こうはくれうしろきそんうつたふ。しふくけいはくもつぐ。曰く、ふうしもとよりこうはくれうわくしり、ちからこれしてうさらさん。子曰く、みちまさおこなはれんとするやめいなり、みちの將にすたれんとするやめいなり、こうはくれうめいいかにせん。〉


十四之三九

子曰:「賢者辟世,其次辟地,其次辟色,其次辟言。」

〈子曰く、けんじやく、そのつぎく、そのつぎいろく、そのつぎげんく。〉


十四之四十

子曰:「作者七人矣。」

〈子曰く、ものしちにん。〉


十四之四一

子路宿於石門。晨門曰:「奚自?」子路曰:「自孔氏。」曰:「是知其不可而爲之者與?」

しろせきもんしゆくす。しんもん曰く、いづれよりすと。しろいはく、こうしよりす。いはく、そのふかりてこれす者か。〉


十四之四二

子擊磬於衞。有荷蕢者而過孔氏之門者,曰:「有心哉!擊磬乎!」既而曰:「鄙哉,硜硜乎!莫己知也,斯已而已矣!『深則厲,淺則揭。』」子曰:「果哉!末之難矣!」

けいゑいつ。になひてこうしもんぐるものり、いはく、こゝろるかなけいつや。すでにして曰く、なるかなこうたり、おのれきなり、まんのみ、ふかければすなはれいし、あさければ則ちけいす。子曰く、くわなるかな、かたし。〉


十四之四三

子張曰:「書云:『高宗諒陰,三年不言。』何謂也?」子曰:「何必高宗,古之人皆然。君薨,百官總己以聽於冢宰,三年。」

しちやういはく、しよに云ふ、かうそうりやうゐんさんねんものいはずと、なんいひぞ。子曰く、なんかならずしもかうそうのみならん、いにしへひとみなしかり、きみこうずればひやくくわんおのれべて、もつちようさいくことさんねんなり。〉


十四之四四

子曰:「上好禮,則民易使也。」

〈子曰く、かみれいこのめば、たみつかやすし。〉


十四之四五

子路問君子。子曰:「修己以敬。」曰:「如斯而已乎?」曰:「修己以安人。」曰:「如斯而已乎?」曰:「修己以安百姓。修己以安百姓,堯舜其猶病諸!」

しろくんしふ。子曰く、おのれをさめてもつけいす。曰く、かくごときのみか。曰く、おのれをさめてもつひとやすんず。いはく、かくごときのみか。曰く、おのれをさめてもつひやくせいやすんず。己を脩めて以て百姓を安んずるは、げうしゆんこれめり。〉


十四之四六

原壤夷俟。子曰:「幼而不孫弟,長而無述焉,老而不死,是爲賊。」以杖叩其脛。

げんじやうしてつ。子曰く、えうにしてそんていならず、ちやうじてぶるく、おいせず、これぞくすと。つゑもつそのけいてり。〉


十四之四七

闕黨童子將命。或問之曰:「益者與?」子曰:「吾見其居於位也,見其與先生竝行也,非求益者也,欲速成者也。」

けつたうどうじめいおこなふ。あるひとこれうて、いはく、えきするものか。子曰く、われくらゐるをる、せんせいならくをる、えきもとむるものあらざるなり、すみやからんとほつするものなり。〉