論語 (漢文叢書)/衞靈公第十五

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


卷之八

ゑいれいこう第十五


十五之一

衞靈公問陳於孔子。孔子對曰:「俎豆之事,則嘗聞之矣;軍旅之事,未之學也。」明日遂行。在陳絕糧。從者病,莫能興。子路慍見曰:「君子亦有窮乎?」子曰:「君子固窮,小人窮斯濫矣。」

ゑいれいこうちんこうしふ。こうしこたへて曰く、そとうことすなはかつこれけり、ぐんりよこといまこれまなばざるなりと。みやうにちつひる。ちんりてりやうつ。じゆうしやみ、し。しろうらいはく、くんしまたきうするるか。子曰く、くんしもとよりきうす、せうじんきうすればこゝらんす。〉


十五之二

子曰:「賜也,女以予爲多學而識之者與?」對曰:「然,非與?」曰:「非也,予一以貫之。」

曰く、や、なんぢもつおほまなんでこれものすか。こたへていはく、しかり、なるか。曰く、なり、いつもつこれつらぬく。〉


十五之三

子曰:「由,知德者鮮矣!」

曰く、いうとくものすくなし。〉


十五之四

子曰:「無爲而治者,其舜也與!夫何爲哉?恭己正南面而已矣。」

曰く、むゐにしてをさまるものしゆんか、なにさんや、おのれうやしくしただしくなんめんするのみ。〉


十五之五

子張問行。子曰:「言忠信,行篤敬,雖蠻貊之邦行矣。言不忠信,行不篤敬,雖州里行乎哉?立,則見其參於前也;在輿,則見其倚於衡也。夫然後行。」子張書諸紳。

しちやうおこなはるゝをふ。曰く、げんちうしんおこなひとくけいならば、ばんぱくくにいへどおこなはれん。げんちうしんならず、おこなひとくけいならずんば、州里と雖も行はれんや。立てばすなはそのまへさんたるをりては、すなはそのかうる、しかのちおこなはれん。しちやうこれしんしよす。〉


十五之六

子曰:「直哉史魚!邦有道,如矢;邦無道,如矢。君子哉蘧伯玉!邦有道,則仕;邦無道,則可卷而懷之。」

曰く、ちよくなるかなしぎよくにみちればごとく、くにみちきもごとし。くんしなるかなきよはくぎよくくにみちれば、すなはつかえ、くにみちなければ、すなはいて之をふところにすし。〉


十五之七

子曰:「可與言,而不與之言,失人;不可與言,而與之言,失言。知者不失人,亦不失言。」

曰く、ともに言ふくして、而して之とともはざれば、ひとうしなふ、ともからずして、而して之とともへば、げんうしなふ。ちしやひとうしなはず、またげんうしなはず。〉


十五之八

子曰:「志士仁人,無求生以害仁,有殺身以成仁。」

曰く、ししじんじんは、せいもとめてもつじんがいすることし、ころしてもつじんり。〉


十五之九

子貢問爲仁。子曰:「工欲善其事,必先利其器。居是邦也,事其大夫之賢者,友其士之仁者。」

しこうじんすをふ。子曰く、こうそのことよくせんとほつせば、かならそのきにす。くにるや、そのたいふけんしやつかへ、そのしじんしやともとす。〉


十五之十

顏淵問爲邦。子曰:「行夏之時,乘殷之輅,服周之冕,樂則韶舞。放鄭聲,遠佞人。鄭聲淫,佞人殆。」

がんゑんくにをさむるをふ。曰く、ときおこなひ、いんり、しうべんふくし、がくすなはせうぶし、ていせいはなち、ねいじんとほざけよ。ていせいいんに、ねいじんあやふし。〉


十五之十一

子曰:「人無遠慮,必有近憂。」

〈子曰く、ひととほおもんばかりければ、かならちかうれひあり。〉


十五之十二

子曰:「已矣乎!吾未見好德如好色者也!」

〈子曰く、やんぬるかな、われいまとくこのむこといろこのむがごとくするものざるなり。〉


十五之十三

子曰:「臧文仲,其竊位者與!知柳下惠之賢,而不與立也。」

〈子曰く、ざうぶんちうくらゐぬすむものか、りうかけいけんりて、而もともたざるなり。〉


十五之十四

子曰:「躬自厚,而薄責於人,則遠怨矣!」

〈子曰く、みづかあつくして、うすひとむれば、すなはうらみとおざかる。〉


十五之十五

子曰:「不曰『如之何,如之何』者,吾末如之何也已矣!」

〈子曰く、これいかにせん、これいかにせんとはざるものは、われこれいかんともするきのみ。〉


十五之十六

子曰:「群居終日,言不及義,好行小慧,難矣哉!」

〈子曰く、ぐんきよしゆうじつげんおよばず、このんでせうけいおこなふ、かたいかな。〉


十五之十七

子曰:「君子義以爲質,禮以行之,孫以出之,信以成之。君子哉!」

〈子曰く、くんしもつしつし、れいもつこれおこなひ、そんもつこれいだし、しんもつこれす、くんしなるかな。〉


十五之十八

子曰:「君子病無能焉,不病人之不己知也。」

〈子曰く、くんしのうなきをむ、ひとおのれらざるをまざるなり。〉


十五之十九

子曰:「君子疾沒世而名不稱焉。」

〈子曰く、くんしぼつしてしようせられざるをにくむ。〉


十五之二十

子曰:「君子求諸己,小人求諸人。」

〈子曰く、くんしこれおのれもとめ、せうじんこれひともとむ。〉


十五之二一

子曰:「君子矜而不爭,群而不黨。」

〈子曰く、くんしつゝしみてあらそはず、ぐんしてたうせず。〉


十五之二二

子曰:「君子不以言擧人,不以人廢言。」

〈子曰く、くんしげんもつひとげず、ひともつげんはいせず。〉


十五之二三

子貢問曰:「有一言而可以終身行之者乎?」子曰:「其恕乎!己所不欲,勿施於人。」

しこうふ、いはく、いちげんにしてもつしゆうしんこれおこなものりや。子曰く、じよか、おのれほつせざるところひとほどこすことなかれ。〉


十五之二四

子曰:「吾之於人也,誰毀誰譽?如有所譽者,其有所試矣。斯民也,三代之所以直道而行也。」

〈子曰く、われひとける、たれをかそしたれをかめん、むるところの者あらば、こころみるところらん。たみや、さんだいちよくだうにしておこなゆゑんなり。〉


十五之二五

子曰:「吾猶及史之闕文也,有馬者,借人乘之。今亡矣夫!」

〈子曰く、われけつぶんおよぶ、うまものは、ひとしてこれらしむ、いまきかな。〉


十五之二六

子曰:「巧言亂德,小不忍,則亂大謀。」

〈子曰く、かうげんとくみだる。せうしのびざれば、すなはたいばうみだる。〉


十五之二七

子曰:「衆惡之,必察焉;衆好之,必察焉。」

〈子曰く、しうこれにくむも、かならさつし、しうこれこのむも、かならさつす。〉


十五之二八

子曰:「人能弘道,非道弘人。」

〈子曰く、ひとみちひろむ、みちひとひろむるにあらざるなり。〉


十五之二九

子曰:「過而不改,是謂過矣。」

〈子曰く、あやまつてあらためざるは、これあやまちふ。〉


十五之三十

子曰:「吾嘗終日不食,終夜不寑,以思;無益,不如學也。」

〈子曰く、われかつしゆうじつくらはず、しゆうやねずして、もつおもへり、えきなし、まなぶにかざるなり。〉


十五之三一

子曰:「君子謀道不謀食。耕也,餒在其中矣;學也,祿在其中矣。君子憂道不憂貧。」

〈子曰く、くんしみちはかりてしよくはからず、たがやすや、うゑそのうちり、まなぶや、ろくそのうちり、くんしみちうれへ、ひんうれへず。〉


十五之三二

子曰:「知及之,仁不能守之,雖得之,必失之。知及之,仁能守之。不莊以蒞之,則民不敬。知及之,仁能守之,莊以蒞之。動之不以禮,未善也。」

〈子曰く、これおよべども、じんこれまもあたはざれば、これるといへども、かならこれうしなふ。これおよび、じんこれまもるも、さうもつこれのぞまざれば、すなはたみけいせず。これに及び、じんこれまもり、さう以て之にのぞめども、これうごかすにれいもつてせざれば、いまからざるなり。〉


十五之三三

子曰:「君子不可小知,而可大受也。小人不可大受,而可小知也。」

〈子曰く、くんしせうちからず、而してたいじゆせしむきなり。せうじんたいじゆせしむからず、而してせうちきなり。〉


十五之三四

子曰:「民之於仁也,甚於水火。水火,吾見蹈而死者矣,未見蹈仁而死者也。」

〈子曰く、たみじんけるや、すゐくわよりはなはだし。すゐくわわれんでするものる、いまじんんでするものざるなり。〉


十五之三五

子曰:「當仁,不讓於師。」

〈子曰く、じんあたつてはゆずらず。〉


十五之三六

子曰:「君子貞而不諒。」

〈子曰く、くんしていにしてまことならず。〉


十五之三七

子曰:「事君,敬其事而後其食。」

〈子曰く、きみつかへてそのことけいし、而してそのしよくのちにす。〉


十五之三八

子曰:「有敎無類。」

〈子曰く、をしへりてるゐなし。〉


十五之三九

子曰:「道不同,不相爲謀。」

〈子曰く、みちおなじからざれば、あひめにはからず。〉


十五之四十

子曰:「辭,達而已矣!」

〈子曰く、たつするのみ。〉


十五之四一

師冕見。及階,子曰:「階也。」及席,子曰:「席也。」皆坐,子吿之曰:「某在斯,某在斯。」師冕出,子張問曰:「與師言之道與?」子曰:「然,固相師之道也。」

べんまみゆ、かいおよぶ。子曰く、かいなり。せきおよぶ。子曰く、せきなり。みなす。これげて曰く、ぼうこゝり、某は斯に在り。べんづ。しちやううていはく、ふのみちか。子曰く、しかり、もとよりたすくるのみちなり。〉