西行桜 (地歌)

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

ここのへに、咲けども花の八重桜、幾代の春をかさぬらん。然るに。花の名高きは。先づ初花を急ぐなる近衛殿のいとざくら。見渡せばやなぎさくらをこきまぜて、都は春の錦さんらんたり。ちもとの桜を植ゑ置き、其の色を所の名に見する。せんぼんはなざかり、うんろや雪に残るらん。びしやもんどうの花盛り、しわうてんの栄華も、これにはいかまさるべき。うへなるくろたにしもかはら、昔へんぜうそうじやうの、浮世をいとひしくわちやうざんわしの御山の花の色。枯れにし鶴の林まで、思ひ知られてあはれなり。せいすゐじじしゆの花、松吹く風のおとはやま。ここは又あらしやま。戸無瀬に落つるたきつなみまでも。花は大井川、ゐぜきに雪やかかるらん。


  • 底本: 今井通郎『生田山田両流 箏唄全解』中、武蔵野書院、1975年。

この作品は1927年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。