論語 (漢文叢書)/子張第十九

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


卷之十

しちやう第十九


十九之一

子張曰:「士見危致命,見得思義,祭思敬,喪思哀,其可已矣。」

しちやう曰く、あやふきをてはめいいたし、るをてはおもひ、まつりにはけいおもひ、にはあいおもふ、なるのみ。〉


十九之二

子張曰:「執德不弘,信道不篤,焉能爲有?焉能爲亡?」

しちやう曰く、とくることひろからず、みちしんずることあつからずんば、いづくんかりとし、いづくんかしとさん。〉


十九之三

子夏之門人,問「交」於子張。子張曰:「子夏云何?」對曰:「子夏曰:『可者與之,其不可者拒之。』」子張曰:「異乎吾所聞;『君子尊賢而容衆,嘉善而矜不能。』我之大賢與,於人何所不容?我之不賢與,人將拒我,如之何其拒人也?」

しかもんじんまじはりしちやうふ。しちやう曰く、しかなにへる。こたへて曰く、子夏曰く、なるものこれくみして、そのふかなるものこれふせぐと。しちやう曰く、ところことなり、くんしけんたふとしうれ、ぜんよみしてふのうあはれむ、われたいけんなるか、ひとおいなんれられざるところあらん、われふけんなるか、まさわれふせがんとす、之をいかんひとふせがん。〉


十九之四

子夏曰:「雖小道,必有可觀者焉,致遠恐泥,是以君子不爲也。」

しか曰く、せうだういへども、かならものらん、とほきをいたすにはおそらくはなづまん、これもつくんしをさめざるなり。〉


十九之五

子夏曰:「日知其所亡,月無忘其所能,可謂好學也已矣。」

しか曰く、ところり、つきそのくするところわするゝくんば、がくこのむときのみ。〉


十九之六

子夏曰:「博學而篤志,切問而近思,仁在其中矣。」

しか曰く、ひろまなんであつこゝろざし、せつうてちかおもへば、じん其のうちり。〉


十九之七

子夏曰:「百工居肆以成其事,君子學以致其道。」

しか曰く、百こうりて以てそのことし、くんしまなびて以てそのみちいたす。〉


十九之八

子夏曰:「小人之過也必文。」

しか曰く、せうじんあやまちや、かならかざる。〉


十九之九

子夏曰:「君子有三變:望之儼然,卽之也溫,聽其言也厲。」

しか曰く、くんしさんぺんあり、これのぞめばげんぜんたり、これくやをんそのげんくやれい。〉


十九之十

子夏曰:「君子信而後勞其民,未信則以爲厲己也。信而後諫,未信則以爲謗己也。」

しか曰く、くんししんぜられて、しかのちそのたみらうす、未だしんぜられざれば、則ちもつおのれやますとせばなり。しんぜられてしかのちいさむ、未だしんぜられざればすなはもつおのれそしるとせばなり。〉


十九之十一

子夏曰:「大德不踰閑,小德出入可也。」

しか曰く、たいとくのりえずんば、せうとくしゆつにふすともなり。〉


十九之十二

子游曰:「子夏之門人小子,當洒掃應對進退則可矣,抑末也;本之則無,如之何?」子夏聞之曰:「噫!言游過矣!君子之道,孰先傳焉?孰後倦焉?譬諸草木,區以別矣。君子之道,焉可誣也?有始有卒者,其惟聖人乎!」

しいう曰く、しかもんじんせうしは、さいさうおうたいしんたいあたりてはすなはなり、そもすゑなり。これもとづければすなはし。これいかんしかこれいて曰く、あゝげんいうあやまてり、くんしみちは、いづれをかさきつたへ、いづれをかのちまん、これさうもくにして以てべつあるにたとふ、くんしみちいづくんぞけん、はじをはりものは、たゞせいじんか。〉


十九之十三

子夏曰:「仕而優則學,學而優則仕。」

しか曰く、つかへてしかうしていうなればすなはまなぶ、まなんでしかうしていうなればすなはつかふ。〉


十九之十四

子游曰:「喪致乎哀而止。」

しいう曰く、あいいたしてむ。〉


十九之十五

子游曰:「吾友張也,爲難能也,然而未仁。」

しいう曰く、ともちやうや、くしがたしとす、しかれどもいまじんならず。〉


十九之十六

曾子曰:「堂堂乎張也,難與並爲仁矣。」

そうし曰く、だうだうたるかなちやうや、ともならびてじんがたし。〉


十九之十七

曾子曰:「吾聞諸夫子:『人未有自致者也,必也親喪乎!』」

そうし曰く、われこれふうしく、ひといまみづかいたものらざるなり、かならずやおやか。〉


十九之十八

曾子曰:「吾聞諸夫子:『孟莊子之孝也,其他可能也,其不改父之臣,與父之政,是難能也。』」

そうし曰く、われこれふうしく、まうさうしかうや、そのたくすし、そのちゝしんちゝまつりごとあらためざる、くしがたきなりと。〉


十九之十九

孟氏使陽膚爲士師,問於曾子。曾子曰:「上失其道,民散久矣!如得其情,則哀矜而勿喜。」

まうしやうふをしてししらしめそうしふ。そうし曰く、かみそのみちうしなひ、たみさんずることひさし。そのじやうば、すなはあいきようしてよろこぶ勿れ。〉


十九之二十

子貢曰:「紂之不善,不如是之甚也。是以君子惡居下流,天下之惡皆歸焉。」

しこう曰く、ちうふぜんは、かくごとはなはだしからざるなり、これもつくんしかりうるをにくむ、てんかあくみなこれす。〉


十九之二一

子貢曰:「君子之過也,如日月之食焉。過也,人皆見之;更也,人皆仰之。」

しこう曰く、君子のあやまちや、日月のしよくごとし、過つや、人皆之を見る、あらたむるや、人皆之をあふぐ。〉


十九之二二

衛公孫朝問於子貢曰:「仲尼焉學?」子貢曰:「文、武之道,未墜於地,在人。賢者識其大者,不賢者識其小者,莫不有文、武之道焉。夫子焉不學?而亦何常師之有?」

ゑいこうそんてうしこううて曰く、ちうぢいづくんかまなびたる。しこう曰く、ぶんぶの道、いまちずして、ひとり、けんしやそのだいなるものしるし、ふけんしやそのせうなるものしるす、ぶんぶみちらざるし、ふうしいづくにかまなばざらん、而してまたなんぢやうしらん。〉


十九之二三

叔孫武叔語大夫於朝,曰:「子貢賢於仲尼。」子服景伯以吿子貢。子貢曰:「譬之宮牆,賜之牆也及肩,闚見室家之好;夫子之牆數仞,不得其門而入,不見宗廟之美、百官之富。得其門者或寡矣。夫子之云,不亦宜乎!」

しゆくそんぶしゆくたいふてうかたりていはく、しこうちうぢよりまさる。しふくけいはくもつしこうぐ。しこう曰く、これきうしやうたとふれば、しやうかたに及べり、しつかきをうかがるべし、ふうししやうすうじんそのもんらざれば、そうべうひやくくわんとみず、そのもんものあるひすくなし、ふうしの云ふこと、またむべならずや。〉


十九之二四

叔孫武叔毀仲尼。子貢曰:「無以爲也,仲尼不可毀也。他人之賢者,丘陵也,猶可踰也;仲尼,日月也,無得而踰焉。人雖欲自絕,其何傷於日月乎?多見其不知量也!」

しゆくそんぶしゆくちうぢそしる。しこういはく、すをもつてするかれ、ちうぢそしからざるなり、たにんけんしやきうりようなり、ほ踰ゆし、ちうぢにちげつなり、ゆるし、ひとみづかたんとほつすといへども、なんぞ日月をぶらんや。たまたまりやうらざるをあらはすなり。〉


十九之二五

陳子禽謂子貢曰:「子爲恭也,仲尼豈賢於子乎?」子貢曰:「君子一言以爲知,一言以爲不知,言不可不愼也!夫子之不可及也,猶天之不可階而升也。夫子之得邦家者,所謂『立之斯立,道之斯行,綏之斯來,動之斯和。其生也榮,其死也哀』。如之何其可及也?」

ちんしきんしこうつていはく、きようすや、ちうぢよりけんならんや。しこう曰く、くんしいちげんを以てし、いちげんを以てふちす、げんつゝしまざるからざるなり。ふうしおよからざるや、猶ほてんかいしてのぼからざるがごときなり。ふうしにしてはうかば、いはゆるこれつればこゝち、これみちびけばこゝき、これやすんずればこゝきたり、これうごかせばこゝするなり、そのせいえいそのしあいこれいかんおよけんや。〉