茶音頭

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

世の中に勝れて花は吉野山、紅葉は立田、茶は宇治の、都の辰巳たつみそれよりも。里は都の未申ひつじさる数寄すきとは誰が名に立てし、濃茶こいちゃが色の深緑ふかみどり、松の位にくらべては。かこひと言ふも低けれど、なさけは同じ床飾とこかざり、飾らぬ胸の裏表、帛紗ふくささばけぬ心から、聞けば思惑おもわく違い棚、逢ふて如何どうしてかうばこの、柄杓ひしゃくの竹は直ぐなれど、そちは茶杓のゆがみ文字。憂さを晴しの初昔はつむかし、昔話の爺婆じじばばと、なるまで釜の中冷めず、縁はくさりの末永く、千代ちよ万代よろずよもえ。


  • 底本: 今井通郎『生田山田両流 箏唄全解』中、武蔵野書院、1975年。

この著作物は1924年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているので、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。