論語 (漢文叢書)/微子第十八

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


微子びし第十八


十八之一

微子去之,箕子爲之奴,比干諫而死。孔子曰:「殷有三仁焉。」

微子びしこれる、箕子きしこれり、比干ひかんいさめてす。孔子曰く、いん三仁さんじんり。〉


十八之二

柳下惠爲士師,三黜。人曰:「子未可以去乎?」曰:「直道而事人,焉往而不三黜?枉道而事人,何必去父母之邦?」

柳下惠りうかけい士師ししり、たびしりぞけらる。ひといはく、もつからざるか。いはく、みちなほくしてひとつかへば、いづくにくとして三黜さんちゆつせられざらん、みちげてひとつかへば、なんかならずしも父母ふぼくにらん。〉


十八之三

齊景公待孔子,曰:「若季氏則吾不能,以季、孟之閒待之。」曰:「吾老矣,不能用也。」孔子行。

せい景公けいこう孔子こうしつて、いはく、季氏きしごとくするは、すなはわれあたはず、季孟きまうあひだもつこれたん。いはく、われいたり、もちふるあたはざるなり。孔子こうしる。〉


十八之四

齊人歸女樂,季桓子受之,三日不朝。孔子行。

齊人せいひと女樂じよがくおくる。季桓子きくわんしこれけて、三日てうせず。孔子こうしる。〉


十八之五

楚狂接輿,歌而過孔子,曰:「鳳兮!鳳兮!何德之衰?往者不可諫,來者猶可追。已而!已而!今之從政者殆而!」孔子下,欲與之言。趨而辟之,不得與之言。

きやう接輿せつようたうて孔子こうしぐ。いはく、ほうほうや、なんとくおとろへたるや、往者おうしやいさむべからず、來者らいしやふべし、まんまん、いままつりごとしたがものあやふしと。孔子こうしくだりて、これはんとほつす。はしつてこれけ、これふをず。〉


十八之六

長沮、桀溺耦而耕。孔子過之,使子路問津焉。長沮曰:「夫執輿者爲誰?」子路曰:「爲孔丘。」曰:「是魯孔丘與?」曰:「是也。」曰:「是知津矣!」問於桀溺,桀溺曰:「子爲誰?」曰:「爲仲由。」曰:「是魯孔丘之徒與?」對曰:「然。」曰:「滔滔者,天下皆是也,而誰以易之?且而與其從辟人之士也,豈若從辟世之士哉?」耰而不輟。子路行以吿,夫子憮然曰:「鳥獸不可與同群!吾非斯人之徒與而誰與?天下有道,丘不與易也。」

長沮ちやうそ桀溺けつできぐうしてかうす、孔子こうしこれぐ。子路しろをしてしんはしむ。長沮ちやうそいはく、輿ものたれす。子路しろいはく、孔丘こうきうす。いはく、孔丘こうきうか。こたへていはく、れなり。いはく、れならばしんらん。桀溺けつできふ。桀溺けつできいはく、たれす。いは仲由ちういうす。いはく、孔丘こうきうか。こたへていはしかり。いはく、滔滔たうたうたるもの天下てんかみなこれなり、しかうしてたれもつこれへん、なんぢひとさくるのしたがはんより、くるのしたがふにかんやと。いうしてめず。子路しろいてもつぐ。夫子ふうし憮然ぶぜんたり。曰く、鳥獸てうじうともぐんおなじくすからず、われひとともにするにあらずして、たれともにせんや。天下てんかみちらば、きうともへざるなり。〉


十八之七

子路從而後,遇丈人,以杖荷蓧。子路問曰:「子見夫子乎?」丈人曰:「四體不勤,五穀不分,孰爲夫子?」植其杖而芸。子路拱而立。止子路宿,殺雞爲黍而食之,見其二子焉。明日,子路行以吿。子曰:「隱者也。」使子路反見之。至則行矣。子路曰:「不仕無義。長幼之節,不可廢也;君臣之義,如之何其廢之?欲潔其身,而亂大倫。君子之仕也,行其義也。道之不行,已知之矣。」

子路しろしたがひておくる。丈人じやうじんつゑもつでうになふにふ。子路しろふていはく、夫子ふうしたるか。丈人じやうじんいはく、四體したいつとめず、五穀ごこくわかたず、れをか夫子ふうしすと。其杖そのつゑててくさぎる。子路しろきようしてつ。子路しろとゞめて宿しゆくせしめ、にはとりころしよつくりてこれくらはしめ、そのまみえしむ。明日みやうにち子路しろきてもつぐ。子曰く、隱者いんじやなりと。子路しろをしてかへつてこれしむ。いたればすなはれり。子路しろいはく、つかへざればし、長幼ちやうえうせつはいからざるなり、君臣くんしんは、これ如何いかにしてこれはいせん、其身そのみいさぎよくせんとほつして、大倫たいりんみだる、君子くんしつかふるや、おこなふなり、みちおこなはれざるは、すでこれれり。〉


十八之八

逸民:伯夷、叔齊、虞仲、夷逸、朱張、柳下惠、少連。子曰:「不降其志,不辱其身,伯夷叔齊與!」謂柳下惠、少連:「降志辱身矣。言中倫,行中慮,其斯而已矣。」謂虞仲、夷逸:「隱居放言,身中淸,廢中權。」我則異於是,無可無不可。」

逸民いつみんには、伯夷はくい叔齊しゆくせい虞仲ぐちう夷逸いいつ朱張しゆちやう柳下惠りうかけい少連せうれん。子曰く、其志そのこゝろざしくださず、其身そのみはづかしめざるは、伯夷はくい叔齊しゆくせいか。柳下惠りうかけい少連せうれんふ、こゝろざしくだはづかしむ、げんりんあたり、おこなひおもんばかりあたる、れのみ。虞仲ぐちう夷逸いいつふ、隱居いんきよげんほしいまゝにす、せいあたり、廢してけんたる。われすなはこれことなり、く、不可ふかし。〉


十八之九

大師摯適齊,亞飯干適楚,三飯繚適蔡,四飯缺適秦。鼓方叔入於河,播鼗武入於漢,少師陽、擊磬襄入於海。

大師たいしせいき、亞飯あはんかんき、三飯さんぱんれうさいき、四飯しはんけつしんき、方叔ほうしゆくり、播鼗はとうかんり、少師せうしやう擊磬げきけいじやううみる。〉


十八之十

周公謂魯公曰:「君子不施其親,不使大臣怨乎不以。故舊無大故,則不棄也,無求備於一人。」

周公しうこう魯公ろこうひていはく、君子くんし其親そのしんへず、大臣だいじんをしてもちひざるをうらましめず、故舊こきう大故たいこければ、すなはてざるなり、そなはるを一人いちにんもとむるなかれ。〉


十八之十一

周有八士:伯達、伯适、仲突、仲忽、叔夜、叔夏、季隨、季騧。

しう八士はつしり、伯達はくたつ伯适はくくわつ仲突ちうとつ仲忽ちうこつ叔夜しゆくや叔夏しゆくか季隨きずゐ季騧きくわ。〉