論語 (漢文叢書)/堯曰第二十

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


堯曰げうえつ第二十


二十之一

堯曰:「咨!爾舜!天之曆數在爾躬,允執其中!四海困窮,天祿永終。」舜亦以命禹。曰:「予小子履,敢用玄牡,敢昭吿于皇皇後帝:有罪不敢赦。帝臣不蔽,簡在帝心!朕躬有罪,無以萬方;萬方有罪,罪在朕躬。」「周有大賚,善人是富。」「雖有周親,不如仁人;百姓有過,在予一人。」謹權量,審法度,修廢官,四方之政行焉。興滅國,繼絕世,舉逸民,天下之民歸心焉。所重:民、食、喪、祭。寬則得衆,信則民任焉,敏則有功,公則說。

げう曰く、あゝなんぢしゆんてん曆數れきすうなんぢり、まこと其中そのちうれ、四海しかい困窮こんきうせば天祿てんろくながへん、しゆんまたもつめいず、曰く、小子履せうしりへて玄牡げんぼもつて、へてあきらか皇皇くわうくわうたる后帝こうていぐ、つみるはへてゆるさず、帝臣ていしんおほはず、えらぶことていこゝろり、ちんつみれば、萬方ばんはうもつてするなかれ、萬方ばんはうつみれば、つみちんらんと。しう大賚たいらいり、善人ぜんにんむ。周親しうしんりといへども、仁人じんにんかず。百姓ひやくせいつみ有らば、われ一人いちにんりと。權量けんりやうつゝしみ、法度はふどつまびらかにし、廢官はいくわんをさめば、四方しはうまつりごとおこなはる。滅國めつこくおこし、絕世ぜつせいぎ、逸民いつみんげば、天下てんかたみこゝろす。おもんずるところ民食みんしよく喪祭さうさいくわんなればすなはしうしんなればすなはたみにんず。びんなれば則ちこうり、こうなればすなはたみよろこぶ。 〉


二十之二

子張問於孔子曰:「何如斯可以從政矣?」子曰:「尊五美,屛四惡,斯可以從政矣。」子張曰:「何謂五美?」子曰:「君子惠而不費,勞而不怨,欲而不貪,泰而不驕,威而不猛。」子張曰:「何謂惠而不費?」子曰:「因民之所利而利之,斯不亦惠而不費乎!擇可勞而勞之,又誰怨?欲仁而得仁,又焉貪?君子無衆寡,無小大,無敢慢,斯不亦泰而不驕乎?君子正其衣冠,尊其瞻視,儼然人望而畏之,斯不亦威而不猛乎!」子張曰:「何謂四惡?」子曰:「不敎而殺謂之虐;不戒視成謂之暴;慢令致期謂之賊;猶之與人也,出納之吝,謂之有司。」

子張しちやう孔子こうしうて曰く、何如いかにせばこゝもつまつりごとしたがきか。子曰く、五美ごびたふとび、四惡しあくのぞけば、こゝもつまつりごとしたがし。子張しちやう曰く、なにをか五美ごびふ。子曰く、君子くんしけいにしてつひやさず、らうしてうらみず、ほつしてむさぼらず、たいにしておごらず、にしてまうならず。子張しちやう曰く、なにをかけいにしてつひやさずとふ。子曰く、たみするところりてこれす、こゝまたけいにしてつひやさざるにあらずや。らうすべきをえらんでこれらうす、またたれをかうらみん。じんほつしてじんまたいづくんぞむさぼらん。君子くんし衆寡しうくわく、小大せうだいく、あへまんするし、こゝまたたいにしておごらざるにあらずや。君子くんしその衣冠いくわんたゞし、その瞻視せんしたかくし、儼然げんぜんとしてひとのぞんで之をおそる、こゝまたにしてまうならざるにあらずや。子張しちやう曰く、なにをか四惡しあくふ、子曰く、をしへずしてころす、これぎやくふ。いましめずしてせいる、こればうふ。れいまんにしていたす、これぞくふ。ひとしく之れひとあたふるなり、出納すゐたふらんなる、これ有司いうしふ。〉


二十之三

子曰:「不知命,無以爲君子也;不知禮,無以立也;不知言,無以知人也。」

〈子曰く、めいらざれば、もつ君子くんしたる無きなり、れいらざれば、もつつ無きなり、げんらざれば、もつひとる無きなり。〉