蕉窓雑話/蕉窓雑話初編

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


蕉窓雜話序

我邦醫政上古邈矣不可得而詳

焉中葉以来専宗書来之意陰陽

旺相司天在泉只管推求不散違其

範其弊多騁空理而失實際𨿽雖有

俊傑之士亦未能出其窩窟也然以

其人誠愨慎重失於密而不失於䟽

其言傳于今亦多可以為準則者至

享寶之間豪傑並出始盛唱復古直

求之于漢代一以長沙氏為宗斥宋

元諸家以破其抅惑其績固非不偉

而其持論過高求勝其弊全慶陰

陽六経之説不問虚實不論根因一従

見證以施治亦未免通此而礙彼之

誚也於是古方後世兩派分立彼此

綿々莫之能折衷及乎吾東郭先生出


曰聖賢在古用心盡力我儕生千歳

之下讀其書而學其道各法其所善

而闕其所疑則古人孰非吾師傷

寒金匱固我道之詩書然而残缺不

完宋元方書𨿽分趣不同亦孔註鄭

箋所謂夏取時商取輅周冤韶舞採

擇不遺學醫法亦如此而引矣是

以先生施治不必於古亦不抅於今

自有一種活致而可傳於後世者多

矣當時門人侍述文以國字録其説

輯為数巻名曰蕉窓雜話距今

殆将二十年先生己没録者亦漸

就木豈得無感書之情乎是以不碩

其固陋欲校訂之以公于世久矣今茲

戌寅夏偶嬰疔毒弐死而幸免因謂

此𨿽琑言亦先生之遺教今而不謀


梨棗永将滅蠹塵乃黽勉従事先

以其一巻上于木如其二編三編則

追次續鍥庶哉乎先生之遺澤不

亡而門人之功力亦永存矣

文政紀元戌寅冬至日

近江 服部流謙謹撰

蕉窓雜話凡例

一此書蕉窓雜話ト名ツクルコト固ヨリ意義アルニアラス

 先生家塾ノ窓前ニ芭蕉アリテ其下ニテ筆記シタル故

 ニ名ツケシナリ

一此書先生蒙昧ノ輩通暁シ易キカ爲ニ俚言ヲ避スシテコ

 レヲ教ユ録スル者亦其實ヲ失ハサランカ爲ニ言語ノ

 マヽニ記シテ敢テ文ヲ飾リ意ヲ巧ニセス

一此書初メ伊豫國久保喬徳首トシテコレヲ録シ同國柁谷

 守清コレニ續ク其他諸子ノ續テ録スル者アリト雖モ

 歳月ヲ歷ルコト久シテ其姓名ヲ遺失シ知ルコト能ハスシテ

 喬徳守清ノ苦心最大ナリトス二子ナクンハ此書モ亦

 成ルコトナカラン但二子不幸ニシテ皆夭死シ草稿ヲ改ム

 ルコト能ハス語辭雜駁ニシテ完カラス故ニ予二子ノ志ヲ

 續キ實ニ質シテ刪訂シ且コレヲ補綴ス

一此書雜話ニシテ固ヨリ編次ナシ校正ノ時ニ當テ數話ヲ

 輯テ纔ニコレヲ編次ストイヘトモ或ハ始ハ同シ話ニ

 シテ終ニ至テ同シカラサルアリ或ハ始メ終リ同フシテ中

 程同シカラサル者アリテイマタ精整ナルコト能ハス讀

 者コレヲ錯綜シテ見ルヘシ

一書中貴族ノ稱號他毉ノ姓名等苟クモ其過失ニ渉ル者


 ハ伹某々ト記シテ名ヲ載セスコレ有テ治術ニ裨ノナケ

 レハナリ

一書中原話ノ足ラサルヲ續貂スルアリ又愚按ヲ挿入ス

 ルアリ原話ニ混セシメサルカ爲メ一等ヲ下シテコレヲ

 録ス

一書中ニ話スル處ノ藥方及先生ノ家方ニ出ル者直ニ話

 下ニ於テ藥味ヲ記スル者アリ又唯方名ノミニシテ藥味

 ヲ記セサル者ハ盡ク巻末ニ附セン

謙誌

東郭先生毉則

毉之爲任、唯察病而已矣、勿コト富貴、唯病コレ、勿コト貧賤、唯病

察、勿劇‐スルコト劇病、必也察劇中之易矣、莫輕‐スルコト輕病、必也察

中之危矣、克察於斯、而勿ルコト、亦唯毉之任也、察之道也、

毉之所心者、其唯變乎、ハカリテ於未變、而以變待變、此之

變也、視彼之變、而我動カハ乎其變、此之乎變、眩乎變

、不タゝノミ其變、亦不スルコト其常、能應スル變者既︀已知其變、故

其處スルヤ也不殆矣、

凡病之タル情也、有二、故藥之用、亦有二、曰剛曰柔、柔以當柔、剛

以當剛、剛之制者有焉、柔之制者有焉、剛耶、柔耶、二シテ而百、

耶剛耶、百シテ而二、唯智者知、而愚者反、易曰、剛柔相摩コト、我

道雖ナリト、亦復シカリ矣、

古人之診スルヤ也、望ムニ、聽、夫唯不耳目、故能

病應於大表矣、

古人之診スルヤ病也、視、乃以彼爲、其既︀彼我之分、是

以能通病之情矣、

ユルコト簡者、其術日、用ユルコト方繁者、其術日、世毉動輒以簡爲

繁爲、哀矣哉、

活‐路者、必陷死地、欲死地者、必得活‐路

毉之臨劇病也、欲使彼活於我、愛スル我也、欲使彼死於我手


者、愛スル也、愛我者、終スニ矣、愛彼者、誠能盡、古語曰、不

虎穴、不虎子、余於亦云、

右毉則八条、通計三百八十四言、以簡而要、取先生遺稿中
于巻首、以示同志
謙誌

蕉窓雜話初編

東郭和田先生燕語 門人筆記

毉タル者ヨク心ヲ用ル寸ハ事々物々ノ中自然ト我道ノ

法則ト思合スベキコトヲグウスル者アリ近來宋畫ノ鶴ヲ得

ヘキカンニカケオキ毎々見且ツ巧者ノ人ニ其畫法ノ能キ

マリタルコトヲ聞又傍ラ飛鳥井家ニカハレタル生タル者ヲ

見ナドシテ近頃餘程鶴ノ畫ノ見様ヲ覺タリ然ルニ別ニ本

ヨリ持タル所ノ鶴ノ畫有ヲ此頃カケテ見ルニ前方ハ大

低ヨキト思シ鶴先ノ宋畫ニ比スル寸ハ何分見ルニ堪ヘ

ス是此宋畫其オシ處ノカタ幾ツモ覺タル故ナリ是ヲ以テ

見ル寸ハ病ヲ診察スルモ全ク此ノ如キモノニテ兎角丁

寧ニ此方ノ見覺ノカタ幾ツモテキル寸ハ自然ト其病ノ深

淺吉凶ヲ見分ルコト分明ナリ扨又診察ノ法ト云モ別ニ子

細アルコトニモ非ス然ルニ近世所謂古方者流ト稱スル者

ナト多クハ皆古ノ法則ト云コトヲ主張シテ徒ニ是ヲ其カジョウ

証候ノ書付ニノミ求ム随分是ニテ表向一通ノ形ハスメ

トモ夫ノミノ塲ニテ術ヲ取寸ハ突付學問ト云者ニ成ナリ

實ノ活法ハ然ラズ其突付學問ト云子細ハ先寒熱來去シテ

胸脇苦滿嘔吐ナドアル者一通ノカタニテハ小柴胡ノ症


ト云ハサシヅメ知レタルコトナリ書面ノミニテ云寸ハ左

様ナレトモ其病人ニ對シテ精シク是ヲ診察シ細カニ其因ヲ

推寸ハ右ノ証候ニテモ中々小柴胡ハカリニ非スシテ色々

用ル藥アル者ナリ右一通ノカタノミニテ行モノナラバ

古ノ書ヲ能讀覺サヘスレバ随分夫ニテ見ゴト出來ルコト

ナレトモ中々夫計ニテハ行ヌモノナリ故ニ兎角同症ノ様

ニ見ユル者モ其病因及少シヅヽノ具合ニテ色々以テ行

處ノ藥ニ違アリ形法則バカリニテ出來ル者ナレバ夫サ

ヘ覺ユレバ誰モ別ニ術ノ巧拙ハナキ筈ナリ故ニ本論ニ

大承四逆ヲツリ合シテ擧テアリ藥ハ大ニ違ヘトモ其見カ

ケ一通ノ處ハ同様ニシテ甚分チガタシ故ニ是ヲ並ヘ擧タ

ル所ノアンバイ實ノ活法ト云モノナリ是又有法ノ法ハ

死法ナリ無法ノ法ハ活法ナリト云テ實ノ術ノ活法ヲ云

寸ハ其形法則ニクヽラレズシテ無法ノ法ヲ得ルヲ真ノ活

法トハ云ナリ形法則ニクヽラレルハ有法ノ法ニテ即是

死法ナリ實ノ活法ヲ得タリト云ヘカラズ此塲ヲ能々呑

込テ修業スベシ先診察ノ法ヲ物ニ比類シテ見ルニ何ヨリ

モタヤスク別ニ彼是ノ論ニ及ザルコトアリ総テ術ノコトハ

只アタリナシニ論センヨリハ物ニ比シテ見ルベシ其診察

ト云ハ今祇園二軒茶屋ナドノ如キ處ニ五六人モ𦙣机ママ


腰カケ並ビ居ルニ下河原ノ向ヨリ坊主アタマニ大小ヲ指シ

テ來ルモノアラン各是ヲ何者ナルヤト云寸ニ或ハ

是ハ法親王方ノ坊官ナリト云或ハ山伏ナリト云或ハ五

山ノ行者ナリト云衆評マチナル寸能テ來ル者ノ人

品取ナリヲ見ル寸ハ一ツモ右ノサス處ニテハナクテ反

テ是ハ侍ノ隠居セル者ナリト見ユルモ有ベシ毉ノ病ヲ

診スルハ全コヽラノ處ナリ只其圓キアタマニシテ兩刀ヲ横タ

ヘタル處ハ右ノ各ノ云處ニ合スレトモ唯此處ハカリニテ

見定ル寸ハ大ニ見違アル者ナリ然ハトテ侍ノ頭ニサノ

字モナク山伏ノ面ニヤノ字モナケレトモ唯自然ノ處ニ其

人品持前ノ處ハドコトモナク違者ナリ其違處ヲ見覺ユ

ルガ診察ナリ無法ノ法ト云モ是ナリ侍ニサノ字山伏ニ

ヤノ字ト云様ナルコトナレハ誰モ同シコトニテ見違モナク

巧拙モナケレトモ決シテ左様ニハナキ者ユヘ此處ヲ能々ワ

キマヘテシユクヤキフ々トシテ工夫タンレンスベシ是ヲ求ルコト深功

ナル寸ハ庭ノ樹木ヲ見ルニモ山ニ遊ヒ水ニ泛ヒ又煙草

盆一ツヲ手ニ提テ見テモ事々物々ノ中ニ自然ト我術ノ

工夫ノ手掛リトナルコトグウシテアル者ナリ兎角各我業トス

ル一藝ニコリカタマリテ習熟スヘシ必多端ナル寸ハ術

ノ精妙ニ至ルコト能ハズ若シヨク其多端ナルヲハブキテ一筋


ニ心ヲハシラシメコレヲ思ヒコレヲ求ムル寸ハ我相應ニ見

識ノ開コトハホツト出來ル者ナリ此ノ如ニシテ一クワツ

タルコトヲ得ルニ至テハ實ニ手ノ舞足ノ蹈コトヲ知ラザル

ノ喜アリ只一途ニ術ノコトヲ求ムヘシ

昔シ備前ノ國某ナル士代々鎗ノ家ナリシニ或時其家ノ

主人ニ甚愚ナルガ生レ出テ實ニ朋友ノ附合ノ挨拶等モ

出來ヌ位ニテ主家ヘノ朔望ノ勤モ時々ハ忘ルヽ程ノ人

ナリシガ其術ニ於テハ妙處ヲ極メ其國ノ諸流モ敢テ當

ルコト能ハズ且ツ其祖ニモ劣ラザル者ト一國ノ衆評アル

故愚ナル人ナレトモヤハリ其術ヲ以テ家ヲ續シメラレタ

リ其愚ナルガ中ニモ我術ノコトニハ色々工夫アリテ其人

平日得テハカハヤニ至テ出サルコト半時或ハ一時ニ過ルコトノ

有ルコト毎々ナリシ故後々ニハ家人気ヲ附ケ若シ厠ノ中

ニテ氣ヲ閉ルコトモヤアルト窓ヨリウカヽヒ見レバ兼テヨリ厠ノ

中ヘハシヲ二本入置コトヲ工夫シオイテ厠ニ居ナガラ其箸

ヲ兩手ニカマへテ左右ヨリツキ合テ鎗ヲツカフマ子ヲシテ程ヨク

意ニ落合時トヲボシクニコト笑時モアリ又左モナキ

カシテ面ニシハシテ工夫スル寸モアリ是ヲ以テ時ヲ移セド

モ出ズ且ツ傍ラヨリ人ノ己ヲ窺コトモ知ラズ若シ餘リ時

ヲ移スニヨリ行テ食時ノ過ルナドヲ告ル寸ハ始テオド


ロキテ厠ヲ出ルナトヽ云様ノコトニテアリシトナリ加様

ニアリテ社其術モ妙處ニ至ルヘシト戸田先生ノ物語シテ

毎々感セラレシコトナリ又或マリノ家ニ生レテ其藝ニ妙ヲ

得タル人アリ是ハ七歳ノ時ヨリ七十餘マデ毎朝未明ヨ

リ起テ鞠ヲケルコトヲヲコタラズ常ニ雨天ニハ内ニテ蹴リ天ノ

イマダアケズシテ鞠ノ上ヨリ落ルノ見ヘザルニモヤハリ誤

ラズ蹴タリトナリ一藝ニ名アル人ハ皆此ノ如シ銘々我

業ヲハゲムコトハ此ノ如コソアリタキ者ナリ

毉ノ心得ヘキ一大事アリ病人ヲ療治スル寸先一番ニ我

キョウウトソクスルノボウソアリ其子細ハモシ此病人ヲ仕損

シタラハ世ノ人ノ我ヲ庸毉ナリト云ン病家ノ我ヲ罪セ

ンヤト思コト一番ニ我胸宇ヲ塞ク茅楚トナリテ肝心ノ病

本ハ察セラレヌナリ此意ヲ能々センサクスレハ人ノ疾苦ヲ

救ヒ人ヲアイスルノシヨクト云ハ表向ニナリテ實ハ我ヲ利シ

我ヲ愛スルト云モノニテ不忠ノ至極ナリ爰ニ處スル人

ハ何ホド苦心シテモ遂ニ其術ノ妙處ヲ候コトモ成リ難ク

又人ヨリモ却テ好ク思ハレサル者ナリソレ人ノ性命ハ至

テ大切ナルコト故大病ト思ハヽ生死ハカラレザルノコト及我術ノ分

限ヲモ有體ニ病家ヘヨクエンセツスヘシ其上ニテ病家死

生ヲ一決シイヨ我ニイヂンセハ丹誠ヲヌキンデヽ治ヲ施シ後日


ホウヘンキヨノコトヲダツキヤクシテ只忠誠バカリニナリテ何トゾ

病人ヲ救タク思ヨリ外ニ餘念ナク只病人ト我ト向ヒ合

タルノミニテ傍ニ碍ルモノナキ心持ニナリテ我力量一

杯ノ治ヲ施スヘシ若シ我思ワクノ通ニ愈ズンハ即我手

ニテ打殺ベシト覺悟ヲ極メテ取カヽリ他人ノ口舌ニ拘

ルコトナク唯一念ニ診察處方ニ心ヲ盡スベシ此ノ如クス

ル寸ハタトヒ治功ナクテモ我忠誠自然ニ人心ニ徹通シ

テ決シテ我ヲ怨ムルコトハナク却テ深ク信スルモノナリ是

我道ニ私セスシテ力ヲ盡シ誠ヲ盡スカ故ナリ

時疫ハ歳ニ因テ癘氣ノ違ヒ病ム所ノ症モ同シカラス瘟

疫論ニ説トコロノ戰汗ヲ得テ解スルト云症モ何時ニテ

モ此通リ病ムニ極リタルニアラス此症モ先年流行セリ

近年ハ見ヘス唯傷寒論ハ万代不易ノ法書ニテタトヒ病

ムトコロノ症カハリテモ其變ニ應シテ用ヒラル丶ナリ

若シ呉氏ノ云ル通リ初メヨリ邪氣半表半裏ニアリテ發

汗桂麻ノ類用ヒカタシトセハ柴胡劑ヨリシテ入ルヘキ

ナリ達原飲ハ九味清脾飲ノ變方ナリ又呉氏ハ承氣湯ヲ

用ユルニ長セリト云ナルホト承氣ハ逐邪ノ爲ニ設ケ結

糞ニ拘ラスト云ヘルアタリハ承氣ノ意ヲ得ラレタリ然

トモ柴胡劑ヲ用ユルニハ短ナリ如何トナレハ大柴胡又


ハ柴胡加芒硝ノ行處ヘ槩シテ承氣ヲ用ヒ下シテ後ニ始メ

テ柴胡清燥及ヒ養榮ノ類ヲ以テ調理ノ方トセリ是裏ヲ

先ニシテ表ヲ後ニスルノ説ニ偏固セリ傷寒論ノ陽明篇

ニ熱邪ノ胃府ニ陷入スル間ヲ待ツケ小柴胡ヲ用ユル手

段ハ治療ノ細密ノ塲ニテ仲景氏ノ教ハ格別ナリ

大柴胡湯又ハ柴胡加芒硝湯ノ行處ヘ槩シテ承氣湯ヲ用ユ

レハ瀉下ハ同シコトナレトモ兩脇心下ノ痞鞭ヲユルムル

コト今一層力薄シ能々此所ヲ分別スヘシ承氣湯ノ腹候ハ

心下クツロキテ臍上ヨリ臍下ヘ向ケテシツカリト力ア

リテ脹モノナリ又陽明篇ニ説所ノ小柴胡湯ハ此症是非

トモ大承氣ノ位ニ進マサレハ解セサル熱勢アルユヘ小

柴胡ニテ兩脇及ヒ心下ヲ輕々ニアシラヒユルメテ中脘

以下ニ硬滿スルマテヲ待ツタル手段ナリ又此處ヘ大柴

胡湯柴胡加芒硝ナト用ヒ瀉下スル時ハサツハリト解熱

ハセデ反テ荏苒トシタル様子ニナリ終ニハ壊症トナル

者ナリ此處ノ大小柴胡又ハ柴胡加芒硝湯ノ行塲ソレ

ニ差別アリテ少シモ雷同セス瞭然トシテ明カナル分レメ

アリ各コノ處ヲ意得心識スヘシ

按スルニ先生傷寒論ニ於テ柴胡加芒硝湯ノ章ヲ説テ
曰此証ニ云日晡所發潮熱マタ潮熱者實也ナト是症ス


テニ陽明胃實ノ症ヲ帶タリ故ニ承氣湯ヲ用ユヘキ處
ナレトモ胸脇滿テ嘔ノ症イマタ去ラサル故大柴胡方中
芒硝ヲ加ヘ用ユルナリ即是大柴胡大承氣合方ニシテ
方中厚朴ヲ去タル方ナリト云ヘリ

疫症ニ大柴胡或大柴胡加芒硝ナト用テ解熱シテ後大ニ

肝氣動シテ譫言妄語シテ狂ノ如ク是ヲ攻レハ攻ルホト其

勢盛ニ成モノナリ此處ニテ取アツカヒアシケレハ必仕

損スル者ナリ余往年此症ニヤハリ下劑ヲ用テ居テ何分

治セザリシヲ一毉至リテ小劑ノ十一味温膽湯ヲ用タレ

ハ服スルコト一貼ニシテ譫妄サツハリト止タルコトアリ又

同症ニ腹診ノ差別アリテ抑肝散ヲ用テ治シタルコトモア

常々云ル如ク凡ノ病人其勢猛烈ニシテ對症ノ藥ヲ用テハ

反テ扞格シテ勢マス盛ニ成ヘキ者ハ彼幕ニテ鐡炮ヲ

受ルノ術ヲ行ヘシ是万病ヲ望ムニ第一ニ心得ヘキナリ

故ニツヽカヽリニ四逆散加大黄トモ行ヘキ症ニテモ何

分其藥ニ激スヘキ勢アリテ或ハ藥コヾトヲ云者ナトハ

思ノ外先ツ小劑ノ理氣湯ト云様ナル者ヲ用テ一キワヤ

ハラクヘシ其ニテ一旦ヤハラク處ヲツケコミ的當ノ劑

ヲ用ユヘシトカク治術ハイカ體ノ手キワモシカ子ヌ力


量アリテ奇麗ニ品ヨク療治ヲスヘシ

凡藥方ヲ取マハスニハ隋分ナルヘクハ古方中ニ求テ是

非トモ古方ニテ事ノカケルト云處ヲ近方ニテ補フ様ニス

ベシサレハトテ只ムチヤクチヤニ古方ニ癖スルコトニハ

アラス力ラ一杯古方ノ具合ヲ能味テ用ヒ其力ヲ以テ古

方ノスキ間ヘ入ル近方ヲ吟味スヘシ何ユヘニ此コトヲ平

生云ゾナレハ右ノ塲ヲ惡ク心得レハ治術ノ上ニテ大ニ

誤ルコトアリ或門人西村孝安ナル者冬ヨリ微邪ニ感シテ

アリシカ春ニ至テ猶ヲイマタ愈ヘス是ニ因テ門派ノ者

トモ日々問來テ面々案ヲ進ム孝安今已ニ年五十二ト云

ヒ且脉腹モ頗ル勞役ノ候アリトテ一旦ハ毉王ヲ用ヒ後

又升陽散火ニ生姜炒姜地骨皮等加味シテ用ユレトモ治

セズ是ニ因テ余モ自ラ行テコレヲ診察スルニ其脉窂弦

ナリ然レトモ强テ脱候ト云ヘキ程ノコトトモ見ヘス舌ニハ

微シク白胎アリ其腹部ヲ按スルニ心下支結シテ兩肋下

ヨリ二行通リ實ニ竹ヲ立タル如ク皮表マデモツヽハリ

テ手ヲ彈シクガ如シ而モ久シク按腹シテ居ル中ニ夥シ

ク鳴リ出テ留飲ノ下ルヲ覺ユ予トクト按スルニ是マツ虚

脱ノ候アリト云程ノコトニテハナク彼舌候ト脉中ノ伏邪

ノ勢ト相應ス是邪氣イマタ解セザル處アルユヘナリ脉


ノ窂弦ナルハ腹部ノ抅攣ニヨレル也若抅攣モナクシテ

グサ付タル腹ニシテ此脉ヲ見サバイカニモ勞役ノ惡脉ト

モ云ヘケレトモ左ニハアラズ此症必ズ抅攣ヲ緩ムルヲ先

トスベシトテ柴桂湯ニ芍藥甘草湯ヲ合シ廣參二分ヲ調

ヘタルヲ用ヒテ抅攣ユルミ舌胎モ消シタリ全體此証ヲ

各勞役ト見タルハ第一老人ト云ヒ殊ニ此人少シク煩イ

アル寸ハ甚勞役シタル者ノ如キ顔色アルト脉ノ窂弦ナ

ルトヲ以テナリ然レトモ此人兼テヨリ調攝ニ於テハ最稱

スヘキ處アリテ世事ヲ以テ心ヲ勞セズ能ク其分ラ安シ

情欲ヲ省キテ下元ヲ損セザレハサシテ勞役スベキコトモ

ナケレトモ近頃少シク肝氣ヲ動シタルコトアリ故ヲ以テ其

動シタル處ヘ邪氣ヲシメコミテ解スルコトヲ得サリシ者

ナリ是ニ因テ其抅攣ヲユルムルヲ先トスル也カヤウノ

處ヘハ毉王散火ナトニテハ行スキテ程ヨク解スル者ニ

非ス手近ク古方中ニアルコトナレトモ只近方ノ手ナレタル

ニ惑サルヽナリ此等ノ處ヲ以テ予カ平日示ス處ヲ考ヘ

根氣カギリニ古方ノ具合ヲ詳ニシ其ヨリ近方ヘ推シウ

ツスベシ然ラサレハ毫厘千里ノ謬アルヘシ醫ノ最先務

トスヘキ處ハ此ニ止ルコトト知ヘキナリ

凡疫病ニ大熱煩渇譫語等ノ症熱ハ火ノ焼ルカ如ク渇ハ


焼石ニ水ヲ灌クカ如ク譫語ハ狂人ノ語ルカ如クアリテ

衆醫皆曰コレ白虎ノ証ナリト或曰コレ承氣ノ症ナリト

是皆當然ノ理ナリ然ルニ存ノ外ナル真武湯ノ行處アリ

又犀角生芐ニテ動氣ヲシツメ胸下ヲスカシユルメテ行

處アリ大抵病人ヲ診察スルコト如此モノニテ些少ノ模様

ヲ其中ニ理會シテ藥ヲ處スルコト雲泥ノ相違アレハ見証

ハカリニテハ別チカタシ能ク脉狀ヲ丁寧ニシ能ク腹診

ヲ綿密ニシテ後始メテ治ヲ施スベシ

凡疫症ニ載陽シ面ノ赤キハムツカシヽ升陽散火湯犀角

湯ノ症ニモアレカシ其湯ヲ與ヘテ二日目アタリ赤色退

クハヨシ退カザルハ難治ナリ

一病人アリ發熱シテ兎角夜中ニ熱甚シテ煩悶シ胸脇苦

滿シ心下痞鞕シ脚部ニ腫氣アリ柴胡ノ症ト云一巨手小

柴胡湯ヲ與フレトモ効ナシ病マス熾ナリ予是ヲ診視ス

ルニ此人平生腹皮貼背ユヘ熱伏シテ且痞硬ニホダサルヽ

ナリ予カ治スル處ハ解熱ニ利水ヲ兼ル方ナリ柴胡湯ノ

行處ニアラス則犀角湯ヲ與ヘテ心下クツト開キテ小便

快利シ夜中ノ熱止テ煩悶モ減シタリ食モ少シク進ムユ

ヘ麥飯ヲ喫セシメ後寛中湯ニ加呉茱萸犀角薯蕷生芐ノ

方ヲ服セシム日アラスシテ快愈セリ


犀角湯ハ網目ノ方ニテ面白キ方ナリ犀角竹筎茵陳山梔

子ニテ胸中ヲ疏スル故ニ伏熱ヲ解シ小便ヲ導キ生芐ハ

水分ノ悸動ヲ鎮メ且茯苓ニ伴テ水道ヲ通シ芍藥ニテ心

下ノ凝ヲ解シ且ツ甘草ニ伴テユルムル方組ナリ

升陽散火湯ノ症モ上ヘシマリテ其ユヘ小水不利スルニ

用テ治スル者アリ六書ニ小水不利者不可治ト云ハ涓滴

モ利セスト云ホトノコトナリ陶氏ノ此言ハ傷寒論大陽ノ

中篇ニ手足躁擾捻衣摸牀小便利者其人可治ト云ヘルヨ

リ出タル言ナリ

參胡芍藥湯ハ升陽散火ノ前ニ行ク方ナリ大柴胡ヨリ變

シ來ル方ニシテ脉腹大柴胡ホトノ實シタル處モナク又

胃中ニ實熱スル勢モナキ故大黄ヲ去ル又胸中ニ畜飲ナ

ク嘔氣ナク潤燥ヲ主トスル故半夏ヲ去ルナリ尤此症ハ

日數ヲ經テ熱氣清解セザルユヘ津液枯燥スルヲ以テ人

參知母生芐麥門冬ヲ加ヘ清凉解熱ヲ專ニスル方ナリ

温膽湯ハ千金方ヨリ始リ追々數方ヲ製セリ何レモ胸中

畜飲ヲ疏スルヲ主トセリ千金ニ虚煩不得眠此膽寒故也

トアルハ即チ水飲ヲ畜ヘル故ニ膽カヒユルナリト心得

ベシ此旨ヲ心得レハ方意ヲ了解シ温膽ノ名義モ明ナリ

三因方ニ茯苓ヲ加ヘ得効方ニハ茯苓人參ヲ加ヘ龔雲林


ニ至ツテ六味ヲ加ヘテ竹筎温膽湯トセリ清心温膽湯モ

此ヨリ出タリ中ニ就テ筎温ハ尤モ人ノ唱フル方ナリ此

方表邪解シ荏苒日ヲ延キ熱ニ古ルヒツキテ專ラ胸脇肝

部ニ鬱シ攻撃ノ劑モ用ヒガタク又補柔ノ劑モ用ヒガタ

キ故ニ前ノ蓄飲ヲ疏スル劑ニ清凉解熱ノ藥ヲ加味シタ

ル方ナリ柴胡黄芩ト伍セスシテ黄連ニ代ヘ莎根ト伴ナ

ハセタルハ深ク工夫ヲ用ヒタル處ナリ

莎根ハ古ニアラハレズシテ晩今ニ至ツテ其能ヲ發明セ
ラル陶隱居曰方藥不復用古人爲詩多用之而無識者ト
古人ニ識ラレサルハ此者ノ不幸ナリ

竹筎ハ飲ヲスカスコトヲ主トス竹筎竹瀝トモニ胸膈ヘノ

ミキクモノナリ上ヲスカス故下マテモ飲ヲ通達スル也

尤竹ハ淡苦ノ差別ナク用テヨキモノナリ

犀角ハ全體肝氣ヲユルムル者ユヘ胸膈ヘシマル處ノ水

飲ヲサバクナリ肝氣ニテシリオシヲスル故水飲カ胸膈

ヘ聚ル也ト知ベシ

生芐ニテ疫熱ヲ解スルハ實症ニ石羔ヲ用ユルト同様ノ

効驗アリ故ニ知母生芐ト伍シタル處ハ即チ白虎湯ノ意

ナリ生鮮ニテ勢ヒ頗ル峻ナル故胸膈ヲ疏滌シ潤燥解熱

ハ勿論ナリ嘔吐ヲ止メ飲渇ヲ治シ動悸ヲ鎮ム然レトモ


勢ヒ頗ル峻ナル故ニ虚脱ノ者ニハ用カタシ大ニ下利ヲ

著ク元素曰性大寒胃弱者斟酌用之恐損胃氣ト云ヘリ

生芐熟芐ノ分チハ生柿熟柿或ハ生蘿蔔乾蘿蔔ノ分チノ

如キモノト心得ヘシ生芐ノ方ハサツト解熱シテ鎮火ス

ルノ力峻ニシテ胸膈ニ停滯セス必竟乾蘿蔔ノムツクリト

シタル甘味ヲ以テ行テハ泥ム處ヲ引カヘテオロシ大根

ニテスツト胸膈ヲオシスカスト云アンハイ也

大津ノ一吏疫ヲ患フル中吃逆ヲ發スルコト五六日微シク

下利アリテ其脉一時ニ變革シテ定ルコトナシ諸醫脱候ノ甚

シキ也トシテ手ヲ束ヌ予視ルコト半日許ニシテ曰是脱症ニ

アラスシテ吉兆ナリ旦ヨリ暮ニ至テ變セサルノ惡脉ナラ

ハ最恐ルヘキコトナレトモ今此人ニ於テハ然ラス是肝氣甚

タ亢フルノ人ナル故此ノ如ノ脉ヲ見スモノ也トテ四逆

散ニ生芐ヲ加ヘ古金汁ヲ入タルヲ用ヒ門人某生ヲ殘シ

置テ歸レリ藥ヲ服スルコト三貼ニシテ脉候頓ニ定マリ其ヨ

リシテ漸々快氣セリ

升陽散火湯ハヤハリ柴胡組合ニテ兩脇ヘセマル者ヲス

カスナリ此藥ヲ用ル症ニシテ水分ニ動ノ付モアレトモツヨ

ク引ハル寸ハ其動見ヘヌモノナリ引ハリユルム寸ハ沉

ミタル處ノ動モ見ルヽナリ


疫邪ニテモ升陽散火湯ナトヲ用ヒテ居ルニ時合ニヨリ

テ其アトヲ滋陰降火湯ナトヽ移ルハ方ノ轉シヤウ穏ニ

シテ甚手キレイナリ滋陰ハ全體腎家ニ缺ル處アリテ其上

肺部手ウスクナリ常ニ咳嗽ナトアル者ヲ潤シテ虚火上炎

スルモノヲ潤下スル處ノ藥ナリ

咳嗽ノ聲モ段々氣ヲ付テ聞覺ユレハ外感ノ咳胃中伏火

アルノ咳肝腎ノ虚火ヨリ出ル咳ナト聞分ラルヽモノニ

テ即四診中聞ノ一ツナリ

小柴胡湯四逆散トモニ肝脾ノ伏火ヲ制スル方ナリ又小

柴胡加石羔ナトハ其伏火ノ强キモノニ行ナリ若又ソレ

ホドニ清涼スルコトニテモナク畢竟石羔ノ行塲合ニ比スレ

ハ微火ト云ヘキ者ニシテ胃中メクラス宿滯アルヨリシテ

火ヲ生シ上兩脇肝部ヘコハムニ因テ咳嗽スルモノニ小

柴胡湯ニ葛根草果天花粉ヲ加タルヲ用テ奇効ヲ得ルコト

夥シ是花粉葛根ニテ胃中ノ伏火ヲサマスノ趣向ニテ錢

氏白朮散ノ葛根ト同シ意ナリ天花粉ハ胃中ノ火ヲサマ

シ又咽喉ノイラ付ヲ滑ニス咽喉ノ不利スルニ食鹽ヲ用

テツキ開トハウラハラノ能ナリ胃中ニ伏スル處ノ微火

ニ因テ上咽喉モ不利シイラ付故ニ咳嗽ス其イラ付ヲ滑

ニスレハ咳モ自然ト止ノ道理ナリ葛根ノ胃中ノ火ヲサ


マスモヤハリ葛花ヲ宿酲ノ症ニ用ルト同意ナリ草果ヲ

用ルニ至テハ大ニ妙處アリ此物ハ先胃中ノ宿滯ヲ逐モ

ノナリ胃中宿滯アル寸ハ必ス伏火ヲ生シ又其ヘサシテ

肝火ヲ添其處ヲ草菓ニテメクラスユヘ花粉葛根ニテサ

マスノ術活シテ來ルナリ昔日或老醫ノ傳ニ云外邪ニ色

々發汗シテ汗モ出タレトモ其アトノ兎角ホトヨク解熱

セサルモノニ小柴胡ニ草菓ヲ加ヘ用テ奇効アリト今ヲ

以テ考ルニ此組合モ面白キコトニテヤハリ達原飲九味清

脾飲七味清脾湯ナトヽ同意ナリ達原飲ハ彼募原ニ達ス

ル意ナリト然ルニ彼募原ノコトヲ云シハ畢竟立言ノ題ト

セシモノナリ故ニソレニテ見テ所詮其募原ノ處ヲ草菓ニ

テサバクニハアラズ胃中ノ邪火ヲ散スルカ爲ナリ故ニ

瘟疫論ニモ早ク胃中ニ邪ヲ結コトヲ云ヘリ其處ヘ草菓ヲ

キカセタルモノナリ

右小柴胡ニ三味ヲ加ル方ハ門人某或俗人ヨリ傳テ予ニ

贈リシ方也此加減甚妙處アリ定テ凡醫ノ組シモノニハ

アラサルヘシ

一男其妻女ヲ哭シ初メ妻女ノ病ヲ省ルノ時微邪ニ感シ

後痛傷ノ時ニ至テ大ニ勞倦シ其邪熱モ彌スヽミテ遂ニ

命シテ疫ト云ヘキ者ニナリ絶食下利時々譫語シ唇舌乾燥


ス然ルニ又暑邪ニ感シテ渇シテ小便不利シ腹裏水飲ヲ

蓄フコレヲ推スニカフト鳴リ其熱ノ位ハ桂枝人參湯

ノ大陽ノ表熱アリテ協熱下利スル者ヨリハ熱ノ容子フ

ルビテ小柴胡アタリノ熱ノ位ナリサレトモ右體暑邪ヲモ

受ケ渇シテ小便數等ノ症モアリテサナカラ小柴胡ハカ

リ用ユル症ニモアラス又附劑ヲ用ユヘキ塲合モナシ故

ニ先柴芩湯ヲ用ヒタレハ諸症漸々ユルミテ下利等モ止

ミ唯譫語耳聾ノ症殘リ腹裏ノ水飲サバケルニ隋テ水分

ノ動ヲ見シタリコレニ因テ升陽散火ニ薯蕷生芐犀角ヲ

加ヘテ用ユ

総テ譫語ハ兎角タワコトクルメニ初メ言出シタルコトノ

條理ヲスツト言ヌクヲ佳トス只彼ノコトヲ一口二口言

サシテハ又直ニ此ノコトヲ言又外ノコトニ移ルト云ヤウ

ナル條理ヲ亂シテ言モノハ甚惡候ナリ

時疫及ヒ其外ノ病症ニテモ総テ大病ト云ニ成テカラハ

眼中反テ精彩アリテ美シスキルハ甚惡シキコトニテ得テ

ハ是ニテ見誤ルモノナリ勞症ノシマイクチナドニハ別

シテ此候多シ必竟肺部ヘ强ク聚ル處ノ症ナルニヨリ肩

背其外ノ處ナトハ大ニ肉脱シテ居テモ顔色ハ依然トシテ

アルナリ婦人ナト取分ケ顔色ノ甚美シク成テ居ルモノ


アリ是所謂眼ハ五臓ノ精華ナリノ意ニテ其精華ノ上ニ

聚リ切テマサニ散脱セントスルノ勢ナリ総テ上冲スル

コト强キ症ノ火氣ニテ明堂ノ勢ヨク見ユルモ是ト同シコト

ニテ燈火滅セント欲スレハ其光ヲ益ト云ノ意ナリ疫ナ

トニハ目ヤニ出テキタナキヤウナルガ却ツテ佳キモノ

ナリ

舌色紅ノ色ニテヌンメリト美シク成リ全體ノ舌ノ形ヲ

失テ光アリテ乾燥シ其圓フ厚ク成テ柔ニモメタル如キ

ハ參附ノ行處ナリサレトモ右ノ舌候アルモノハ附劑ヲ用

ヒテザングリスルホトニ成ルコト甚難キモノニテ全體惡

キ舌候ナリ又汗ナクシテ譫言妄語ナトシテ居ル症ニ舌正

黑ニ焦ケテアル上ヲオシツブシタルヤウニ成テ乾燥シ

テ其中ニ赤ギレノヤウニ裂ケテ其ヨリ血ヲ出シテ其人

立躁クモノモ附子ヲ用ユルノ舌也総シテ右ノ通ナルハ其

脉モ必根カナキモノナリ然レトモコレヲ浮メテ大ニコレ

ヲ按セハ沉微沉細ニシテ力ナシナトヽ云カ如ク総テ浮大

ナル虚脉ト沉微沉細ナル虚脉ナトハ知レ易シ只知リ難

キハ弦緊洪大ヲ帶タル處ノ虚脉ナリサレトモ是ヲ能々

心ヲ用ヒテ診ヒ覺ユレハ分ルモノニテ其彌虚脉タルコト

ヲ知リテ附劑ナトヲ用ヒヨク病ニ的當スル寸ハ右ノ弦


緊洪大ニシテパチト手ヲ彈クヤウニアリシキビシキ處

ノ勢ハヌケテ反テ脉勢弱クナリ真ノ虚脉ヲ見シテ彌附

劑ヲ用ユヘキ姿ニ成リ病勢モユルミテ是ヨリシテヲイ

脉ノ精分モ付モノ也右様ノ處ヲ考ヘ見ルニヘニ色ナル

方ハ極虚ノ候ナリ故ニ病深シ黑キ方ハ却テ病淺シ是虚

火熏蒸ノ中ニテハ實症ノ方ナル故ニ病淺キナリ又一體

ノ容子ヲ見テ定テ此人ハ舌ハ黑焦ニナリ芒刺ヲモ生シ

テ乾燥シテアルカ又ハ黄胎ニテモ甚厚クカヽリテ有ヘ

シナドヽ思テ舌ヲ出サセテ見ルニ思ノ外依然トシテ常ノ

通リニ潤ヒアリテ色モ變セスハ甚惡シヽ舌候ト症候ト

喰合ヌ故ナリ去リナカラコレハ全體心胸ノ間ニ閉ル處

アルニヨリ右ノ通リニナルモノニテ藥劑的當シテ熱氣

ヲ打上ル寸ハ却テ打通リテ舌ノ真面目ヲ見ハシ黑胎乾

燥ナトヽ云ヤウニ成ルモノ也左様ナルハ隋分佳兆ニテ

悦ヘキコトナリ然レトモ又間ニハドウ打ヌケテモ熱强ク成

ルホト舌候依然トシテ變セサル者アリ是不治ノ症ナリ又

舌ノ一通ハゲタルアトノザクツクモノニ石羔ヲ用ユヘ

キモノアリ附子ヲ用ユヘキ者アリ又四物湯ノ類ヲ用ユ

ヘキモアリ此候ヒ方甚入用ノコトニテ常々病人ニ試ムル

コトナレトモ何分紙上ニハ盡シカタシ故ニ實事ノ上ニテ傳


フルナリ兎角舌診ハ只陰陽虚實ヲ辨センカ爲ノミノコト

ニテ微細ノ處ニ於テハ强テ抅ルコトニハ非ス石附ノ分チ

ナトノ如キムツカシキ病人ノ上ニテ虚實兩道ノ大段ヲ

辨別スル處ニ於テハ是ニテ决セ子ハナラヌコトナリ脉候

モオシ囬シタル處ニテハ虚實ノ二ツニツヽマルナリ左

様セサレハ藥方カタツカス舌候ハ諸病トモニ同シモノ

ニテ疫ノ舌モ痘ノ舌モ別ノモノニハアラス然レトモ結毒

アルノ舌候ニ至テハ又別ノコトト知ルヘシ先諸病トモニ

皆脉腹舌症ノ四ツニテ病因虚實等ヲ决スルナリ脉舌ヲ

取ラス只腹候ト症候ヲトリ用ユルハカリニテハ肝心ナ

ル處ノ虚實ノコトニ於テ盡サヽル處アリ

総シテ舌ニ白胎ヲ持ナカラ其下ニ全體ノ色ハ牛舌ノ如ク

藤色ニ黑ミヲ帶タル様ニ見ユルハ甚ノ惡舌ナリ此舌ニ

テ面戴陽ナトスルハ尚更アシキナリ

結毒アル人ノ舌ハ上ノ部ハ白ケテアリテモ其中ニ何ト

ナク黯色トモ云レヌアチナル色ヲ帶ルモノナリ又舌ノ

下ツラ藥罐ノツチ目ノ如クベツタリトシタル處アル

モノモ亦一種ノ毒舌ナリ此等古人ノ説ニモ云ヘル處ト

引合セ見ルニ血分ニ毒アルニヨリテ右ノ通ノ形ヲ見ス

也是ヲ以テ馬明ノ血分ニ行者ヲ用ル處ト符合スルナリ


又此症ニ四物劑ヲ用子ハナラヌモアリ

馬明退ハ肌表ノコトヲ主ルニアラス血分ニアル毒ヲ動カ

シ且消散スルモノナリ故ニ廣ク用ヒ試ルニ悉ク右ノア

ンハイノ處ヘヨクキクナリ此等モヤハリ草根木皮ノ及

サル處ヘキクモノト心得ヘシ

發汗後及吐下後ニ多ク水飲ヲ蓄ユルコトアリ是ハ全體外

邪ノ人ヲオカス寸ハ一身中ノ水氣ヲ動スユヘ惡汗モ發

熱モ此水氣ノ變動ニ因テ然ルコトナリコレニ因テ藥劑的

中シテ其邪氣アチヨク皮膚ノ汗ヘサシテ漏出レハ其水

氣ノ動シタルモノモ邪トヽモニ漏出ルナリ吐下シテ

取モ道理ハ同シコトナリ然ルニ若ソノ藥的當セスシテ汗

ニ成ルハナリテモ只汗ノミ取レテ邪氣アチヨク解セサ

レハ其アトニテ必ス水氣ヲ蓄ユルナリ是只汗ヲ出スハ

カリニテ邪氣ニカラクミタル水毒サツハリトヌケヌ故

其本ヲオシテ見レハ悉ク皆其人ノ脾胃ニ勝レサル處ア

ルカ又ハ今一等惡シキハ脾胃トモニ云分アルカト云人

ニアル者ナリ

小兒時令ニ感シ熱アルモノナト只時令アシラヒノミシ

テハ甚埒ノ明サルアリ時氣ニ因テ持マイノ肝氣ヲ動シ

額ナトニ青筋立テ甚腹立テヤスキモノニハ抑肝散ニテ


至テ手キハニサムルアリ

熱病ノコシケタルニ藥ノ少シキヽ出タル處ニテ初テ遠

口臭ヲ發シ且ツ唇燥ナトスルヤウニナルモノアリ

柴胡桂枝湯ノ症ニ心下支結トアルハプリトシテウ子

立ナリ桂芍ト組テ行寸ハ表ヘ凝ヲ見シタル處ヲ治スル

ナリ此心下ノ容子ハ大柴胡トモ瀉心湯トモ別ナリ能々

意ヲ用テ候ヘシ

桂枝ハ二行通リ及任脉ヘモカヽルモノ也芍藥モコレニ

同シ此等ハ先兩脇ヘハキツトカヽルモノニテハナシ建

中湯ナト用ル腹ハ其攣急皮表ニ浮ミテ腹皮モ薄シ大柴

胡及四逆散ナトハ腹皮ノ今一ツ裏ニテ攣急シ上皮ハ厚

キカ如シ

先生四逆散ノ方ヲ棄廢ノ中ヨリ取擧ケ用ラレシヨリ
世醫往々コレヲ稱シ用ユ然レトモ其腹狀症候ヲ能理會
スルニアラサレハ効驗ナシ此方モト傷寒論ニ於テ症
ヲ説コト詳ナラス文章ノ體裁亦本文ニアラス故ニ本論
ニヨリテ此方ヲ用ントシテハ方證相對シカタシ今方
意ヲ詳ニスルニ此方モト大柴胡ノ變方ニテ熱實ナキ
故ニ黄芩大黄ヲ去リ胸脇ヲ緩ムルコトヲ主トスル故ニ
甘草ヲ加フ其腹狀ヲ指テコレヲ云ハ元來此症脇下凝


結甚シクシテ深ク胸中ヘサシコム故ニ上ノ部ハ却テ
緩ク見ヘ是ヲ按シテ腹底ニ徹シテ攣急スルモノチヨ
ウト其腹小建中湯ニ表裏シテ建中ノ攣急ハ專ラ中脘
ニアリテ腹表ニ浮ミ四逆散ノ攣急ハ專ラ脇下ニカヽ
リテ腹底ニ沉ムナリ故ニ此腹狀ヲ以テ外邪ノ症ニテ
モ雜病ニテモ何ニアレ見症不相應ノ種々ノ証候ヲ見
レ假令四逆厥ストモ皆胸脇凝結ヨリ爲ス態ニテ少陰
ノ症ニアラサルコトヲ認テ此方ヲ用ヘシ近來嬰兒論ニ
病態隋時變動胸脇攣急スト能四逆散ノ症ヲ説リト謂
ヘシ按スルニ此方本論ニ四逆等分トアリ然レトモ枳實

ヲ減少シ他三味ヲ等分ニスベシ左ナクテハ此症ニ應シ
カタシ先生ツ子ニ試得テ斯分量ヲ定メリト云

虐ノ發シカケタル時ヨリシテ熱ノサメザル中煩渇スルト

モ藥ヲ用ユルコトヲ禁スヘシ兎角サメヌ内ニ藥ヲ用ユレ

ハ反テ藥煩シテ熱ノ覺ルコト遅キモノ也覺ヌ間ハ白湯又

ハ葛湯ナト用ヒテ置ベシ左様スレハ三時ノモノナラハ

二時ニテスムナリ又虐ハ色々怪異ナルコト多シ故ニ虐鬼

アリナトヽ云ハ皆是肝氣ノ所爲ナリ始ハ天行ニテ多ク

ハ夏秋ノ間暑濕ノ邪氣脇下ニ伏シテ伏邪ノ發スル處ナ

リ伏邪ノ在ル處肝部ニアリテ肝癖ヨリシテ寒熱ヲ發シ連


綿トシテ日ヲ延クナリモト天行ニテ肝氣ノ所爲ナルカ故

ニ多クハ移精變氣ノ術ニテ治スルナリ是天行ノ邪氣ニ

テ肝氣ノ動シテアルヲ一途ニ決定サセテ其ニテ肝氣鎮マ

ルニ因テ落ルナリ三四發ノ後脉狀熱候稍ユルムヲ察シ

テ章門京門ニ灸スヘシ截瘧ノ妙法是ニ過タルハナシソ

ノ瘧母ト稱スル者ハ戰寒燔熱ニテ激動セラレ脇下ノ肝

癖浮キ起ツテ寒熱治シテノ後マテモ暫時ハ舊ノ盤踞處

ヘオサマラサルナリ

積癖多キ人ノ瘧ヲ發スルニ小水短澁スルト云ニテモナ

シ和通シナカラ必ス頻數ナルモノナリ又脉ニモ左右不

ツリ合ニ成リタカル者ナリ全體コレハ微邪ナレトモ伏

邪ニテ肝部ヘカヽリ脇下ニ結聚スル故ニ癖物ノツキコ

ミニテ脉路ヲ塞キ左右不ツリ合ニナリ又下モ疝ヲ動カ

シテ腰痛スルモアリテ小水頻數ナルナリ

瘧疾ヲ患テ後血色ノ舊ニ復セヌ處ヲ榮衛ノ虛ノ復セヌ

故ナリト云ハ入ホガナリ百病トモニ何レ榮衛ニカヽラ

サルハナシ瘧ニ限リタルコトニハ非ス瘧後血色ノ復シカ

タキト云ハ兩脇ヘ聚ルコト强キ病ニテ其ツキコミユルミ

兼ル故ナリ右兩脇ヘ聚ルコト甚シキ症ナル故間日ニ發ス

ルコトヲ爲シ神靈アルカ如キ奇怪ノ候ヲ見ス也平人ニテ


モ兩脇ヘ氣ノ聚ルコト强キ寸ハ乍血色アシクナリテ手足

モ振ヒ出ルヲ以テモ考知ヘシ

瘧疾ニ食禁ハイラヌモノナリ茄子胡麻南瓜及ヒ醋氣ナ

ト俗家ニテハ禁スレトモ食セテ苦シカラス

瘧疾ノ截藥柴桂湯ニ常山倍加三貼ヲ朝ノ七ツヨリ發ス

ル時マテ温服シテ湯ヲアヒセルナリ常山和産ハ功ナシ

常山ハ肝部ヲスカスモノ也或俗方ニ小兒ノ疳ニ用ルコト

アリ宜ナリ瘧ヲ治スルコト此物肝氣ヲ疏スルヨリシテ截瘧

ノ功用アルナリ

老人ノ瘧ノ截藥ニハ廣參煎汁ニテ熊膽ヲ送下ス

其候瘧ノ患アリ既︀ニ愈テ復發シ數日ヲ經テ治セス予段

々灸治ヲスヽムレトモ諸醫外邪ニ灸ハ忌コトニテ以ノ外ノ

コトナリト云コレニ因テ何分狐疑シテ决セラレス所謂衆

口金ヲ銷シテ其事カレコレ遅クナリ再發ノ𢚰日ヲ延テ治

セス其後モ度々灸治ノコトヲ進レトモ猶未用ラレス故ニ其

ヨリシテ後ハ强テスヽメス唯時々診察シテ居タルニ數日

アリテ彼方ヨリ此節ニ至リテ灸治ハイカヽヤト問ハレ

タリ予即云先頃已来シキリニ灸ヲスヽメシコト决シテ外邪

ヘノ障ナキヲ知ラスシテコレヲ云ンヤ且高貴ノ人ニ對シ

ママ言ヲ出シテアトニテ彼様ハ云シカトモ左ニハアラテ


實ハカヤウナトヽ言ヲ違ヘンハ甚不埒ナルコト故再三

思慮ニ及テノ上ノコトナリ然ルニ諸醫外邪ノコトニ抅泥シ

テ灸火ヲ恐ルヽノ説ニ惑ルヽ故ニ遷延シテ病ノ愈サル

コト今日ニ至ル畢竟右體同シ趣ノコトヲ毎々申シタルハ何

カニモシテ早ク病ノ治センコトヲ思ヘル意ヲ盡シタルニ

候フナリ此上ハ用テ福トナシ或ハ用スシテ禍トナスハ

君ノ自トル處ニ在ルノミ故ニ又敢テ云ストコヽニ至テ

深ク予カ説ヲ是ナリトシテ灸治ヲ用ラレ灸スルコト兩度ニ

シテ寒熱頓ニ失ス扨其後數日ヲ經テ又往シ寸云ルヽ様先

コロ以來漸々快氣ヲ得タリ去ナカラ往時木曽ノ山路ヲ

經タル頃カノ地ニ於テ受タル處ノ邪熱今ニ殘レルニ因

ルト見ヘテ唯小水ノ濁ルコト今猶在リ其他ハ日ニ隋テ快

シ是全ク色々心配ニアツカリシ故ヲ以テ也ト予云既︀

灸火ヲ以テ瘧疾ヲ截ル是外邪ノ云ヘキナキヲ以テナリ

然ルニ何ソ殘熱ノコトアラン若殘熱アル寸ハ灸火豈ヨク

害ヲ成サランヤ必竟今小水ノ濁ルモノハ固有ノ疝ノナス

處ニテ連年アル處ノコト也今ニ至リテハ悉皆疝ノコトナリ

又瘧ノ時分モ段々藥劑等ノコトモ聞コトヲ得タレトモ必竟ズ

ル微邪ノコト何ニテモスムコトユヘ五苓散ニテモ不換金ニ

テモ醫ノ用ル處ノマヽニテ佳カルヘシト云ヘリ右ノ塲


ニ於テハ强テ入組シ工夫ヲ用ルホトノコトニ非ルユヘナ

リ然ルニ此頃ニ至リ段々右ノ症モ治シタルニツケ却テ

平日ノ上ニ於テ養生甚大事ナリ是ヨリハ勤テ八味丸ナ

トヲ用ラルヘキコトナリト云シカハ甚實意ノ段ヲ忝キ由

ニテ何ナリトモ存慮ノ筋ヲ包マス教諭シクレヨトノコトナ

リ然ラハ存シ含ミタル通ヲ述ントテ云様ハ久々貴恙ヲ

拝診セシニ因テ貴體ノ容子ヲ會得セリ先全體ノ天受セ

ラレタル處ハ厚シト云ヘトモ後天ニ於テカレコレ下元

ヲ薄ク成ラセラレタル處アル故是ヨリシテ益疝ナトヲ

動シ白濁等ノコトモ絶ス只天受セラルヽ處ノ厚キコトノミ

賞シテ他ノ人ニハ異ナル故ナトヽ阿諛セハ一時ノ利ヲ求

ルニハヨカランナレトモ醫ノ全體ハ然ラス予カ觕莾ナ

ルカ如キハ候ノ常ニ知レル處ナリ故ニ吾職分ノコトニ於

テハ是ヲ大事ト思フコトアレハ王候ト云ヘトモ憚ラスシテ

聊ノ忠ヲ盡スハ吾常ナリ先頃ヨリモ云ヘル如ク人身ノ

腎氣ハ時計ノオモリノ如ク至テ大事ノモノナリ然ルニ

今候ノ重リ既︀ニ輕クナレリ此上ニ彌下元ヲ損シラレテ

ハ益疝ヲモ動スル故ニ若其疝ニテ手足等ヲ牽攣シ中風

ノ形ナトヲ見サハイカヽセンモハヤ是ヨリ追々階級ヲ

進マルヽ處預メ指ヲ屈シテ待ヘキニ似タリ若其時ニ至


テ自然手足モ廃スルヤウノコトアリテハ何ノ甲斐カアラ

ンヤ故ニ兎角コレヨリハ腎氣ノ節約第一ナリ腎氣ノ節

約スルハ閨房ヲ遠ルニアリ譬ハ十分滿腹シタル上ニテ

モ其傍ニ菓子肴ナトアレハ一ツ取テ喫スルモノナリ是

其物ニ近ケハナリ次ノ間ニ有ヲワザ立テ食ニハ行ヌ

モノナリ故ニトカク其物ヲ近ヅケザルニシクハナシ養

生ノ第一ハ房欲ヲ慎コトナリ是予カ阿諛セザル處ニテ

イサヽカノ忠誠ヲ述ヘ吾職分ヲ盡モノナリ其禍福ノ

如キハ君自取舎セヨ若是ヲ以テ罪ヲ得ンモ敢テ辭セサ

ル處ナリト云テ歸タリ

我鄕ハ水國ニテ濕邪ニ感スルノ所爲ナルカ瘧疾多シ
大抵瘧ヲ患ヘサルモノハナシ人ニヨリテ年々患フル
者アリテ是ヲ病メハ伏邪ヲ除クナトヽ云テ幸トスル
アリ夏秋尤多ク四時ニ皆アリ他邦ヨリ來寓スル者ナ
ト得テハ此疾ニカヽリ難義スルアリ土地ノ者ハ多ク
病ム故ニ其病情ヲ識リ他國ホト恐レヲナサス又他國
ヨリ輕キニ似タリ鄙シキ田夫ノ族ハ初メ分明ナラサ
ル間ハ藥服スレトモ瘧ト定マレハ藥ハ止ルナリ四五
發ノ後ハ路傍ノ地藏ヲ縛リ或ハ田螺ヲ取テ誓ナト種
々ノ轉氣ヲ成シテ自治スルナリ然レトモ初瘧ハ日ヲ


經テ治シ難シコレモ幼年ニ病ムハ輕ク年ノ長スルホ
ト重シテ得テハ百日許モカヽルナリ然レトモ十發許
モスレハ段々輕ミテ假令發リテモ病牀ニ著ス或ハ間
日或ハ數日ヲ間テヽ微ニ寒熱ヲ覺ヘ荏苒日ヲ延ナリ
愚按スルニ大抵病ハ習ハシナル者ニテ鄙賤ノ者ハ輕
ク富貴ノ家ハ重シ瘧疾モ近年脚氣ノ症ニ兼疚ムモノ
アリテ動モスレハ衝心ヲ引出シ數人死シタル者アリ
恐ルヘシナルホト截瘧ノ藥ニテ頓ニ落ルモノハ一通
ノ者ナリ人參養胃又ハ醫王湯ナトヘスヽム者ハムツ
カシヽ小兒ノ瘧ハ鷓胡菜湯蛔虫ヲ下セハ妙ニ愈ル者

ナリ

癎ニテ大ニ閉チ人事不省ノ者藥汁下ルモアリ下ラサル

モアリ此症ニ工夫ヲ以テ頻ニ大灸ヲスルナリ世醫多ハ

皆五十壯百壯許灸シテ見テ應セストシテ止ルアリ是未其意

ニ達セサルナリ隋分大灸ニシテ終日夜ツヽケテ灸スヘシ

甚シキ者ハ灸シテ七日ニモ至ルナリ又時疫中ニ癎ヲ發ス

ルアリ是モ矢張カマハズ灸スヘシ醫俗トモニ多ハ皆熱

氣アル處ヘ灸スルコトヲ甚忌モノナリ故ニ病家ヘモヨク

其ワケヲ説キキカシテ灸スヘシ灸治相應シテ癎ヒラク

ニ至レハ疫熱モ一所ニヌケテシマウモノ也是必竟癎ト


疫熱ト一モツレニ成テアルユヘ大灸ニ叱リ散サレテシ

メカラミタル處ノ癎ノヒラクニツレテ邪熱モ一ツニ散

スルナリ此後ニテ表ヲ治スルコトハ決シテ入ラヌ者ナリ是

ニヨリテ彼救裏宜四逆湯救表宜桂枝湯ト云ヘルナトノ

治術ヲ知ラサル人ノ書述シコトヲ識ヘシ四逆ヲ以テ其症

ヲ治スレハ其後ニ表症ハ殘ラヌ筈ノ者ナリ又右之通ツ

ヨク癎ヲ發シタルモノ多クハ仰臥シテ居者ユヘ背ヘハ

灸シカタシ故ニ中脘ノ開キ天樞徹腹章門京門アタリヘ

灸スヘシ必シモ枝葉ヘ眼ヲツケスシテ兎角根本ヘサシ

ツケテ治ヲ施スヘシ

虚煩不得眠ト云モ厥陰篇ニ本文ニテ解シテアリ按之心下

濡者爲虚煩也トアリ梔子鼓湯ノ處ニテ辨スヘキヲ漏シ

タリ是モヤハリ彼停食ノ腹候ノ如也停食ノ腹ハ心下凹

シテアル者アリ虚字虚谷有聲ナトヽ云ヘル如シ唯フハ

ト麩ノ如キニハアラス濡ト云モ全ク腹底マテ軟ナルニ

アラス此症ナト何分右體ノ煩𢚰アルニフハトスル腹

ニハナラヌ者ナリ故ニ腹候此ノ如キハ虚濡ト云ヘシ此

虚濡ノ形ニナルハ胸中ヘ聚ルユヘニ必底ニテ引ハルモ

ノナリ此辨ヲ以テ分ツヘシ

半夏瀉心甘草瀉心生薑瀉心湯アタリノ痞ハ必ス腹表ヘ


浮テアル故ヨク手ニ應スルモノナリ

大黄黄連瀉心附子瀉心湯アタリノ痞鞕ハ腹底ニ凝著テ

表分ヘ浮立ヌユヘ手ニ應シカタシ薑桂湯ニ於テ謂ル所

ノ心下微結ノ意氣方ニテ腹表ヘハ痞鞕ノ容子知レカタ

キ故ニ按之濡トハ云タル也此具合大黄ヲクミ合セタル

ヲ以テ知ヘシ先黄連ニテ胸中ヲスカシ大黄ニテグツト

オシテ行ノ意也此處ヘ只ノ瀉心湯ヲ用テハ何分其ツヨ

ク底ニ凝タル處ノ痞鞕ユルマヌナリ又右ノ症ニシテ今

一段ノ背方ヘキビシクゴテ著タルモノニテ大黄ハカリ

ニテハ力届キ兼ル寸ハ附子ヲ組コンテウカセル也総テ

此類ノ方ニ用タル附子ハ底ニゴテツキタル病ヲ動カシ

テ浮立セル爲ナリ此大黄ト附子ノスリ合ノ具合能々意

ヲ用テ會得スヘシ四支厥冷ニハ至ラスシテ只上ヘツキツ

メ頭汗ナト强ク出ルニ附子ニ浮セ大黄ニテ下ヘサシテ

推シ下ス寸ハクツトウキ立テユルムナリ大黄附子湯ニ

テウカセルモ同意ナリ

三黄湯ノ腹モ底ヘシマリ强キモノナリ大柴胡及ヒ四逆

散加大黄ナトハ三黄湯ナトニ比スレハ上皮ニツイテシ

マリツヨキヲ下スノ意ナリ

地黄劑ニ附子トスリ合セルモアリ大黄トスリ合セルモ


アリ又芩連トスリ合セルモアリ其病狀腹候ニヨリテ據

ナク色々ニ組合サ子ハナラヌ摸様アルモノナリ久下利

ナトノ症ニ一體ノ容子ハ是非附子ト行タキ様ニ見ヘナ

カラ能々脉腹ヲ丁寧ニ診候スル寸ハ何分附子ニテハヨ

ロシカラス却テ半夏瀉心湯ニ薯蕷生薑ナトヽ組子ハナ

ラヌアリ此等ノアンハイハ古方リキミノヒントシタ

醫ナトハ捧腹シテ笑コトナレトモ實事ノ上ニテハ是非トモ

彼様ノ組合ナケレハナラヌコトナリ此症ナトハ專ラ水中

ニ火ヲ持テ下利スルモノ也症ニ因テハ真武湯ヲ用テヨ

キモアリ又四逆散ナトニテヨキ久下利モアリ兎角診察

ヲ丁寧ニスヘキコトナリ

石膏ト附子ト組合寸ハ虚寒アレハ必其ヘ火添テ附子ノ

受アンハイ惡キト云處ヘ行ナリ是石膏ニテ附子ノ勢ヲ削

コトニモナリ火ヲモ制スルト云氣味合ナリ又石膏ヲ行テ

モナキト云程ノ處ヘハ附子ヲ滑石ニ伴セテ用ルコトアリ

猪苓湯ニ加附子ナトヽ云ノ類ナリ又附子ヲ煨製ニシテ

用ルモ向ノ火ニサワル故附子ノ勢ヲ削ナリ製附ハカリ

ニテハマタ火ニサワルト云處ヘハ附子生薑ト組合用ユ

八味丸ノ意ナリ附子瀉心湯大黄附子湯ナトモ主治功能

ハ違ヘトモ大黄ハ石羔ノ代ノ氣味合ナリ後世ノ藥方ニモ


苦寒ト辛温トヲ並ヘ用タルアリ此等ハ皆具合モノナリ

連附六一湯ナト尤工夫アリテ組シモノナリ総シテ其々ノ

行ヘキ症ナレトモサワル處アツテ受具合惡キト云處ニ

テ止コトヲ得ス斯ハ組シモノナリ

小鳥ヲトル吹矢ニモガリヲ付ルトテ矢ノ先ノ肉中ヘ入

テ引カヽル様ニ逆ニソグコトアリ藥劑ノ組合ニモ此ノ如

キアンバイアリ濟世實脾散ナトニハ此モカリ有ル藥ト

云ヘシ木香木瓜梹榔草果ナト是ナリ真武湯ナトニハコ

ノモガリナシ實脾ノ方ハ右ノ品ニテ或ハ推シ或ハ開キ

ナトスル故ニヌツポリセスシテ附子ノヨク働カセルナリ

木香ハ胸中ヲ推シヒラキ木瓜梹榔ハ心下ヲ推シテスカ

シ又梹榔草菓厚朴トクミテ胃中ヲ推シスカシメクラセ

薑附ニテ水寒ヲ温煖シ又甘草乾薑ニテ心下ヲユルメ朮

苓ニテ胃中ノ水ヲ下シ水導ヘサバクナリ真武湯附子理

中湯ナトハ水ノ肌表ニ見ル症ニアラス四支沉重疼痛シテ

少シハ肌表ヘモ水氣ノ及ト云位ニハ用ヘシサレトモ先ハ

腸胃間ニ水ノ聚リタルモノナリ故ニ真武ナトヲ肌表心

胸ノコトニ用テハヌツポリトシテ働キアシキナリ實脾散ハ

香六加附ナトヽモ違ヘトモ全體ハ虚症ニテ實症ニハア

ラズヤハリ附子ヲ用子ハナラヌ症ナレトモ然ラハトテベ


ツタリトシタル附劑モヤレズ何レ鬱滯ヲ兼タルノ症ニ

テ胸肋心下ヘ聚ル處アルノ症ナリ故ニ虚中ノ實トモ云

ヘシ彼ジヨビジトシテ腹力ナキモノニハアラス此方ヨリ

外ニ附劑ニテ推シスカス處ノ組合古方中ニナク宋ノ時

分ナトニモ甚稀ナリ故ニ予此方ヲ取用ルナリ宋ノ危益

林ノ得効ニハ朴附湯トテ附子厚朴二味ノ方モアレトモ今

一イキナリ又同書ニ木香入ノ藥ヲ鼓脹類ノ中氣薄モノ

ニ用ル方モアリ

総シテ古來ノ方書ヲ讀ニモ大黄附子トスリ合セ又ハ石膏

大黄ト組合セ又ハ附子黄連トスリ合セタル處ナトノ主

意ニ骨ヲ折テ見ルヘシ

総シテ古來ヨリ組立アル處ノ藥方ニモ譬ハ四隅ノ荷持柱

ノ如クオモ荷ノカヽル方ト間ノ柱ノ如ク荷ノカヽラヌ

方トアリ其間ノ柱ハ何ニテモスムモノニテ竹ヲ以テシ

テモ杉杙ニテモヨシ是只タケツケ又ハ上ノアシライニ

ナルマテ也後世ノ方ニテモ數ノ中ニハ何分此方ナクシ

テハ叶ハヌト云彼荷持柱ニナル處ノ方アリト知ヘシ

一男子年二十五歳四年來右膝微腫シテ行歩艱難其狀稍鶴

膝風ニ類ス其腹ヲ診候スルニ右臍下抅攣尤甚シクコレ

ヲ按ス寸ハ右脚ニ引テ痛ミ又右膝ノ腫タル處亦左膝ニ


比スレハ頗ル別ニ筋肉ヲ貼スルモノヽ如シ右荏苒タル

病ヲ抱テ其人性甚急迫ナリ初大黄附子加甘草湯ヲ用ヒ

後四逆散加良薑牡蠣劉寄奴ヲ加タルヲ用テ愈ルコトヲ得

タリ此症スヘテ肝氣ニヨリテ成モノ多シ故ニ唯足ノミ

ニ眼ヲ付テハ多ハ治セス畢竟葳靈仙杜仲牛膝ナトヲ用

ルハ皆枝先ノコトナリ右腹裏ノ癖物ヘ取ツキ病ノ根本ヘ

カケテ治スレハ藥方ヲ用ルコト至テ簡約ニシテ効驗ヲ得ル

コト甚的實ナリ此病人ナトハ餘程病毒コシ付テ一通ニテ

ハ動キカヌル者ユヘ先大黄附子湯ヲ用テ癖物ノ腹底ニ

沉タルヲ動シ浮立シモノナリ此症ノ小腹ニ沉固シタル

癖物ナトハ附子ニテ浮スコト尤大事ナリ此シメコミノ摸

様ヨク意ヲ用テ見覺ユヘシサレトモ附子ハカリ用テハ

徒ニ病ヲ激動サセルハカリナル故ニ其動スル處ノ勢ヲ

大黄ニテ削リ取テ下ヘ抜キ又大黄ニオシツクル處ヲ附

子ニテ互ニ持上サスルノ手段ナリ是藥方ノ妙用ナリ又

附子ハ脱陽ヲ挽回スルノ能アリト云ノモヤハリ此塲ト同

シコトナリ故ニ四支厥冷シタル症ニ腹ノ浮出タルハナキ

モノナリ腹ノ沉ム故ニ厥冷脱陽スルナリ其沉タルヲ浮

スレハ即囬陽スルナリ脱陽ト云ヲ外ノ如ク心得ルハ非

ナリ如此ニ貫通シテ見レハ至テ簡約ニナルモノナリ至テ


簡約ニシテ用ヲナスコトハ却テ廣シ又鶴膝風ト云モ古人命

名ノ義ヲ後世ニハ取違テ居ルナリ外邪風濕ノコトヨリ來

ルト心得ルハ誤ナリ総シテ風字ヲ用ルノ病外邪ヲ指ノ外

二様アリ傳變至速ナル處ノ病ヲ名ツケテ風ト云モノ一

ツナリ又肝經ヨリ事ヲ發スル者ヲ名ツケテ風ト云ト二

ツナリ是即厥陰風木ノ義ニ取タル者ナリ鶴膝ハ形ヲ以

テ名ツケ風ハ風木ニヨリテ名ツケシモノト知ヘシ

一婦人年三十五病毒ニカラメラレ體形十二三歳ナル女

子ノ如ク脊僂マリテ亀背ノ如ク兩膝屈ミテ伸ヒス脚肉

痩削スレトモ膝頭ニ凝リテ鶴膝ヲナスニモアラス又月

事モ少ツヽ通スルナリ然レトモ此ノ如キ病人ナレハ蒲團

ニ載テ舁キ行ニアラサレハ自由ナリ難シ其脉ハ沉緊ナ

リ其腹ハ所謂虚濡ト云狀ニテ背ヲ貼シ肋下ヲ探ルニ攣

急ノ筋サシ内リ緊シク胸背ヘシメコミタリ此症何ニテ

モ上胸膈ヲ推下シ疏滌スルニアラスンハ治スルコトアタ

ハスト云テ家方理氣湯加山慈姑ヲ與ヘ紫圓ヲ兼用シ數

月有テ全愈スルコトヲ得タリ此等ノ症ハ腹中ノ癖物モ脇

筋ヘサシコミ引上ルコト甚シキニ因テ底ニテ攣急スルナ

リ專ラ胸膈中ノコト故ニ大黄附子湯トハ行カタシコレカ

爲ニ理氣湯ヲ以テ胸中癖物ヲ推下シ紫圓ヲ以テ其ヘサ


シテ畜聚シタル水毒ヲ疏滌シタルナリ

紫圓ノ功能ハ先赤石脂代赭石トモニ胸膈ノ氣ヲ鎮墜シテス

カスモノナリ杏仁モ利氣ノモノナリ胸中疏利スル寸ハ

上下升降ノ氣出來ル處ヲ巴豆ヲ以テツキ下シテ行ノ意

ナリ

附方

十一味温膽湯 囬春竹筎温胆湯之ナリ

柴胡 香附子 人參 黄連 甘草
竹筎 桔梗 陳皮 半夏 茯苓
枳實 本方加姜棗

理氣湯 家試

半夏 茯苓 厚朴 桔梗 連堯
蘓子 橘皮 枳實

犀角地黄湯 千金

犀角 地黄 芍藥 牡丹皮

升陽散火湯 六書

人參 當歸 柴胡 芍藥 黄芩
甘草 白ママ 麥門冬 陳皮 茯苓
姜 棗

犀角湯 醫學網目

犀角 竹筎 茵陳 梔子 地黄
茯苓 芍藥 甘草

寛中湯 經驗

桂枝 芍藥 枳實 厚朴 甘草
姜 棗


九味清脾湯 濟世

青皮 厚朴 白朮 黄芩 半夏
柴胡 茯苓 草菓 甘草

七味清脾湯 三因

厚朴 青皮 半夏 良姜 烏梅
草菓 甘草

四物湯 局方

當歸 芎窮 地黄 芍藥

抑肝散 直指

當歸 柴胡 芎窮 朮 茯苓

釣藤ママ 甘草 方中加用芍藥

截虐方 家試

廣東人參二戔
水二合煎其八分ヲ取上品ノ熊膽五分ヲ送下

大黄附子湯 金匱

大黄 附子 細辛

半夏瀉心湯 傷寒

半夏 乾姜 黄芩 黄連 人參
甘草

猪苓湯 傷寒


參胡芍藥湯 入門

人參 柴胡 芍藥 麥門冬 知母
地黄 枳實 黄芩 甘草 姜

温膽湯 千金

半夏 竹筎 枳實 橘皮 茯苓
甘草 姜

清心温膽湯 醫鑑

麥門冬 芎窮 人參 遠志 當歸
白朮 芍藥 茯苓 陳皮 半夏
枳實 竹筎 菖蒲 香附子 黄連

甘草

滋陰降火湯 囬春

生地黄 乾地黄 當歸 芍藥 白朮
知母 黄栢 橘皮 麥門冬 甘草
天門冬 姜 棗

桂枝人參湯 傷寒

桂枝 甘草 白朮 人參 乾姜

柴苓湯 得効

柴胡 黄芩 半夏 朮 茯苓
猪苓 澤瀉 甘草 生姜


[1]猪苓 茯苓 阿膠 澤瀉 滑石

連附六一湯 正傳

黄連 附子 姜 棗

實脾飲 濟世

蒼朮 厚朴 茯苓 附子 賓郎ママ
木瓜 木香 草菓 甘草 乾姜

附子理中湯 局方

附子 人參 白朮 乾姜 甘草

脚註[編集]

  1. この行は恐らく先出の猪苓湯の配合生薬。