萩の露

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

いつしかも、招く尾花に袖れ初めて、我から濡れし露の萩。今さら人はうらみねど、くずはかぜにそよとだに、音づれ絶えて松蟲の、ひとりに鳴くびしさを、よはに砧の打ちそへて、いとど思ひを重ねよと、月に声は冴えぬらん。いざさらば、空ゆく雁にこととはん。恋しき方にたまづさを、送るよすがの有りやなしやと。


  • 底本: 今井通郎『生田山田両流 箏唄全解』下、武蔵野書院、1975年。

この作品は1927年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。