論語 (國譯漢文大成)/季氏第十六

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


きしだい十六


十六之一

季氏將伐顓臾。冉有季路見於孔子曰:「季氏將有事於顓臾。」孔子曰:「求!無乃爾是過與?夫顓臾,昔者先王以爲東蒙主,且在邦域之中矣,是社稷之臣也。何以伐爲?」冉有曰:「夫子欲之,吾二臣者,皆不欲也。」孔子曰:「求!周任有言曰:『陳力就列,不能者止。』危而不持,顚而不扶,則將焉用彼相矣?且爾言過矣!虎兕出於柙,龜玉毀於櫝中,是誰之過與?」冉有曰:「今夫顓臾,固而近於費;今不取,後世必爲子孫憂。」孔子曰:「求!君子疾夫舍曰欲之,而必爲之辭。丘也,聞有國有家者,不患寡而患不均,不患貧而患不安。蓋均無貧,和無寡,安無傾。夫如是,故遠人不服,則修文德以來之。既來之,則安之。今由與求也,相夫子,遠人不服而不能來也;邦分崩離析而不能守也,而謀動干戈於邦內。吾恐季孫之憂,不在顓臾,而在蕭牆之內也!」

きしまさせんゆたむとす。ぜんいうきろこうしまみえていはく、きしまさせんゆことあらむとす。こうしいはく、きうむしなんぢまことあやまつなきか。せんゆは、むかしせんわうもつとうまうしゆし、はうゐきうちり、しやしよくしんなり、なにもつたむ。ぜんいういはく、ふうしこれほつす、われしんみなほつせざるなり。こうしいはく、きうしうにんへるあり、いはく、ちからはかりてれつき、あたはざるはむと。あやふけれどもせず、たふるれどもたすけざるときはすなはいづくんぞしやうもちゐむや。なんぢことあやまてり。こじかふよりで、きぎよくとくちうやぶるるときは、たれあやまちぞや。ぜんいういはく、いませんゆは、にしてちかし。いまらずんば、こうせいかならしそんうれひさむ。こうしいはく、きうくんしは、これほつすとふをいて、かならこれことばつくるをにくむ。きうく、くにたもいへたもものは、すくなきをうれへずして、ひとしからざるをうれふ、まづしきをうれへずして、やすからざるをうれふと。けだひとしきときはまづしきことく、するときはすくなきことく、やすきときはかたむくことし。かくごとし。ゆゑゑんじんふくせざれば、すなはぶんとくをさめてもつこれきたし、すでこれきたせば、すなはこれやすんず。いまいうきうとは、ふうしたすけて、ゑんじんふくせずしてしかうしてきたすことあたはず。くにぶんほうりせきしてしかうしてまもあたはず、しかうしてかんくわはうないうごかさむことをはかる。われおそらくは、きそんうれへせんゆらずして、せうしやううちらむことを。〉


十六之二

孔子曰:「天下有道,則禮樂征伐自天子出;天下無道,則禮樂征伐自諸侯出。自諸侯出,蓋十世希不失矣;自大夫出,五世希不失矣;陪臣執國命,三世希不失矣。天下有道,則政不在大夫。天下有道,則庶人不議。」

こうしいはく、てんかみちあるときは、すなはれいがくせいばつてんしよりづ、てんかみちなきときは、すなはれいがくせいばつしよこうよりづ、しよこうよりづるときは、けだし十せいうしなはざるまれなり。たいふよりづるときは、五せいうしなはざるまれなり。ばいしんこくめいれば、三せいうしなはざるまれなり。てんかみちあるときはすなはまつりごとたいふらず、てんかみちあるときは、すなはしよじんせず。〉


十六之三

孔子曰:「祿之去公室,五世矣。政逮於大夫,四世矣。故夫三桓之子孫,微矣。」

こうしいはく、ろくこうしつること五せいまつりごとたいふおよぶこと四せいなり、ゆゑの三くわんしそんなり。〉


十六之四

孔子曰:「益者三友,損者三友:友直,友諒,友多聞,益矣;友便辟,友善柔,友便佞,損矣。」

こうしいはく、えきしやいうそんしやいうちよくともとし、りやうともとし、たぶんともとするはえきなり。べんべきともとし、ぜんじうともとし、べんねいともとするはそんなり。〉


十六之五

孔子曰:「益者三樂,損者三樂:樂節禮樂,樂道人之善,樂多賢友,益矣;樂驕樂,樂佚遊,樂宴樂,損矣。」

こうしいはく、えきしやらくそんしやらくれいがくせつすることをねがひ、ひとぜんふことをねがひ、けんいうおほきをねがふはえきなり。けうらくねがひ、いついうねがひ、えんらくねがふはそんなり。〉


十六之六

孔子曰:「侍於君子有三愆:言未及之而言,謂之躁;言及之而不言,謂之隱;未見顏色而言,謂之瞽。」

こうしいはく、くんしするに三げんあり。こといまこれおよばずしてふ、これさうふ、ことこれおよんではざる、これいんふ、いまがんしよくずしてふ、これふ。〉


十六之七

孔子曰:「君子有三戒:少之時,血氣未定,戒之在色;及其壯也,血氣方剛,戒之在鬭;及其老也,血氣既衰,戒之在得。」

こうしいはく、くんしに三かいあり。わかときけつきいまさだまらず、これいましむることいろり、さうなるにおよんでは、けつきまさがうなり、これいましむることたたかひり、らうおよんでは、けつきすでおとろふ、これいましむることるにり。〉


十六之八

孔子曰:「君子有三畏:畏天命,畏大人,畏聖人之言。小人不知天命而不畏也,狎大人,侮聖人之言。」

こうしいはく、くんしに三あり。てんめいおそれ、たいじんおそれ、せいじんことおそる。せうじんてんめいらずしておそれず、たいじんれ、せいじんことあなどる。〉


十六之九

孔子曰:「生而知之者,上也;學而知之者,次也;困而學之,又其次也。困而不學,民斯爲下矣!」

こうしいはく、うまれながらにしてこれものじやうなり、まなんでこれものは、つぎなり、くるしんでこれまなぶはまたつぎなり、くるしんでまなばず、たみこれす。〉


十六之十

孔子曰:「君子有九思:視思明,聽思聰,色思溫,貌思恭,言思忠,事思敬,疑思問,忿思難,見得思義。」

こうしいはく、くんしきうしあり。るにめいおもひ、くにそうおもひ、いろをんおもひ、かたちきようおもひ、ことちうおもひ、ことけいおもひ、うたがはしきははむことをおもひ、いかりなんおもひ、るをてはおもふ。〉


十六之十一

孔子曰:「『見善如不及,見不善如探湯。』吾見其人矣,吾聞其語矣。『隱居以求其志,行義以達其道。』吾聞其語矣,未見其人也。」

こうしいはく、ぜんてはおよばざるがごとくし、ふぜんてはさぐるがごとくす、われひとたり、われけり。いんきよしてもつこころざしもとめ、おこなひてもつみちたつする、われけり、いまひとざるなり。〉


十六之十二

(『誠不以富,亦祇以異。』)齊景公有馬千駟,死之日,民無德而稱焉。伯夷叔齊餓於首陽之下,民到于今稱之。其斯之謂與?

せいけいこううまあり、するのたみとくとしてしようするし。はくいしゆくせいしゆやうもとうるも、たみいまいたるまでこれしようす。〔まこととみもつてせず、またまさことなるをもつてすと〕れのいひか。〉


十六之十三

陳亢問於伯魚曰:「子亦有異聞乎?」對曰:「未也。嘗獨立,鯉趨而過庭。曰:『學《詩》乎?』對曰:『未也。』『不學《詩》,無以言。』鯉退而學《詩》。他日,又獨立,鯉趨而過庭。曰:『學禮乎?』對曰:『未也。』『不學禮,無以立!』鯉退而學禮。聞斯二者。」陳亢退而喜曰:「問一得三:聞《詩》,聞禮,又聞君子之遠其子也。」

ちんかうはくぎようていはく、またいぶんあるか。こたへていはく、いまだし。かつひとてり、はしりてていぐ。いはく、まなびたるか。こたへていはく、いまだし。まなばざればもつふことしと。しりぞいてまなべり。たじつまたひとてり。はしりてていぐ。いはく、れいまなびたるか。こたへていはく、いまだし。れいまなばざればもつつことしと。しりぞいてれいまなべり。の二しやけりと。ちんかうしりぞいてよろこんでいはく、一をうて三をたり。れいき、またくんしとほざくることをけりと。〉


十六之十四

邦君之妻,君稱之曰「夫人」,夫人自稱曰「小童」;邦人稱之曰「君夫人」,稱諸異邦曰「寡小君」;異邦人稱之,亦曰「君夫人」。

はうくんつまは、きみこれしようしてふじんふ、ふじんみづかしようしてせうどうふ、はうじんこれしようしてくんぷじんふ、これいはうしようしてくわせうくんふ、いはうひとこれしようして、またくんぷじんふ。〉